マイナビ薬剤師

薬剤師に役立つ資格一覧 薬剤師の資格ナビ

時代のニーズにあった薬の知識や、患者に役立つ情報を提供できる薬剤師であるために、各団体から様々な資格の認定証が発行されています。
資格取得のためには、特定の専門分野における十分な見識や技術力、質の高い業務が認められたうえで、一定の研修や試験合格といった実績が必要となります。

ここでは認定薬剤師・専門薬剤師をはじめ、薬剤師が取得できる資格を一覧にまとめました。資格取得により、手当支給や給料アップといったメリットにつながる場合もあります。

認定薬剤師

特定の専門分野の資格取得において、多くの場合、最初のステップとなるのが認定薬剤師です。現場経験を前提に、一定の技術や能力が評価され、資格として認定されます。
がんや感染症など特定の疾患が対象の資格から、地域医療や在宅医療などで活躍できる資格まで多岐に渡ります。
定められた期間を経て更新を行うことで、常に学びの機会を得られるのもメリットのひとつです。
またなかには、認定資格を最上位とする分野もあり、内容の優劣は比較できないもの。それぞれの分野において質の高い知識を獲得し、認定薬剤師としてキャリアアップを目指しましょう。

  • がん薬物療法認定薬剤師

    認定団体:一般社団法人 日本病院薬剤師会

    副作用、服薬管理、疼痛コントロールをはじめ、がん治療の薬物療法に関わる十分な知識と技術を持ち、質の高い薬物治療業務を実践する薬剤師として評価されます。薬剤の専門家としてがん薬物治療のチームに参入し、医師や患者に説明や指導などの業務もあります。

    資格詳細

  • プライマリ・ケア認定薬剤師

    認定団体:一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会

    医療に関する総合的なアドバイスを行える薬剤師として、健康福祉にかかわるさまざまな問題解決に取り組むスキルを評価される資格です。患者に必要な対策を提案し、多職種の連携を促すといった細やかなサポート力が期待されています。

    資格詳細

  • 外来がん治療認定薬剤師

    認定団体:一般社団法人 日本臨床腫瘍薬学会

    外来のがん治療を安全に実施するための知識・技能を習得した薬剤師として認定される資格です。医師のがん診療を支援し、薬物療法プラン設計や副作用のモニタリングなどを継続して行います。今後、在宅のがん治療の増加とともに、重要な役割を期待されます。

    資格詳細

  • HIV感染症薬物療法認定薬剤師

    認定団体:一般社団法人 日本病院薬剤師会

    HIV感染症治療に特化した知識や技術、倫理観を兼ね備え、薬物療法を安全に進めることのできるスキルが評価される資格。臨床現場で専門家としてのアドバイスや、患者さんに寄り添った対応が求められます。認定後は、「HIV感染症専門薬剤師」を目指せます。

    資格詳細

  • 漢方薬・生薬認定薬剤師

    認定団体:公益社団法人 日本薬剤師研修センター

    漢方薬・生薬分野の高度な知識と技術を有する薬剤師として認められる資格です。漢方薬の副作用や多剤併用の危険性のほか、OTC医薬品としての利用法など、専門的な提案や服薬指導を行える人材が求められています。病院、薬局、ドラッグストア勤務などで役立ちます。

    資格詳細

  • 研修認定薬剤師

    認定団体:公益社団法人 日本薬剤師研修センター

    時代に即した医療需要や医療情報を定期的に学んでいる優れた薬剤師として認定される資格です。研修実績を示す保証であり、他の医療従事者や患者さんから信頼される薬剤師を目指すために、取得しておきたい資格といえるでしょう。

    資格詳細

  • 救急認定薬剤師

    認定団体:一般社団法人 日本臨床救急医学会

    救急医療の薬物療法に関する高度な知識、技術、倫理観をもった薬剤師として認定される資格です。救急・集中治療室や救命救急センターで医師への処方提案、注射薬の監査、薬物投与速度の算出などのほか、救急医療において活躍が期待されています。

    資格詳細

専門薬剤師

臨床現場でさらに踏み込んだ活躍を望むなら、専門薬剤師を取得しましょう。
より専門性が高い知識や技能が認められ、指導者や研究者としての活動も可能に。最新の専門情報を提供する薬のエキスパートとして活躍の場が広がります。資格取得後も、常に実績を積み重ね、更新の準備が必要です。
より高度な知識と臨床能力を身につけ、第一線で活躍する薬剤師として、その価値を高めましょう。

  • がん専門薬剤師

    認定団体:一般社団法人 日本医療薬学会

    がん治療の臨床現場で、安全で的確に薬物療法に備えることを目的に認定される資格。チーム医療に参加するだけでなく、新薬に関する行政の審査機関や治験などでも活躍が期待されています。医療法上広告が可能な専門性のある資格でもあります。

