認知症研修認定薬剤師

認定団体:一般社団法人 日本薬局学会
認知症研修認定薬剤師

認知症研修認定薬剤師とは

認知症研修認定薬剤師は、一般社団法人日本薬局学会によって認定される資格です。

認知症領域の薬物療法の専門的立場から、認知症の患者さんを支える医療チームの一員として、認知症の患者さんと家族に対して薬学的視点をふまえた適切な助言や対応ができる薬剤師として認定されます。

日本は超高齢化社会を迎え、2025年には65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症およびその予備軍になることが試算され、認知症の患者さんが住み慣れた地域で自分らしく生きていくための環境づくりが求められています。2015年には「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者などにやさしい地域づくりに向けて~」(新オレンジプラン)が厚生労働省によって策定されました。その中で、薬局・薬剤師の役割も明記され、195名の認知症研修認定薬剤師(令和3年11月11日時点)が活躍しています。

認知症研修認定薬剤師の仕事内容

認知症研修認定薬剤師は、認定に必要な研修で、認知症の薬の専門的知識だけでなく、認知症に関する診断、治療、予防、保険、コミュニケーションや患者さんへの対応など、認知症に関するあらゆる事柄について学びます。

認知症研修認定薬剤師の仕事は、薬剤師の職能に加え、研修で習得した知識と情報、技術を活かすことが求められています。

例えば、厚生労働省が「認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現」を目的とし策定した"新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)"の中で、薬局・薬剤師が期待されている仕事の一つに、認知症の早期発見があります。

地域のかかりつけ薬局において、薬剤師が服薬指導の際に得た残薬の増加やアドヒアランス悪化の情報、いつもと違う会話での違和感などから、患者さんの認知症の発症を早い段階で発見し、早期診断、早期治療につなげることが大きな役割と言えます。

また、認知症は一般的な病気であり、患者さんとその家族を支えるために、認知症専門医や専門病院だけでなく、精神科医やかかりつけ医、リハビリに対応する病院、介護支援サービスなど、複数の診療科や施設が関わっているため、情報共有が重要です。

薬剤師も医師や看護師、ケアマネージャーなど地域包括ケアシステムの多職種のスタッフ間との連携が重要な仕事の一つとなります。

認知症研修認定薬剤師の仕事は、認知症の患者さんと家族を取り巻くあらゆる場面において、認知症に関する専門的な知識を生かし、適切な対応や服薬指導を行うことと言えます。

研修認定薬剤師との違い

研修認定薬剤師は、公益財団法人日本薬剤師研修センターが認定する認定制度です。全職域の薬剤師が、薬剤師としての資質を向上させるために、研修会に参加したり通信講座で学習したりするなど、自己研鑽した成果を単位として取得し認定されます。

研修認定薬剤師の場合、認定の対象となる研修は多岐にわたり、日本薬剤師研修センターや日本薬剤師会、日本病院薬剤師会などが実施している研修会への参加、大学などの実施する通信講座の受講、学会への参加などで単位を取得します。

また自分で学習した自己研鑽も報告し単位として認められる場合もあります。

一方、認知症研修認定薬剤師の認定制度の研修は、日本薬局学会が定めたメディカルナレッジの「認知症研修認定薬剤師制度指定e-ラーニング講座」の受講に限られています。その他、日本薬局学会開催のワークショップ参加、症例報告などが必要であり、認知症に特化した認定制度と言えます。

認知症研修認定薬剤師の資格を取得するには?

資格の取得条件

認知症研修認定薬剤師になるためには、下記の項目をすべて満たす必要があります。

条件1 日本国の薬剤師免許を有し、薬剤師として優れた人格と見識を備えていること。
条件2 日本薬局学会の正会員であること。
条件3 薬剤師としての実務の経験を 3 年以上有すること。
条件4 日本薬局学会が指定する認知症領域の e-ラーニング(メディカルナレッジ)を 20 単位以上有していること。
条件5 日本薬局学会が認定するワークショップで 6 単位有していること。
条件6 認知症サポーターを取得していること。
条件7 認知症の人への介入事例を 3 例以上提出すること。
条件8 別途実施細則に定める認定試験に合格していること。(合格認定証を添える)
条件9 薬剤師認定制度認証機構などで認められた研修認定薬剤師を取得していること。(※)
条件10 職場長(薬剤部科長あるいは薬局長など)の同意があること。
条件11 上記の認知症領域の e-ラーニング、ワークショップで単位取得開始後、4 年以内に申請すること。

資格の取得方法

上記の申請条件を満たしたうえで、日本薬局学会に申請します。

認定期間 認定試験受験料
3年 10000円(税別)
認定申請料 認定更新料
10000円(税別) 10000円(税別)
認定申請期間 認定更新条件
認知症研修認定薬剤師制度試験合格認定証の有効期限内 3年間で更新プログラム10単位以上
年1単位以上取得

また、認定申請時の必要資料は下記になります。

  • 認定申請書
  • 日本薬局学会正会員会員証
  • 薬剤師免許証の写し
  • 薬剤師認定制度認証機構等が認めた研修認定薬剤師証明証の写し
  • 認知症研修認定薬剤師試験合格認定証の写し
  • 認定申請料振込明細の写し

更新プログラム例も記載いたしますので、ご参考ください。

  • 症例報告:1単位/3年間
  • 「認知症対応力向上研修」伝達講習会参加:1単位/3年間
  • 認知症内容の学会発表、ワークショップにファシリテーターとして参加、地域活動に参加:2単位/3年間
  • 認知症関連専門学会、認知症関連研修会参加等:6単位/3年間

認知症研修認定薬剤師を仕事で活かす

認知症研修認定薬剤師を最も活かせる場所として、地域の薬局薬剤師があります。

かかりつけ薬剤師や在宅訪問の薬剤師として、認知症の患者さんとその家族に接する機会が多いため、服薬指導などに活かすことができます。

また、地域包括ケアシステムの一員としても、多職種のスタッフが認知症の患者さんに対して適切な対応をするための助言などに役立つことがあります。

超高齢化社会は加速の一途であり、認知症の患者さんとその予備軍も増える一方と言えます。

認知症研修認定薬剤師は、こうした患者さんや家族と関わるすべての場所において、認知症の専門家としての知識と技術を活かすことができます。

今ならご登録うれしい特典!今ならご登録うれしい特典!

※在庫状況により、キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます。ご了承ください。
※本ウェブサイトからご登録いただき、ご来社またはお電話にてキャリアアドバイザーと面談をさせていただいた方に限ります。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社(2021年7月)
「マイナビ薬剤師」は厚生労働大臣認可の転職支援サービス。完全無料にてご利用いただけます。
厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 080554