外来がん治療専門薬剤師

認定団体:一般社団法人 日本臨床腫瘍薬学会
外来がん治療専門薬剤師

外来がん治療専門薬剤師とは

「外来がん治療専門薬剤師(BPACC)」とは、主に外来や在宅でがん治療を受ける患者さんやご家族に対し、ほかの医療機関との連携をとりながら専門的なカウンセリングや指導を行うことができる専門薬剤師資格です。
2021年8月に新設された「専門医療機関連携薬局」の制度に対応できる専門性の高い薬剤師を育成するため、2021年5月に「日本臨床腫瘍薬学会(JASPO)」によって新設されました。

今回は、外来がん治療専門薬剤師の仕事内容や認定要件、手続きなど、外来がん治療専門薬剤師について解説します。

「外来がん治療専門薬剤師(BPACC)」とは、2021年8月から開始された「専門医療機関連携薬局」の制度に対応するため、2021年5月に「日本臨床腫瘍薬学会(JASPO)」によって新設された専門薬剤師資格です。
外来がん治療専門薬剤師の仕事内容について、従来からある「外来がん治療認定薬剤師(APACC)」との違いも比較しながら解説します。

外来がん治療専門薬剤師(BPACC)の仕事内容

外来がん治療専門薬剤師(BPACC)の仕事内容は、外来や自宅でがん治療を受ける患者さんやその家族のために、ほかの医療機関と情報共有・連携しながら、治療に関する指導やカウンセリングを提供することです。がん治療によく使用される薬剤や、新薬に関する高度な知識を有するだけでなく、専門医療機関連携薬局の薬剤師として、ほかの医療機関と連携し、高度な薬学管理を提供することが求められます。

がん治療といえば、入院・手術を伴うものを想像しがちですが、さまざまな新薬が登場し、薬物治療が高度化・多様化した現在、外来でがん治療を受ける患者さんが増えており、がん治療を受ける患者さんと提供者である医療機関との橋渡しができる、いわばトータルコーディネーターとしての役割が期待されています。

がん治療という特殊な調剤に対応するとともに、処方医の目に届きにくい「外来」という状況のなかで、専門薬剤師として患者さんに寄り添い、副作用やコンプライアンスに関する問題点、今後の治療方針などについての情報共有をリードしていくのです。

外来がん治療認定薬剤師(APACC)との違い

従来からある「外来がん治療認定薬剤師(APACC)」との違いについてみていきましょう。APACCは、外来がん治療を安全に実施するための知識・技能を習得した薬剤師、そして地域のがん医療において、患者とその家族をトータルサポートできる薬剤師を育成することを目的に、日本臨床腫瘍薬学会が2013年に創設した資格です。
APACCも「外来がん治療専門薬剤師」も、"がん治療に関する専門性の高いサポートを患者さんに提供する"という点は共通しているのですが、大きく異なる点が2つあります。

まず1つ目は、「外来がん治療専門薬剤師」は、「外来がん治療認定薬剤師(APACC)」のさらに上位に位置する専門資格であり、高い専門性を要求されるというとことです。
そして2つ目は、"患者さんをサポートするにあたり、ほかの医療機関との密な連携を担う"という役割です。

もともと、APACCは、外来でのがん治療を受ける患者さんへ高度なサービスを提供すべく、以下の2つの項目を満たすことを要件としている資格です。

要件1 外来で行われるがん薬物療法に関する高度の専門知識を有すること
要件2 実地で患者に対して服薬指導を行える適切な技能および態度を有すること

それに対し、「外来がん治療専門薬剤師」は、上記①と②の要件に加え、

要件3 薬局が病院と連携するために必要な実地の業務に関する一定水準以上の知識および経験を 有すること

が求められる資格なのです。

まさに「外来がん治療専門薬剤師」は、専門医療機関連携薬局(専門的な薬学管理を要する患者さんに対し、ほかの医療提供施設と密に連携をとりつつ、より高度な薬学管理や、高い専門性が求められる特殊な調剤に対応できる薬局)の制度に対応するためのスペシャリストなのです。
全国の薬剤師がおよそ31万人(厚生労働省調査 2018年現在)いるなかで、「外来がん治療認定薬剤師」は935名(2020年4月現在 )と貴重な存在ですが、「外来がん治療専門薬剤師」となると、わずか179名(2021年9月現在)にとどまり、非常に狭き門なのです。
APACCについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

外来がん治療専門薬剤師(BPACC)になるには

「外来がん治療専門薬剤師」になるためには、APACCの認定要件に加え、プラス2年の実務経験と、がん診療病院連携研修を修了する必要があり、認定のハードルが高くなっています。
「外来がん治療専門薬剤師」の認定要件をチェックしていきましょう。

認定要件

「外来がん治療専門薬剤師」は、従来からのAPACCを基礎として、さらに専門性を発展させた資格です。したがって、認定にあたっては、すでにAPACCを取得している人と、未取得の人とでは、求められる要件が異なるため注意が必要です。
「外来がん治療専門薬剤師」の認定要件について、APACC認定者、未取得者のそれぞれのケースについて解説します。

APACC認定者の場合

APACC認定者の場合は、外来で行われるがん薬物療法に関する高度の専門知識を有し、実地で患者に対して適切な技能と態度で服薬指導を行えることがすでに認められています。 APACC認定者が「外来がん治療専門薬剤師」へとステップアップするためには、下記の2つの要件をクリアした時点で、「外来がん治療専門薬剤師」に移行できます。