    資格詳細

  • がん指導薬剤師

    認定団体:一般社団法人 日本医療薬学会

    「がん専門薬剤師」を養成するための指導者資格。良質で安全ながん薬物療法の指導者、研究者として中心的な役割が求められています。がん薬物治療のスペシャリストとして、病院経営やブランドのキーパーソンとして活躍が期待できるでしょう。

    資格詳細

  • 感染制御専門薬剤師

    認定団体:一般社団法人 日本病院薬剤師会

    感染症や合併症のリスクが高いとされる疾病治療において、安全で適切な薬物治療管理、感染制御を行うことを目的とした資格です。臨床現場だけでなく、院内感染予防に関する情報提供、薬物管理および、医療従事者に対する教育・啓発など幅広い活躍が期待されます。

    資格詳細

  • HIV感染症専門薬剤師

    認定団体:一般社団法人 日本病院薬剤師会

    HIVの知識や薬物治療における臨床経験をもとに、医療従事者と連携して適切な助言・提案を行います。HIV感染症薬物療法認定薬剤師からのステップアップ資格。患者さんに対し、薬物治療に加えて治療経過を身近で支える存在として活躍が期待されています。

    資格詳細

  • 栄養サポートチーム(NST)専門療法士

    認定団体:日本静脈経腸栄養学会

    専門家が集まる栄養サポート(NST)で、最適な栄養管理を行うプロフェショナルとして活躍できる資格。治療中の栄養管理は重要な項目であり、NSTを設置する機関が増えてきました。薬剤師、管理栄養士、看護師なども対象となり、ニーズが高まっている資格です。

    資格詳細

  • 医薬品情報専門薬剤師

    認定団体:一般社団法人 日本医薬品情報学会

    医薬品情報の専門知識、技術、倫理観、経験を必要とする専門資格。医薬品を扱う施設で医薬品情報の活用を通し、広く医薬品の適正使用を推進することを担う専門性の高さが求められます。医薬品情報室(DI室)の設置が求められる現代には欠かせない存在といます。

    資格詳細

その他の資格

メディカルアロマセラピスト、漢方アドバイザーなど、薬剤師としてのスキルの幅を広げてくれるその他の資格をピックアップ。転職先の選択肢がグンと広がます。

  • 抗菌化学療法認定薬剤師

    認定団体:公益社団法人 日本化学療法学会

    抗菌薬を使用する治療における専門家として認定される資格です。医師への抗菌薬投与計画に関するアドバイスや、抗菌薬の選定などチーム医療における活躍が期待されます。抗菌薬の適正使用が重要視される中、需要が高まっています。

    資格詳細

  • NR・サプリメントアドバイザー

    認定団体:日本サプリメントアドバイザー認定機構
     日本臨床栄養協会

    保健機能食品やサプリメントを一般消費者に対して啓発することを目的した資格です。専門的観点から患者の栄養状態を評価し、食品の持つ機能や必要性、摂取方法等について、適切なアドバイスを行えるスキルが身につきます。

    資格詳細

  • ケアマネジャー(介護支援専門員)

    認定団体:厚生労働省

    国家資格の一つで、介護を必要とする人や家族にとって最適な支援を判断して介護プランを作成し、必要なサービスの利用を提案・援助する専門家として認定されます。行政機関、ケア施設、病院など医療・福祉の現場で活躍が期待されます。

    資格詳細

  • ビューティケアアドバイザー

    認定団体:日本チェーンドラッグストア協会

    美容に関する知識や、美容商品情報に精通した専門家です。日本チェーンドラッグストア協会が認定している民間資格で、ドラッグストアや化粧品メーカー、販売店などで役立つスキルが身につきます。接客業務の知識に加え、コミュニケーション力が求められます。

    資格詳細

  • ヘルスケアアドバイザー

    認定団体:日本チェーンドラッグストア協会

    健康維持や生活習慣病などの慢性疾患に対する専門的な知識を持ち、相談者に正しい情報提供やアドバイスを行うための民間資格。高齢化に伴い増加する生活習慣病患者に対し、健康維持対策を提案し、セルフメディケーションを普及させるための知識が身につきます。

    資格詳細

  • 漢方アドバイザー

    認定団体:日本チェーンドラッグストア協会

    セルフメディケーションが推進されはじめ、OTC薬の需要が高まるなかで、漢方薬も外せない薬剤となっています。一般消費者に対し、漢方薬の正しい知識の普及と適正使用に貢献する目的で始まった資格です。

    資格詳細

  • 医療情報技師

    認定団体:一般社団法人 日本医療情報学会

    医療機関における情報システム管理・運用を担う資格です。医療従事者との円滑な意思疎通のために必要な医療知識と、電子カルテなどの情報システムを管理・運用できる技術が認められます。データベース設計やセキュリティ管理など医療分野に特化したSEともいえます。

    資格詳細

※情報は2018年8月時点のものです。