サイト内の現在位置

薬剤師の仕事って?仕事内容・資格・年収など徹底解説!

薬剤師の仕事って?
薬剤師は、「調剤」のできる唯一の国家資格であり、医療の中で重要な役割を果たしています。
薬学部で6年間学び、国家試験に合格する必要があるため、取得する難易度が極めて高い資格ですが、人々の健康を守るという重要な役割を担うことができ、それに見合った高収入を得ることもできます。

この記事では、「薬剤師になる方法は?」「薬剤師は実際にはどんな仕事をしているの?」といった疑問の他に、給与や仕事のやりがいや、将来性についてお答えします。

1. 薬剤師とは

薬剤師は、国家資格をもつ「薬の専門家」です。薬(医薬品)は、製薬会社などで研究開発され、製造・流通を経て、病院や薬局、ドラッグストアなどを通して患者さんの手元に届きますが、そのあらゆる工程に薬剤師が深く関わっています。

特に、医師の処方せんに基づいて薬を量ったり包んだりする「調剤」や、患者さんに薬の使い方や注意点などを説明する「服薬指導」といった業務は、一般の人にとっても馴染みが深いことでしょう。

2. 薬剤師の仕事内容は?職場によって異なる

薬剤師の業務は、職場によって極めて多岐にわたります。最もよくイメージされる「調剤薬局やドラッグストアで患者さんのために薬を用意している」という薬剤師は、実は6割弱にすぎません。

病院などの医療施設で働いている人が2割、製薬会社などの企業で営業や研究開発などに携わっている人が1割いるほか、行政機関などで働いている人もいます。
職場別に、薬剤師の担っている仕事内容を紹介します。

2-1. 調剤薬局

調剤薬局で働く薬剤師の仕事
調剤薬局の薬剤師は、患者さんの持参した処方箋に基づいて薬を調合する「調剤」を行うことが主な仕事です。このとき、処方箋で医師から指示された薬が患者さんに合っているか、他の薬との飲み合わせは大丈夫か、といった確認もしています。気になる点があれば医師に問い合わせ(疑義照会)することもあります。

さらに、調剤した薬を患者さんが正しく飲めるように説明したり、不安点がないか相談に乗ったりする「服薬指導」、お薬手帳などを活用した「薬歴管理」もあわせて行っています。
万一、ミスがあれば患者さんの健康にも関わるため、責任は重大です。薬剤師同士で連携しながら、薬の専門家として活躍しています。

2-2. ドラッグストア

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事
ドラッグストアの薬剤師は、主に処方箋がなくても買える「一般用医薬品(OTC医薬品)」を販売しています。来店したお客さんの相談に乗り、薬を選んだり、副作用について説明したり、健康アドバイスなども行います。

一般用医薬品の多くは登録販売者でも販売することができますが、特に副作用のリスクが高い第1類医薬品だけは、薬剤師しか販売することができません。
調剤室を併設しているドラッグストアの場合は、調剤薬局と同様に「調剤」や「服薬指導」といった業務もあわせて行います。

2-3. 病院・クリニック

病院・クリニックで働く薬剤師の仕事
病院やクリニックの薬剤師は、外来患者さんや入院患者さんのために調剤や薬の管理をします。院内で使う注射薬を調整したり、市販されていない薬を院内で製剤したりといった業務を行うこともあります。チーム医療の担い手として、医師や看護師などと連携して患者さんへの対応に当たります。

また、病院によっては例えばがんや精神科など、特に安全への配慮が必要な薬を扱う可能性も高くなります。こうした領域では、スペシャリスト(認定・専門薬剤師)として活躍している人もいます。

2-4. 製薬会社などの企業

製薬会社など企業で働く薬剤師の仕事
製薬会社の営業職(MR)として働く薬剤師は、病院や薬局を訪問して自社の薬のプロモーションや情報提供をしています。研究開発を担当する場合、新薬を開発(創薬)するための基礎研究や臨床試験(治験)などを行います。学術情報の提供や薬の管理を専門にする人もいます。

そのほかの企業薬剤師としては、医薬品卸会社の営業や在庫管理、化粧品メーカーや食品メーカーの研究開発や、新薬の開発に携わる開発業務受託機関(CRO)などで、臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)として働く薬剤師もいます。

薬剤師は全体として増加傾向にありますが、製薬会社に勤務する薬剤師は若干減少傾向にあり、2018年の厚生労働省の調査では2年前に比べて4%減少しています。

2-5. 保健所などの行政機関

全体の2%程度と少数派ですが、国や都道府県などで公務員として働く薬剤師もいます。
例えば自治体の保健所で働く薬剤師は、調剤薬局などの医薬品販売店舗の許可・監査・指導や、地域の公衆衛生に関わる啓蒙活動、各種検査などをこなしています。そのほか、麻薬取締官、自衛隊の薬剤官、刑務所内の薬剤師などとして活躍する人もいます。

