日本褥瘡学会認定師

■日本褥瘡学会認定師とは

日本褥瘡学会認定師は、一般社団法人日本褥瘡学会によって認定される資格です。同協会が認定する日本褥瘡学会在宅褥瘡予防・管理師の上位資格でもあります。高齢者の日常生活や在宅療養中、入院中において発生しやすい褥瘡の予防や処置・治療における専門家として、正しい知識をもち適切な対応ができる能力を有すると認められます。
取得している資格に応じて認定褥瘡医師、認定褥瘡看護師、認定褥瘡薬剤師、認定褥瘡理学療法士、認定褥瘡作業療法士、認定褥瘡管理栄養士に分類されます。
平成18年9月3日より施行されて以来、認定者は596名となっています(平成30年9月1日現在)。医師や看護師による資格取得者が多い資格であり、薬剤師の認定者数増加が望まれます。

仕事内容

褥瘡についての専門的な知識や技術を活かし、褥瘡の予防から処置・治療、さらには患者さんやその家族に対する褥瘡予防や日常的なケアの方法についての指導・教育まで、褥瘡にかかわる幅広い業務があります。在宅療養中の患者さんへのケアについて、担当医師や看護師をはじめ、家族に対するアドバイスを求められるケースも多いでしょう。

資格の取得条件

日本褥瘡学会認定師になるためには、以下の条件を満たす必要があります。

条件1 ・看護師(准看護師を除く)、医師、薬剤師、
管理栄養士、理学療法士、作業療法士の免許
(免許証取得後4年以上)を有するものであること。
条件2 ・4年以上引き続いて日本褥瘡学会の正会員であること。
条件3 ・4年以上褥瘡の予防、医療に従事するものであること。
条件4 ・日本褥瘡学会公認の地方会が主催する
教育セミナー受講証明書を有すること。

資格の取得方法

上記の申請条件を満たしたうえで、日本褥瘡学会に申請し認定審査を受け、合格であれば認定を受けられます。

認定期間 セミナー受講料
5年 受講地域によって異なる
審査料 登録料
10,000円 10,000円
更新料
10,000円

日本褥瘡学会認定師を仕事で活かす

褥瘡の患者さんの治療に関わる現場において、病院や調剤薬局での活躍が期待されます。在宅医療が推進されるなか、皮膚・排泄ケア認定看護師の活躍などにより在宅療養中の患者さんの褥瘡発生率は年々低下してきています。地域密着型の医療に携わる薬剤師においても今後さらなる活躍の場が広がることが予測されます。