30代で薬剤師の転職を成功させるには?必須スキルやポイントについて解説

30代で薬剤師の転職を成功させるには?必須スキルやポイントについて解説がむしゃらに働いてきた20代と違い、30代は仕事もプライベートも、自分のスタイルが確立されてくる頃です。

仕事にも慣れてきたため、新たなキャリア形成やワークライフバランスなど、働き方に関する視野も広がる年齢です。

優先順位を決め、自分の描くビジョンに合わせた選択が、今後の人生に大きな影響を及ぼします。

本記事ではターニングポイントを迎えている30代が、転職を成功させるために必要なスキルやポイントについてお伝えします。

1. 30代からの薬剤師の転職は可能?

薬剤師養成教育が6年制となり、2012年4月に初めて6年間大学で学んだ薬剤師が誕生しました。

30代はちょうど過渡期にあたり、年齢により学習背景に差があります。

また、同じ30代といえども、前半の方と後半の方では、転職の難易度も変わってきます。ここでは、前半と後半に分けてみていきましょう。

1-1. 30代前半

中途採用において、もっともニーズが高い年齢であるため、転職の機会も多くなります。

また、30代前半の皆さんは、6年間、大学で薬学を勉強し、新卒から5年以上働いている方が多いと思います。広い視野が期待され、即戦力として求められる年齢です。

薬剤師の活躍の場は、病院、ドラッグストア、企業など幅広いため、新たな領域へのチャレンジにも向いている時期といえます。

1-2. 30代後半

一般的に30代前半と比べると、30代後半は転職がしにくくなるのが現状です。ただし、薬剤師は資格職であるため、他の職業よりも転職のチャンスは多くなります。

また、女性も多く活躍している職業であるため、産休や育休などで人の入れ替えもあり、必然的に転職のチャンスも生まれています。

ただし、30代前半よりもキャリアや専門性が求められる年齢になっているといえるため、アプローチの工夫が大切になります。

2. 30代の転職のリスクについて

30代の転職では、経験や背景に注目が集まります。
ステップアップとしての転職なのか、ワークライフバランスを考えての転職なのか、はたまた合う職場が見つからない…という少しネガティブな転職なのか。

即戦力と積極的な仕事への姿勢が求められるのは、どの仕事でも同じです。20代の転職と違い、何を目指して転職するのかという背景が求められることも、注意したい点です。

3. 面接ではどんなところを見られる?

雇う側は、即戦力と継続的に働ける人材を求めています。
面接では、必ず今までのキャリアや働き方、今後どのように仕事をしていきたいかを確認されるでしょう。

とくに新卒から今に至るまでの十数年の様子を聞くことで、人となりや仕事への姿勢も見えてきます。

転職を繰り返している場合には、採用を敬遠されがちですが、その場合には、なぜ転職を繰り返したのかという「理由」をポジティブな面として伝えられるようにしましょう。

4. 30代薬剤師の転職で必要なスキルとは

30代の薬剤師に雇用側は何を期待するのか、そのスキルをアピールしていく必要があります。

そこで、ここからは具体的に転職の際に求められるスキルについて考えていきましょう。

4-1. コミュニケーション能力

薬剤師の働く職場の多くは、患者さんや利用者さん、お客さんなど、人と接する場面があります。

親切に相手のリズムに合わせられるようなコミュニケーション能力が求められます。また、職場の雰囲気や今後のキャリア形成のためにも、スタッフ同士のコミュニケーションが円滑におこなわれることも重要です。

前職でキャリアがあったとしても、転職先では未経験の内容や知らないことも出てきます。そのときに、きちんと質問や対応ができるなど、柔軟なコミュニケーション能力が必要です。

4-2. 知識や最新の情報を収集する能力

新しい薬に関する知識はもちろん、医療に関わる現場は刻々と情報がうつりかわっていきます。また、予防を意識したセルフメディケーションなど、社会が薬剤師に期待する能力も変化しています。

ドラッグストアなど地域の方と話す機会が多い現場では、巷で流行る健康情報などに対しても同じ目線で向き合い、正しい情報を伝えられる力が求められます。

常に幅広い内容の、新しい知識や情報が求められるため、アンテナを高く持てる人材が重要視されています。

4-3. 実務経験や調剤スキル

実務経験や調剤スキルは、まさに即戦力として求められる能力です。雇用したあと、すぐに現場スタッフとして働けることが期待される年代であるため、雇用する側も必ず確認している項目になります。

ただし、30代では未経験の現場への転職も多いかと思います。未経験の方を採用していくという体制や姿勢は、雇用側にもあるため、具体的な実務経験と調剤スキルの把握を望んでいます。
採用の段階で、経験の有無を正直に答えるようにしましょう。

5. 30代薬剤師の主な転職理由

皆さんはどのような理由で、転職を考えているのでしょうか?仕事やプライベートなど変化の多い30代です。ここでは、30代の薬剤師の主な転職理由を見ていきましょう。

5-1. キャリアアップや年収アップを目指して

薬剤師の場合、転職をして活躍する現場を大きく変える方と、そうではなく同じような現場へ転職する方がいます。どちらにしても、転職をすることで、新たな経験を積み、キャリアアップやキャリア形成を考えている方が多くいます。

管理薬剤師など、現場によって役職のポストが埋まっている場合もあり、転職を機に新たな役職をもらうのを目指す場合もあります。

また、前職と給与などを比較し、より高収入な働き方を目指し、転職を希望する方もいます。

5-2. 出産や結婚などのライフステージ

薬剤師という職業は、現場により差はあるものの、約6割が女性です。
30代になると、結婚や出産などライフステージの変化やワークライフバランスを考え始める方が多くいます。

