産業カウンセラー

■産業カウンセラーとは

産業カウンセラーは一般社団法人日本産業カウンセラー協会によって認定される資格です。働く人たちを対象にメンタルヘルスの推進をはじめ、キャリア・カウンセリング、人間関係開発など、心のケアの専門家であり健やかに働くことができるように導いてくれる存在として認められます。資格取得にあたって、すべてのカウンセリングの基本と言える「傾聴」のスキルを習得することができます。薬剤師として働くうえで患者さんからの情報収集や信頼関係の構築においても、非常に力を発揮するスキルです。
2017年度の合格者(学科・実技含む)は2,600人となっています。

仕事内容

産業カウンセラーは、企業や組織で働いている人たちの心の問題に寄り添い、メンタル相談に対応するのが主な業務です。ときにはキャリアアップに関する悩みや能力開発の悩みに寄り添い、職場内での人間関係の改善や構築などのカウンセリングをおこなうこともあります。

資格の取得条件

産業カウンセラーの受験資格を得るためには、以下の項目を満たす必要があります。

   
条件1 ・成年に達した者(試験日に20歳達している者)で
一般社団法人日本産業カウンセラー協会が行う
産業カウンセリングの学識及び技能を
修得するための講座を修了すること。
条件2 ・大学院研究科で心理学又は心理学隣接諸科学、
人間科学、人間関係学のいずれかの
名称を冠する専攻(課程)の修了者であり
規定の科目で規定の単位以上を取得していること。
条件3 ・一般社団法人日本産業カウンセラー協会の
産業カウンセラー試験に合格していること。

資格の取得方法

上記の受験条件を満たしたうえで、登録申請を行います。

認定期間 受講料
5年 通学制(約7カ月) 248,400円
通信制(12カ月) 226,800円

産業カウンセラーを仕事で活かす

産業カウンセラーは、多くの企業や事業所などで活躍の場が広がります。メンタルヘルスに関する相談を受けるだけでなく、研修講師として活動することも可能です。また、個人でカウンセリングルームを開設するという道もあります。メンタルヘルスに関する症状で通院する患者さんが増加していることもあり、薬剤師としての日常業務においても、資格取得は大きく役立つことでしょう。企業内でのストレスチェックが義務化された今日において、産業カウンセラーとしての活躍の場が増加することが予想されます。