要件1 5年以上の薬剤師としての勤務実績
要件2 がん診療病院連携研修修了(30単位:30日連続または1年以内に累計30日)

ただし、この制度は導入されたばかりのため、その過渡的措置として、すでに実務経験が5年以上あるAPACC認定者(21年4月時点)に関しては、申請をすれば、随時「外来がん治療専門薬剤師」として暫定認定しています。この「外来がん治療専門薬剤師」の暫定認定の期間は24年3月までに限られていますが、暫定認定者はその間に病院研修を修了し、申請すれば正規の資格として認定されます。

APACC未取得者の場合

APACC未取得者が「外来がん治療専門薬剤師」の認定を受けたい場合は、APACC取得で求められる次の要件をすべてクリアする必要があります。

要件1 実務経験5年以上
要件2 研修単位:60単位
要件3 サポート事例:10例
要件4 筆記試験・事例審査・面接試験に合格すること
要件5 がん診療病院連携研修(30単位:30日連続または1年以内に累計30日)を修了すること

これらのすべての要件を満たせば、外来で行われるがん薬物療法に関する高度の専門知識を有し、ほかの医療機関と連携しながら患者に対して適切な技能と態度で服薬指導を行えることが認められ、「外来がん治療専門薬剤師」を取得することができます。ちなみに、APACCを取得していなくても、要件さえ満たせばいきなり「外来がん治療専門薬剤師」を取得することも可能です。

ただし、現段階では新制度導入に際しての人材不足を補うため、暫定的対応として「外来がん治療専門薬剤師」に申請できるのは、APACC取得者に限定されています。APACC未取得者の専門薬剤師の認定は、2022(令和4)年4月1日から開始される見込みです。

認定までの流れと申請方法

「外来がん治療専門薬剤師」の認定を申請する場合は、「日本臨床腫瘍薬学会(JASPO)」のウェブサイト内申請フォームからエントリーします。申請から認定証交付までの大まかな流れをみてみましょう。

申請資格や申請期間の確認

まず、「日本臨床腫瘍薬学会(JASPO)」のウェブサイトで、「外来がん治療専門薬剤師」の申請資格や申請期間を確認します。
申請資格については、次の各条件をすべて満たしていなくてはなりません。

条件1 2021(令和3)年4月1日の時点で本法人の外来がん治療認定薬剤師(APACC)として認定を受けていること
条件2 病院、診療所または薬局における薬剤師としての実務の経験を5年以上有すること
条件3 申請の時点で会費が未納でないこと

フォームからの手続き

「日本臨床腫瘍薬学会(JASPO)」のウェブサイト内のフォームから必要事項を入力し送信します。このフォームでは、申請者名、会員番号、住所等の基本情報や、APACC認定番号、APACC認定証の認定開始日、勤務先情報などを入力します。

必要書類を郵送

必要書類を学会事務局へ郵送します。必要書類は、学会が定める署名・押印書類一式と、APACC認定証の写し(A4版)の2つです。

審査・登録料の振り込み

審査・再登録証の振込(税込8,800円、2021年9月現在)を、学会指定の口座に振り込みます。その後、審査へと進み、認定証が交付されます(審査には2カ月程度かかります)。

資格の更新について

「外来がん治療専門薬剤師」はAPACCと同様に、原則として3年毎に更新する必要があります。更新審査はAPACCと共通で、IBT(Web上での専門知識を問う試験)で行われます。
また、更新にあたっては以下の要件を満たしている必要があります。

要件1 認定期間中継続して日本臨床腫瘍薬学会の正会員であること
要件2 認定期間内に、外来がん治療専門薬剤師の更新要件を満たす講習会の単位を60単位以上取得すること
要件3 認定期間内に、日本臨床腫瘍薬学会学術大会に1回以上参加していること
要件4 認定期間内に、日本臨床腫瘍薬学会が主催する次の講習会のいずれかに1回以上参加していること
● Essential Seminar 
● APACC アップデートセミナー
● 症例報告のためのワークショップ

がんの治療法や治療薬は日々進歩しているため、「外来がん治療専門薬剤師」もまた、日々の研鑽を重ね、更新審査によって最新の知識をアップデートすることが求められるのです。

外来がん治療専門薬剤師を仕事で活かす

「外来がん治療専門薬剤師」は、新設されたばかりの専門資格です。認定を受けるためには、高い専門知識に加え、薬剤師としての実務経験、そしてがん診療病院での実地研修の経験が求められるため、まだまだ認定者は少なく、非常に貴重な存在です。

しかし今後は、がん治療を受ける患者さんや家族に寄り添い、医療機関と連携しつつ、専門性の高いアドバイスや指導を提供できる専門薬剤師のニーズはますます高まりそうです。「外来がん治療専門薬剤師」を取得すれば、薬剤師としての大きなキャリアアップが実現できるだけでなく、専門医療機関連携薬局をまとめて牽引するリーダーとして、またはAPACCを目指す若手薬剤師の教育の担い手としても活躍の場が一気に広がるでしょう。専門資格を活かして、自分らしい働き方を見つけましょう。

今ならご登録うれしい特典!今ならご登録うれしい特典!

※在庫状況により、キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます。ご了承ください。
※本ウェブサイトからご登録いただき、ご来社またはお電話にてキャリアアドバイザーと面談をさせていただいた方に限ります。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社(2021年7月)
「マイナビ薬剤師」は厚生労働大臣認可の転職支援サービス。完全無料にてご利用いただけます。
厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 080554