登録販売者の転職成功のコツや面接ポイントをご紹介

登録販売者の転職成功のコツや面接ポイントをご紹介

登録販売者は、医薬品販売のスペシャリストとして現在さまざまな企業で活躍しています。主な就職先は薬局やドラッグストア、コンビニエンスストアなどでの販売業ですが、就業条件や待遇などは勤務先によってさまざまです。

現在、幅広い業界で登録販売者の求人が増えているため、有資格者の中には好条件を求めて転職を考えている人もいるのではないでしょうか?

今回は登録販売者が理想的な職場への転職を成功させるコツや、登録販売者のための面接のポイントをご紹介します。

1.登録販売者の面接で必要な準備と転職成功のコツ

登録販売者の資格を持っている人は資格のない人よりも多くの強みがあるので、転職先が見つけやすい傾向にあります。ただし、好条件のそろった職場や企業は人気が高く、多くの転職希望者が集まるため、しっかりと対策をして選考に臨む必要があります。

ドラッグストアや薬局などを経営している企業が登録販売者の求人を出す場合、その多くは現場で即戦力となる人材を求めています。転職を成功させる大きなポイントは、企業が求める人材を事前にリサーチしておくことです。店舗の雰囲気や求人広告の内容など入念に下調べをして、準備をしておくことが大切です。

そして実際の面接では、薬局などで接客業に向いているかどうかの人柄も判断されます。登録販売者としてふさわしい人材と感じてもらえるように、しっかりと対策を行いましょう。

2.面接前の準備

面接では、事前にどれだけ準備をするかが重要なポイントになります。採用担当者や会社の責任者と対面し、就職希望者のパーソナリティが判断される機会のため、面接を受ける前にしっかりと準備しておくことが成功の秘訣になります。

2-1.応募先の企業について調べる

応募する企業に関する情報を事前に収集し、社風や特徴などを把握しておきましょう。面接では、就職を希望する企業に対する印象などを聞かれることがよくあります。求人の募集要項や企業のウェブサイトなどによく目を通しておきましょう。

ドラッグストアやスーパーへの転職を希望する場合は、実際の店舗に足を運んで店内や従業員の様子などを事前に観察しておくと、企業が求める「人物像」がクリアになり、当日の面接で成功しやすくなります。

2.2. 履歴書・職務経歴書を用意する

応募に必要な書類は、「履歴書」と「職務経歴書」の2種類です。履歴書は個人の基本的なプロフィールを記載したもので、職務経歴書はこれまでの職歴・経歴や保有している資格や技能などのスキルを記載します。

企業はこの職務経歴書の内容から、その人材の能力や就業に対する姿勢などを読み取ろうとするため、作成にあたっては十分時間をかけ、自分の経験や実績を踏まえた魅力がアピールができるように工夫しましょう。

3. 面接当日に心がけるポイント

面接の事前準備を済ませたら、いよいよ面接です。面接当日に心がけるポイントについてみていきましょう。

3.1. 面接時に必要な持ち物

面接に必要な持ち物をチェックします。
以下は面接時に必須の持ち物です。

  • A4サイズの書類用のバッグ
  • 履歴書・職務経歴書など応募書類のコピー
  • 求人情報(募集要項)のコピー、会社案内など
  • 応募先(採用担当部署)の電話番号のメモ
  • スマートフォン
  • 筆記用具
  • 腕時計
  • 現金
  • ハンカチ・ティッシュ

面接会場では会社案内の資料が配布されることがあるので、A4サイズが入るバッグとファイルを忘れず持っていきましょう。また、面接の場面では履歴書や職務経歴書、求人情報などから質問が出ることが多いので、書いたことを忘れないように控えを持っていきましょう。緊急時にスムーズに連絡ができるよう、スマートフォンや電話番号のメモも必携です。ただし、面接時にはスマートフォンの音が鳴らないように注意しましょう。

3-2.好印象を与える服装のポイント

登録販売者の面接では、清潔感のある服装が好まれる傾向にあります。男女ともにネイビーやグレーを基調にしたシンプルなスーツと白シャツ、革靴がおすすめです。
清潔に整えた頭髪や爪なども好印象を与えるポイントです。医療系資格者の面接ですので、香水、派手な化粧やアクセサリーは控えましょう。

4.登録販売者の面接でよく聞かれる5つの質問と回答のポイント

登録販売者の面接でよく聞かれる質問とその回答のポイントをみていきましょう。

質問1.「店舗に来たことはありますか?」

回答ポイント

登録販売者の採用面接で頻出する質問です。この質問で面接官は、あなたの入社意思やモチベーションを判断しています。
転職を希望している企業の店舗には必ず足を運んで、店舗の環境などに関する質問にも答えられるようにしましょう。

質問2.「転職の理由を教えて下さい」

回答ポイント

あなたの企業への適応力やキャリアプランを知るための質問です。転職の動機としては、「さらなるステップアップを求めての転職」など、ポジティブな表現で答えましょう。ネガティブな動機は好印象につながらないため、避けましょう。

もちろん今の職場環境や業務量などを理由に転職を決意した方もいらっしゃるでしょう。
その場合もこちらの記事も参考にしつつ、転職によって広がる活躍の可能性をじっくり考えてみて下さい。

