リウマチ財団登録薬剤師

■リウマチ財団登録薬剤師とは

リウマチ財団登録薬剤師は、日本リウマチ財団が認定している資格です。リウマチ性疾患の薬物療法についての経験や知識を持つ薬剤師が対象で、リウマチ性疾患の薬物療法に精通したスペシャリストを育成し、他の日本リウマチ財団登録医や日本リウマチ財団登録リウマチケア看護師と連携し、チーム医療体制を築き上げることが大きな目的です。
リウマチ性疾患の患者さんに対するケア水準を向上させて、よりよい医療を提供するために設立されました。平成26年度に制度が発足し、登録されている薬剤師は477人となっています(平成30年5月現在)。

仕事内容

リウマチ疾患の薬物療法に精通した知識で、他の職種と連携し薬物学的管理指導をしてリウマチ疾患のケアにあたったり、患者さんやご家族に薬剤等の効果、副作用の情報を提供し服薬を指導したりします。チーム医療の一員として、医師や他業種からの質問に答えたり、資料を提示したりする業務もあります。

資格の取得条件

リウマチ財団登録薬剤師になるためには、以下の条件を満たす必要があります。

   
条件1 ・薬剤師免許を有していること。
条件2 ・医療機関、保険薬局で直近5年間の内、
リウマチ性疾患の薬学的管理指導に
通算3年以上従事していること。
条件3 ・リウマチ性疾患服薬指導等の薬剤師業務を
担当した患者名簿が20例あること。
うち10例はリウマチ性疾患の薬学的管理指導記録
(抗リウマチ薬の調剤3例を含む)が記載されていること。
条件4 ・財団が主催、または認定するリウマチ性疾患の
医療薬学に関するカリキュラムに相当する
教育研修会で、20単位以上の単位取得すること。
条件5 ・薬剤師資格を有している薬学・
医学系教育機関の教員は、直近5年で連続3年間の講義、
セミナー、演習、医療薬学実習等の時間数の合計単位が3単位あり、
講義・医療薬学実習等のシラバスの映しが必要です。
加えて、上記の教育研修会で20単位以上取得していること。

資格の取得方法

申請期間内に必要書類を提出し、書類審査が通れば登録証が交付されます。

登録期間 審査料
5年 10,000円
認定後の登録料 更新登録更新料
5,000円 10,000円

リウマチ財団登録薬剤師を仕事で活かす

リウマチ性疾患の薬物療法に精通したスペシャリストである専門薬剤師として、リウマチ治療体制の一員を担うことができます。リウマチ性疾患を専門に扱っている病院、施設が主な活躍の場になるでしょう。また、他の薬剤師の指導を行う管理職として、後輩の教育に携わること職場でも活躍が期待されています。
そのほか、製薬会社においても、専門的な知識を有した薬剤師として需要があります。取得条件がやや厳しい資格であるものの、資格取得後にはリウマチ治療に関する専門薬剤師として、医療教育施設や医療機関、製薬会社など、活躍の場が広がることでしょう。