2-6. 小中学校・高等学校

幼稚園や小中学校、高校などの大学以外の学校には、薬剤師を置くことが法律で義務づけられています。
学校薬剤師は、プールの水質検査、教室内の換気や照明といった環境衛生の調査、子どもたちの健康相談や保健指導などを行います。
業務が毎日あるわけではないため、多くの場合、普段は調剤薬局や病院などで働く薬剤師が兼務しています。

3.薬剤師になる方法や注意点とは

薬剤師になりたいと思ったら、どうすればよいのでしょうか。薬剤師は、取得までの道のりが最も険しい国家資格の一つです。その詳細と注意点を説明します。

3-1. まず大学の薬学部で6年間の課程を修める

薬剤師になるため学ぶ薬学生
薬剤師は国家資格です。そのため薬剤師として働くには、薬剤師国家試験に合格する必要があります。さらに、その受験には「6年制の薬学課程を修めること」という要件を満たさなければなりません。

つまり、薬剤師になるには、まず大学の薬学部に入学し、6年間勉強をし、国家試験に合格する必要があるということです。
全国には、6年制の薬学課程を置いている大学が75校あります。大学では、4年間かけて体のしくみや薬の働きについて学び、共用試験で身につけた能力を確認したあと、5年目には病院や薬局で実務実習を経験し、6年目には、卒業研究や薬剤師国家試験に向けた勉強に取り組むことになります。

3-2. 4年制の薬学部では受験資格は得られない

大学を選ぶときに、注意すべき点があります。薬学部のある大学のうち、約6割は6年制の学科のみですが、大学によっては4年制の学科も併設しています。薬剤師になりたい場合は、必ず6年制の学科を選ぶようにしましょう。

薬学部は、2006年度以前は全て4年制でしたが、2006年度に法律が改正され、薬剤師になるために必要な修学年数が6年間に延長されました。
研究者などになりたい人のために、4年制の課程を置いている大学もありますが、4年制の学科に入学しても、薬剤師国家試験の受験資格は得られないため注意が必要です。

3-3. 「薬剤師国家試験」に合格すると免許を取得できる

薬剤師国家試験は、例年1月頃に受験の申込が行われ、2月頃に試験が実施、3月頃に合格発表されることが多いです。その年度に卒業見込みであれば受験することが可能です。つまり、薬学部の6年生は受験でき、合格して卒業すれば、翌年度からすぐに薬剤師として働くことができるわけです。

薬剤師の国家試験は、2日間かけてマークシート方式で実施されます。試験範囲は「薬理」「実務」など7科目に及び、基本的な資質を問う「必須問題」では科目ごとに足切りの基準があるため注意が必要です。
ただ、全体としては、合格ラインは受験者の平均点をもとに後から設定されるため、その年の試験の難度にかかわらず、受験者の中で相対的によい点数を取れば合格できます(相対基準)。

薬剤師国家試験の合格率は、ここ数年はほぼ70%で一定しています。2019年は70.91%でした。1万4,376人が受験し、1万194人が合格しています。現役の学生に限ると、合格率は国公立大学で約95%、私立大学でも約85%にのぼっています。

4. 薬剤師の平均年収はどれくらい?

薬剤師の平均年収
2018年度の厚生労働省調査によると、薬剤師の平均年収は額面で約544万円です。平均月収は37万9,900円で、そのうち残業代は3万2,800円。ボーナスとして、年間で約88万円をもらっている事になります。

ただし、これは全年齢の平均です(平均年齢は38.6歳)。ですから、就職したばかりの20代前半の薬剤師の平均年収は、男性で350万円、女性で358万円と、もう少し低い水準になっています。
20代後半で男性477万円、女性459万円、30代前半で男性580万円、女性512万円と上昇していき、男性のピークは50代後半で平均692万円、女性のピークは40代後半で平均613万円となっています。

同調査によると、全労働者の平均年収は306万円ですから、薬剤師はそれよりも100万円以上多い収入を得られる、高収入の職業だといえるでしょう。

5.薬剤師は女性の割合が多い?

薬剤師の男女比
薬剤師になる人は、どのような人が多いのでしょうか?
2018年の調査によると、日本全国には31万人強の薬剤師がいます。国民400人あたり1人の割合で薬剤師がいる計算です。
年齢別にみると、20代が13%、30代が25%、40代が23%、50代が20%、60代以上が19%となっています。男女比は、男性が約12万人(38.7%)、女性が約19万人(61.3%)です。

薬剤師の男女比率は、年代により若干の変動がありますが、20代から70代以上までの全年代で女性が約6割を占めています。同じ医療職でも医師の女性比率は21.9%であることを考えると、女性の比較的多い職種だといえますね。

6.薬剤師の仕事のやりがいやメリットは?