質問3.「なぜ当社を志望したのですか?」

回答ポイント

あなたの真剣度を探る質問です。登録販売者の求人を出している企業が複数ある中で、なぜその企業への転職を志望したのかを具体的に答えることがポイントです。
会社のウェブサイトから読み取れる情報や、実店舗の事前見学を通して感じ取った特徴やサービスを挙げ、真剣に転職を考えている姿勢をアピールしましょう。

質問4.「勤務地の希望はありますか?」

回答ポイント

広い地域や全国に店舗を多く展開している企業の面接で良く聞かれる質問です。希望の店舗があるかどうかの希望を尋ねる意図であったり、転勤ができるかどうかを尋ねていることもあります。大まかな希望を伝えておくことで、転職後、希望どおりに配置してもらえることもあるので、この質問に対しては正直に自分の考えを答えておくとよいでしょう。

質問5.「なにか質問はありますか?」

回答ポイント

面接の最後に設けられることが多い「逆質問」の機会です。特に質問はないという場合もあるかもしれませんが、実はこの逆質問、面接を成功させる自己アピールの機会でもあります。

例えば、「前職では、登録販売者としてお薬に関するアドバイスをさせていただく機会が多く、たくさんのお客様とお話ししたのですが、御社の店舗でもお客様の相談役として接客できる機会はありますでしょうか」など、接客が得意という自分の長所をアピールしつつ、新たな職場での就業を想定した質問をすると、面接担当者に良い印象を与えることができます。

あるいは、「将来は、店舗管理者として店舗の運営にも携わってみたいと思っているのですが、店舗管理者を取得されている方は現在何名ぐらい在籍されているのでしょうか?」など、新たな職場でのスキルアップの意欲を話すことで、モチベーションの高さを伝えることもできます。実際に就業した時のことを想定し、具体的な質問で面接担当者にやる気をアピールしましょう。

5. 転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーに相談する

登録販売者が理想の職場への転職を成功させるためには、企業の特徴や社風などを事前に調査し、企業が求める人物像をクリアにすることがポイントです。
しかしながら、会社のウェブサイトや求人情報から読み取れる情報には限りがあります。

自分に合った職場を効率よく見つけ出し、専門のキャリアアドバイザーに相談することをおすすめします。

5.1. あなたにあった求人を紹介してくれる

転職エージェントに相談すると、登録販売者の転職に特化したキャリアアドバイザーが、あなたに合った職場とのマッチングをサポートしてくれます。
各企業が求める人物像やスキル、条件などを熟知しているため、転職希望者の求める条件との質の高いマッチングを実現することができます。

また、転職希望先が複数あり、その中でもより理想的な企業を比較検討したい場合には、同時に複数社の面接を受けることも可能です。チラシやネット情報などで一般公開されていない非公開の求人情報も扱っているため、転職の選択肢が広がります。

5.2. 応募書類の添削をしてくれる

応募書類は面接前の印象を左右する重要な書類です。不備や記入漏れのチェックはもちろん、好印象を与える文章になるように添削してもらうこともできます。
添削にあたっては、キャリアアドバイザーがあなたの経歴やアピールポイントを実際にヒアリングし、面接担当者から一目置かれるような応募書類の作成をサポートしてくれます。

応募書類で必ずと言っていいほど聞かれる「志望理由」の書き方はこちらの記事で詳しく紹介しています。
他業種からの転職など、状況別の志望理由の例文もあるので「何を書けばいいか検討もつかない」そんな方にもおすすめです。

もちろん、キャリアアドバイザーに書き方からご相談いただければ、あなたの強みや状況を踏まえつつ一緒に考えることも可能ですよ。

5.3. 模擬面接をしてくれる

面接では、態度・人柄などのパーソナリティが重要視されます。転職エージェントに依頼すれば、事前のカウンセリングでひとり一人の魅力やスキルなど、面接でアピールするべきポイントを掘り起し、的確なアドバイスをしてくれます。

またこれまでの転職紹介経験に基づいて、各企業ごとの傾向と対策を詳細に教えてくれます。人前で話すのが苦手な人や、緊張してしまい自信が持てないという人には、エージェントによる模擬面接で事前にシミュレーションすることも可能です。
臨場感ある模擬面接で、改善点の指摘や回答のアドバイスをしてくれるので、当日慌てることなく、自信をもって面接に挑めるようになります。

5.4. 面接日程を調整してくれる

転職エージェントが面接の日程調整やスケジュール管理をサポートしてくれます。面接日などの予定が被らないように調整してくれるので、同時期に複数の企業に応募することもできます。

この記事の監修

医学博士・医学研究者

榎本 蒼子

最終学歴は京都府立医科大学大学院医学研究科博士課程卒業。
2011~2015年 京都府立医科大学にて助教を勤め、医学研究および医学教育に従事。

今ならご登録うれしい特典!今ならご登録うれしい特典!

※在庫状況により、キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます。ご了承ください。
※本ウェブサイトからご登録いただき、ご来社またはお電話にてキャリアアドバイザーと面談をさせていただいた方に限ります。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社(2021年7月)
「マイナビ薬剤師」は厚生労働大臣認可の転職支援サービス。完全無料にてご利用いただけます。
厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 080554