感染制御専門薬剤師

■感染制御専門薬剤師とは

感染制御専門薬剤師は、日本病院薬剤師会によって認定される専門薬剤師資格です。感染制御に関する高度な知識や技術をもち、安全で適切な薬物療法を提供できる薬剤師として認められます。
適切な薬物療法に関して多くの臨床経験を活かし、患者の感染症治療を支援するとともに、治療施設内の感染制御に関する評価や情報提示を行い、地域や他施設とも情報のネットワーク構築を図るための役割を担う者でもあります。平成20年6月7日より開始され、認定者数は273名(平成30年4月1日現在)。

仕事内容

感染制御専門薬剤師は感染症や合併症のリスクが高い患者に対して、抗生物質などの適切な投与や副作用の管理などを行います。また、施設における感染予防にかかせない消毒薬や抗生物質に関する取扱書などを作成し、医療従事者へ情報提供、注意喚起なども業務に含まれます。
さらに、施設内にかぎらず、地域や他施設とネットワークを築き、感染制御にかんするガイドラインに基づいた勉強会を実施や、関係者への指導を行うのも大切な役割です。

資格の取得条件

感染制御専門薬剤師になるためには、下記の項目をすべて満たす必要があります。

条件1 ・請時において、感染制御認定薬剤師
あるいはICD制度協議会が認定する
インフェクションコントロールドクター(以下「ICD」)の資格を
有している者であり、かつ、ICD制度協議会に加盟している
学会・研究会のいずれかの会員であること。
条件2 ・日本医療薬学会、日本薬学会、日本臨床薬理学会、
日本TDM学会、ICD制度協議会に加盟している
学会・研究会、日本薬剤師会学術大会、
関連する国際学会あるいは日本病院薬剤師会ブロック学術大会において
感染制御領域に関する学会発表が3回以上
(うち、少なくとも1回は発表者)、
複数査読制のある国際的あるいは全国的な学会誌・学術雑誌に
感染制御領域に関する学術論文が2編以上
(うち、少なくとも1編は筆頭著者)の全てを満たしていること。
条件3 ・病院長あるいは施設長等の推薦があること。
条件4 ・日本病院薬剤師会が行う
感染制御専門薬剤師認定試験に合格していること。

資格の取得方法

上記の申請条件を満たしたうえで、日本病院薬剤師会に申請します。

認定期間 受験料
5年 10,800円
更新審査料 更新料
10,800円 21,600円

感染制御専門薬剤師を仕事で活かす

肝不全や腎不全など感染症や合併症が高いリスクとなる疾病に対応するために、専門医を中心としたチーム医療に取り組む期間が増えています。
病院を中心に、薬物管理や感染症予防については、専門薬剤師が果たす役割が大きくなることでしょう。また、一般の保険薬局においても、予防医学、地域医療など健康的な生活を維持するためのアドバイザーとしてニーズがあります。