もちろん、男性も結婚や育児への参画は一般化されてきましたが、それでも女性ならではの悩みもあるかと思います。
ライフステージに合わせ、家から近いなどといった立地条件や休暇の取りやすさといった福利厚生などを重視し、転職される方が増えています。

5-3. 環境や働き方を変えたい

新卒から30代まで同じ現場で働き続けると、人間関係や仕事内容にも慣れ、新しい経験を積みたくなる方もいます。

変化のない平坦な働き方よりも、新鮮な刺激を求めて転職するというパターンです。中には、人間関係が煮詰まってしまって苦しくなってしまった方もいるかも知れません。

環境や働き方を変えることで、新鮮な風が吹き、意欲的に薬剤師業務と向き合えることがあります。

6. 30代薬剤師の転職成功のポイント

新しい環境に期待して転職をしたのに、後悔するのは本末転倒です。転職をする前に、転職成功のポイントについてしっかりと考えてみましょう。

6-1. 条件の優先順位を決める

転職を考えるとき、仕事内容、給与、立地条件、職場の雰囲気、残業の有無…など、大小さまざまな期待する条件が上がってくるかと思います。
もちろん、自分の望むピッタリの職場が見つかれば理想的です。

ただし、うまく条件が揃わないことも想定しないといけません。転職における条件をあげていき、絶対に外せない内容をピックアップし、優先順位を決めておくようにしましょう。

6-2. 職場の雰囲気を確認する

転職をする際に、さまざまな条件を求人広告や求人サイトなどで確認するかと思います。そこで分かるのは、あくまで条件です。

また、説明会や面接では、会社としての指針などは分かりますが、職場の雰囲気を知ることは難しです。

「アットホームな職場」と書かれていたのに、実際に転職したら違った…ということがないよう、職場の雰囲気は、自分の目で事前に確認することが大切です。

とくにスタッフ同士の会話や、患者さんやお客さんなどに向けられている姿勢を見ることで、職場の雰囲気を見ておくことが大切です。

6-3. ライフスタイルに合わせた働き方

これから結婚や出産を考えて転職したいと考えている方や、子どもが大きくなってきたから復職したい、プライベートとの両立をしたいから転職したいなど、状況はさまざまかと思います。

ライフスタイルに合わせ、事前に自分なりの働き方を明確化しておくことが大切です。

とくに30代前半と後半では描くビジョンも変わるかと思います。

ですから転職の際には、現在や今後のライフスタイルを見据えて考えていくことが重要です。

6-4. キャリアプランを立てる

30代は今後のキャリア形成に重要な時期を迎えています。

薬剤師としてどう生きていくのか、次のステップを考えて、転職を検討することが大切です。中には独立を考えてキャリアを積むために転職する方もいます。

次の職場では何をして、その後の人生ではどのようなキャリアにつなげていきたいのか。そこを具体的にすることで、迷わずに転職先を決めていくことができます。

また、キャリアプランが明確になっていると、面接などの際にも具体的に話すことができ、求めているポストへの転職が叶う場合もあります。

7. 30代で転職するには転職エージェントを活用しよう

30代での転職は、今後の薬剤師人生やプライベートに大きな影響を及ぼすため、できれば失敗は避けたいです。

肩に力が入れば入るほど、不安になってしまう気持ちも分かります。

ひとりで考えず、転職のエキスパートに相談してみるのはいかがでしょうか?専門家が力を出し合うことで、チーム医療が円滑に進むように、転職の際は転職の専門家に相談することをおすすめします。

薬剤師の転職を考えるとき、強い味方になってくれるのが、転職エージェント「マイナビ薬剤師」です。

マイナビ薬剤師に登録をすると、一般の求人サイトなどには公開されていない転職先を確認することができるため、転職先の選択肢が増えます。

また、専門的な知識を有するキャリアアドバイザーからの具体的なアドバイスや応募書類の添削、模擬面接なども受けることができます。

転職活動を成功へ導くサポートを受けられるため、安心して転職活動を進めることができます。

ぜひ、マイナビ薬剤師に登録をして、経験豊富なキャリアアドバイザーに相談しながら、30代の薬剤師転職を成功させましょう。

8. まとめ

30代は仕事やプライベートにおいて自分のスタイルが確立され、「薬剤師としてこう生きたい」というビジョンが生まれてくる頃です。

この時期に、今後のキャリアプランやワークライフバランスをあらためて考え、自分が望む働き方をしてみませんか?

転職は勇気がいるものです。ひとりで活動するのではなく、チームで行うことをおすすめします。

マイナビ薬剤師を利用することで、転職先の選択肢の幅が広がると共に採用確率を高めるために応募書類の添削から模擬面接対応まで、転職の専門家が30代の薬剤師転職をしっかりとサポートしてくれます。

 

この記事の著者

ライター

小川 優

保健医療関係の資格、職務経験、知識をもとに、テレビやラジオだけでなく、Webライティングなどを通して多くの方に積極的に情報を発信。
Webライティングでは医療情報サイトを中心に、栄養や疾患など幅広く健康に関する記事を執筆。

毎日更新!新着薬剤師求人・転職情報

薬剤師の転職の準備に関するその他の記事

薬剤師の転職の準備に関する記事一覧

※在庫状況により、キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます。ご了承ください。
※本ウェブサイトからご登録いただき、ご来社またはお電話にてキャリアアドバイザーと面談をさせていただいた方に限ります。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社(2021年7月)
「マイナビ薬剤師」は厚生労働大臣認可の転職支援サービス。完全無料にてご利用いただけます。
厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 080554