救急認定薬剤師

■救急認定薬剤師とは

救急認定薬剤師は、一般社団法人日本臨床救急医学会によって認定される薬剤師資格です。救急医療の薬物療法に関する高度な知識、技術、倫理観をもった薬剤師として認められるもので、最適な救急医療を提供できる資格として国民の健康に貢献することを目的としています。
平成23年度から開始され、認定者数は184人(平成29年11月14日現在)。

仕事内容

救急・集中治療室や救命救急センターなどの救急施設において、怪我や感染症、その他緊急で対応が必要な患者さんの治療を行う救急医療に従事します。医師への処方提案、注射薬の監査、麻薬等の管理や薬物投与速度の算出、治療薬物モニタリング(TDM)、持参薬の確認などが日常業務です。経験によっては、麻酔ガスの管理や中毒物質の同定、フィジカルアセスメント、プロトコール作成、業務ガイドライン作成などにも携わります。
また、教育カリキュラム作成、多施設共同研究も含んだ研究を推進することで、救急医療における薬物療法の研鑽と薬剤師の育成を行う教育者としても重要な役割を担います。

資格の取得条件

救急認定薬剤師の資格を取得するためには、下記の項目をすべて満たす必要があります。

条件1 ・薬剤師免許を持ち、薬剤師として優れた人格であり、
救急医療における薬物療法に関する見識を備えていること。
条件2 ・申請時において、薬剤師としての病院・診療所に
5年以上勤務し、そのうち2年以上
救急医療に従事していること。
条件3 ・申請時において、日本臨床救急医学会の正会員であり
会員歴が2年以上あり、会費を完納していること。
条件4 ・日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師、
日本医療薬学会認定薬剤師、薬剤師認定制度認証機構により認証された認定薬剤師、
あるいは日本臨床薬理学会認定薬剤師の資格を有していること。
条件5 ・医療機関において、救急医療に関する業務を通じて
患者の治療に自ら参加した25例以上の症例を報告できること。
条件6 ・救急認定薬剤師認定委員会が指定し、
理事会の承認を得た学術集会、研究発表などにおいて、
50単位以上を履修していること。
条件7 ・救急認定薬剤師認定委員会が開催する
講習会を受講していること。
条件8 ・日本臨床救急医学会評議員
または所属施設長の推薦があること。

資格の取得方法

上記の条件を満たしたうえで、日本臨床救急医学会に申請し、認定試験を受験します。申請書類と認定試験成績を総合的に審査した上で、救急認定薬剤師として認定されます。

認定期間 認定料
5年 20,000円
申請手数料 更新手数料
10,000円 10,000円

救急認定薬剤師を仕事で活かす

救急認定薬剤師は、救急・集中治療室や救命救急センターや災害現場において、高度な知識、技術、倫理観を備えた有資格者として活躍が期待されるものです。
救急医療は重症で緊急性の高い患者を対象としており、迅速かつ高度な医療の提供が必要です。ハイリスクな薬剤を使用する機会も多く、即座に的確な薬を、適切な使用方法で投与するために薬剤師の積極的な関与が求められている領域です。救急認定薬剤師は救急医療の使用薬剤に関する深い知識を備えており、中毒物質の同定やフィジカルアセスメントを通して患者状態の把握においても医師の支援ができるでしょう。