医薬品情報専門薬剤師

■医薬品情報専門薬剤師とは

医薬品情報専門薬剤師は一般社団法人日本医薬品情報学会によって認定される専門薬剤師資格です。
医薬品情報について適切な運用・管理を行う経験・知識・倫理観・技術を持ち合わせ、それらを駆使して医薬品の適正使用を推進する専門資格となっています。2011年から開始され、認定者数は11人(平成30年1月1日現在)。

仕事内容

医療の世界では日々新たな医薬品が開発され、発展を遂げています。患者さんに最適な治療を行うためには、最新の医薬品情報を入手し、的確に活用しなければいけません。
医薬品情報専門薬剤師は、医薬品情報の検索・調査を円滑に実施し、根拠に基づいた評価を加えたうえで、目的に応じて加工を加えて情報提供を行う能力を持った薬剤師として認められます。また、実際に情報を取り扱うほかにも、情報に関わる教育を実施する役割もあります。
情報伝達に間違いやバイアスが発生しないように、円滑なコミュニケーションや明確なプレゼンテーションを行う能力も求められるでしょう。

資格の取得条件

医薬品情報専門薬剤師の取得条件は、下記の7項目すべてを満たすことです。

条件1 ・日本国の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた見識を備えていること。
条件2 ・医薬品情報に関わる業務経験が
通算5年以上であること(所属長の証明が必要)。
条件3 ・申請時において、日本医薬品情報学会の会員であり、
学会が指定する生涯教育セミナーに参加し、
60単位以上(必修40単位以上を含む)を取得していること。
条件4 ・全国レベルの学会あるいは日本病院薬剤師会ブロック学術大会において、
医薬品情報領域に関する学会発表が2回以上(少なくとも1回は発表者)
及び複数査読制のある国際的あるいは全国的学会誌・学術雑誌に、
医薬品情報領域の学術論文が1編以上(筆頭著者)であること。
条件5 ・各職域における医薬品情報に関わる教育、
業務実績を証明できること。
条件6 ・施設長、所属長等の推薦があること。
条件7 ・上記、1~7までの条件を満たした後、
本学会が実施する認定試験に合格すること。

資格の取得方法

上記の申請条件を満たしたうえで、日本医薬品情報学会に申請します。

認定期間 認定審査料
5年 10,800円
認定料 更新審査料
21,600円 10,800円
更新料
21,600円

医薬品情報専門薬剤師を仕事で活かす

医薬品に関わる情報を用いる現場全般において、医薬品情報専門薬剤師のニーズがあります。病院や薬局などの医療機関はもちろんのこと、卸会社や企業、教育機関などでも活躍が期待されています。
情報管理の重要性が見直される現代において、今後注目される資格であるといえるでしょう。