環境衛生指導員

任用資格
環境衛生指導員

環境衛生指導員とは

環境衛生指導員は、都道府県知事または保健所設置市の市長が任命するもので、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)に基づいて、廃棄物を適正に処理することを目的とする職務です。
地方公務員として環境整備に関わるもので、環境省によって資格が定められています。環境衛生指導員は、生活環境の保全に努める公的な仕事のひとつといえるでしょう。

環境衛生指導員の仕事内容

環境衛生指導員は、市民が安心して生活できる環境を整えられるよう、廃棄物処理を行う施設へ立入検査を行い、業務内容を確認し、必要に応じて指導を行うのが主な業務です。
その際に関わる廃棄物とは、ごみ(古紙、金属くず、空き瓶、古繊維など)、粗大ごみ、汚泥、廃油、糞尿その他の汚物などで、気体状のものと放射性廃棄物は除きます。対象となるのは、主に「事業者の産業廃棄物の保管もしくは処分の場所」、「産業廃棄物処理業者の事務所または事業場」、「一般廃棄物処理施設または産業廃棄物処理施設のある土地・建物」です。

具体的には、対象施設において、規定や法律に準じた処理が行えているか、また、安全に廃棄物が処理されているかなどについて確認し、指導を行います。実際の立ち入り検査においては、原則として、施設への事前連絡なしで実施し、事業場などの管理に責任を有する者、産業廃棄物処理責任者及び技術管理者を立会人とします。

検査結果や指導事項をまとめるとともに、必要に応じて措置すべき事項を提示する場合には、口頭だけでなく、必ず文書にして提示し、できるだけ措置期限を指示することとされています。その他、環境法令所定の事務作業を行うこともあります。

環境衛生指導員になるには?

環境衛生指導員になるためには、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)第20条において、環境省令で定められた以下の条件を満たす必要があります。
条件1 医師、薬剤師または獣医師
条件2 学校教育法に基づく大学もしくは高等専門学校、旧大学令に基づく大学もしくは旧専門学校令に基づく専門学校において医学、薬学、保健学、衛生学、獣医学、理学、工学、農学のいずれかの課程を修めて卒業した者(当該過程を修めて同法に基づく専門職大学の前期課程を修了した者を含む。)またはこれと同等以上の学力を有すると認められる者
条件3 3年以上廃棄物の処理その他環境衛生に関する行政事務に従事した者であって、環境衛生指導について十分の知識経験を有するもの
環境衛生指導員は、環境省令に基づき、都道府県知事または保健所設置市の市長に任命されることで取得できる任用資格です。資格を取得するための試験はありませんが、地方公務員として環境衛生に関わる行政業務の経験が必要です。
薬剤師の免許に加えて、地方公務員試験に合格し、環境衛生に関連する部署に従事することが前提です。

環境衛生指導員の役割

廃棄物の処理には、さまざまな薬剤を使用します。廃棄物の種類や量に合わせた薬剤を使用することになるため、有機合成などの化学的な知識が必要不可欠な仕事です。薬剤師はそうした化学的知識を持つ専門職であり、環境衛生指導員として専門的な指導を行えることでしょう。

また、環境衛生指導員として2年以上の経験を積むことで、「廃棄物処理施設技術管理者」へのステップアップも可能です。環境衛生指導員は、地域の生活環境を守る人材としてなくてはならない存在といえるでしょう。

今ならご登録うれしい特典!今ならご登録うれしい特典!

※在庫状況により、キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます。ご了承ください。
※本ウェブサイトからご登録いただき、ご来社またはお電話にてキャリアアドバイザーと面談をさせていただいた方に限ります。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社(2021年7月)
「マイナビ薬剤師」は厚生労働大臣認可の転職支援サービス。完全無料にてご利用いただけます。
厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 080554