感染制御認定薬剤師

認定団体:一般社団法人 日本病院薬剤師会
感染制御認定薬剤師

感染制御認定薬剤師とは

感染制御認定薬剤師は、日本病院薬剤師会が感染制御や薬物療法の知識、実践能力が一定の水準に達していると認定される資格です。さらに上位資格として、感染制御専門薬剤師があり、ステップアップも可能です。
感染制御認定薬剤師は、その高度な知識、技術、実践能力をもって感染症治療に貢献できます。2008年より資格制度が施行され、認定者は1045名(2021年10月1日現在)となっています。

感染制御認定薬剤師の仕事内容

感染制御認定薬剤師は、医療現場において医療スタッフと共に感染発生の予防に努めるほか、感染対策マニュアルを作成したり、感染発生を早期発見して拡大防止に努めたりするのが主な業務です。

また、感染症患者には適切な抗生物質を投与し、副作用が最小限になるような管理も行います。ほかにも、医療スタッフに感染予防や消毒の適切な方法などについて研修を行うといった業務もあるでしょう。

感染制御認定薬剤師の資格を取得するには?

資格の取得条件

感染制御認定薬剤師になるためには、下記の項目をすべて満たす必要があります。

条件1 日本国の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた見識を備えていること。
条件2 薬剤師としての実務経験を3年以上有し、日本病院薬剤師会、日本薬剤師会、日本女性薬剤師会のいずれかの会員であること。
条件3 日本医療薬学会、日本薬学会、日本臨床薬理学会、日本TDM学会、ICD制度協議会に加盟している学会・研究会のいずれかの会員であること。
条件4 日病薬病院薬学認定薬剤師であること。ただし、日本医療薬学会の専門薬剤師制度により認定された専門薬剤師であればこれを満たす。
条件5 申請時において、病院または診療所に勤務していること。また、施設内で感染制御活動(院内感染防止対策委員会/院内感染対策チーム/抗菌薬適正使用支援チームと連携した活動や、他施設の委員会・チームと連携した活動などを含む)に3年以上、かつ申請時に引き続いて1年以上従事していること(所属長の証明が必要)。
条件6 施設内において、感染制御に貢献した業務内容及び薬剤師としての薬学的介入により実施した対策の内容を20例以上報告できること。
条件7 日本病院薬剤師会が認定する感染制御領域の講習会および、下記の学会が主催する感染制御領域の講習会などを所定の単位(20時間、10単位)以上履修していること。
  • ・ICD協議会が主催する講習会
  • ・四病院団体協議会のICS養成のための講習会
ただし、日本病院薬剤師会主催の感染制御に関する講習会を1回以上受講していること。
条件8 病院長あるいは施設長等の推薦があること。
条件9 日本病院薬剤師会が行う感染制御認定薬剤師認定試験に合格していること。

資格の取得方法

認定資格をすべて満たしたうえで期日までに申請を行います。

認定期間
5年
認定審査料 認定料
会員:10,000円(税別)
非会員:15,000円(税別)
20,000円(税別)
更新審査料 更新料
会員:10,000円(税別)
非会員:15,000円(税別)
20,000円(税別)

感染制御認定薬剤師を仕事で活かす

感染制御認定薬剤師は、高いスキルを持つ薬剤師として、チーム医療の一員となり、病院や施設などでの活躍が期待されるものです。感染予防についての知識、薬学的なスキルを活かして、感染症治療支援などにおいて活躍の場が広がることでしょう。

今ならご登録うれしい特典!今ならご登録うれしい特典!

※在庫状況により、キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます。ご了承ください。
※本ウェブサイトからご登録いただき、ご来社またはお電話にてキャリアアドバイザーと面談をさせていただいた方に限ります。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社(2021年7月)
「マイナビ薬剤師」は厚生労働大臣認可の転職支援サービス。完全無料にてご利用いただけます。
厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 080554