薬剤師は、「人や社会に役立っている」という実感を得やすく、金銭面でも報われることの多い仕事です。その理由を掘り下げてみてみましょう。

6-1. 患者さんの役に立てる

薬剤師として患者に寄り添う
薬剤師は、「健康でありたい」「病気を治したい」「症状を和らげたい」という患者さんの切実なニーズに応えることができます。特に調剤薬局やドラッグストア、病院などで働く場合、日々患者さんの心情に寄り添いながら、調剤や服薬指導、健康相談をすることになります。

感謝されることも多々あるので、人の役に立っているという実感を得ることができます。

6-2. 医療に貢献できる

チーム医療のいち員として働く薬剤師
薬剤師は、現代医療で使われる多種多様な薬を安全に提供するために、欠かせない役割を担っています。医師は人体や病気の専門家ですが、薬の専門家ではありません。薬が化学物質として体内でどのように働くのか、他の薬や食べもの、病気の状態によってどのように変化するのかについては、薬剤師の方が精通しているのです。

江戸時代までは、病気の見立ても薬の調合も、どちらも医師の役割でした。しかし現在では、調剤は薬剤師がすることになっています。この「医薬分業」制度は近年ますます進んでおり、院外で調剤される処方箋の割合は7割を超えました。

今後も、国は政策として「かかりつけ薬剤師」の推進やチーム医療・地域包括ケアの発展に力を入れており、病院の内外で薬剤師の活躍の場は増えていくでしょう。

6-3. 給与水準が高い

「4. 薬剤師の平均年収はどれくらい?」でも説明した通り、薬剤師は全労働者の平均よりも100万円以上高い年収を得られる職業です。勤め先や、地域などによっても初任給や昇給の仕方は大きく変わりますが、いずれにしても高水準の待遇を期待できるでしょう。さらに、医療業界は景気に左右されにくいというメリットもあります。

6-4. ライフステージに合わせた仕事がしやすい

薬剤師は女性の割合が高いため、産休や育休といった制度の整っている職場が多いことが特徴です。さらに資格職であり、求人倍率も高いため、もし妊娠・出産や介護などで一度仕事をやめたとしても、再就職が比較的容易です。

また、正社員だけでなくパートやアルバイト、派遣社員の求人も多いため、場合によっては短時間だけ効率的に働くといった柔軟な対応も可能です。

さらに、全国どこでにも薬剤師の需要はあるため、例えば家族の都合などで転居することになっても仕事を続けやすいこともメリットです。

7.薬剤師の現状と将来性は?

薬剤師は国家資格であり、調剤という独占業務があるため、現状における立場は盤石といえるでしょう。2018年の厚生労働省の統計では、年間の調剤医療費は7兆4,279億円にものぼり、そのうち技術料が1兆9,311億円を占めています。
ただし、国は医療費を削減するためにさまざまな対策を模索しており、今後はその結果が薬剤師の待遇などに影響する可能性もあります。

また、将来は薬剤師の人数が過剰になり、それに伴って給与も下がるのではないかという懸念もあります。薬剤師はどんどん増加傾向にあり、2016年から2018年までの間にも3%増えています。
薬局はいまや全国で約6万軒とコンビニよりも多くなりました。厚生労働省は、過去に「薬剤師余り」「薬局余り」が生じるとする検討結果も出していましたが、今後あらためて需給予測を行うようなので、対策に期待したいところです。

さらには、機械化やAIの発達といった、薬剤師の業務の一部を代替するような技術革新もありえます。薬剤師は医療という底堅いニーズに支えられた安定した職業ですが、それに甘んじることなく、これからの薬剤師の増加や環境の変化に備え、勉強を続けていく必要はありそうです。

8.薬剤師なら転職にも有利

資格職なので転職にも有利な薬剤師
薬剤師は、取得する難易度の高い国家資格であり、常にさまざまな企業が求人募集をかけています。
また、薬剤師は調剤薬局やドラッグストア、病院、製薬会社など、幅広い職場で働くことができます。その職務も、医師の処方意図を確認しながら調剤する調剤薬局や病院、幅広いお客さんの相談にのるドラッグストア、最新の薬や学術情報に触れることのできる製薬会社など、極めて多様です。

そのため、薬剤師として社会に出た後も、自分のキャリアプランやライフステージにあわせて、転職することが比較的簡単な職種だといえるでしょう。

薬剤師の職場のことに関するその他の記事

薬剤師の職場のことに関する記事一覧

ご利用者満足度No.1
ご登録で
うれしい
特典!
無料で登録する

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。
調査委託先:楽天インサイト(2019年10月)

薬剤師の転職ノウハウ

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。
調査委託先:楽天インサイト(2019年10月)

お電話でのご登録はこちら

全国共通フリーダイヤル(通話無料)

0120-866-153

携帯・PHSからもご利用になれます。