日本禁煙学会認定専門指導者

■日本禁煙学会認定専門指導者とは

日本禁煙学会認定専門指導者は、一般社団法人日本禁煙学会によって認定される専門資格です。同学会が認定する禁煙サポーター、日本禁煙学会認定指導者の上位資格にあたり、薬剤師、医師、看護師などの医療関係者を対象とした資格となっています。
高度な禁煙学の知識をもとに禁煙指導ができると認められるもので、科学的根拠に基づいた知識と方法を用いながら禁煙を支援することで、国民の健康に寄与することを目的とし、平成19年より試験による認定が開始されました。

仕事内容

日本禁煙学会認定専門指導者は禁煙指導の専門家としてニコチン置換療法、バレニクリンを使った薬物療法による禁煙指導を中心に、薬局・薬店での禁煙指導・支援をおこなうのが主な仕事です。
具体的には、タバコ煙に含まれるニコチン、タール、一酸化炭素、アセトン、カドミウム等の成分が引き起こす健康へのリスクについて説明し、面談を通して禁煙者の状況を把握しながら、個々にあった薬の選択や提案を行います。
薬剤師として、薬剤の使用方法を説明しながら、副作用マネジメントや相互作用の確認などを行うなど、薬物療法の領域で特に力を発揮することができるでしょう。また、禁煙者は成人男性だけでなく、子供、女性、妊婦、精神疾患患者など対象となる人は幅広くいます。対象者に合わせて注意を払いながら、動機づけ面接法や認知行動療法の知識や技術など心理学的方法を用いて禁煙の達成や継続を支援します。

資格の取得条件

日本禁煙学会認定専門指導者になるためには、以下の条件を満たす必要があります。

 
条件1 ・医療の国家資格あるいはこれに準ずるものを持っていること。
条件2 ・日本禁煙学会に5年間所属していること。
条件3 ・5年間の禁煙指導歴、禁煙推進活動歴、防煙教育歴のいずれかがあること。
条件4 ・禁煙講師歴・学会発表歴・論文執筆歴のいずれかがあること。
条件5 ・日本禁煙学会が指定する教育施設あるいは教育関連施設において、
研修カリキュラムを修了していること。

資格の取得方法

上記の条件を満たしたうえで、日本禁煙学会に申請します。

認定期間 更新費
5年 6,000円
受験料・審査料・認定料・認定証送料込み
10,000円

認定指導者からのステップアップの場合、試験不要で申請料4000円、更新費6,000円。

日本禁煙学会認定専門指導者を仕事で活かす

日本禁煙学会認定専門指導者は病院、薬局、ドラッグストアの薬剤師も対象となります。能動喫煙、受動喫煙による健康被害は多く、将来を担う子供たちの成長にも関わるものです。タバコに関する高度な知識をもった専門家として、禁煙指導、禁煙の普及、学術研究など幅広い領域で活躍が期待されます。