サイト内の現在位置

調剤薬局へ転職する薬剤師が知っておくべき知識と、求人票の見かた

マイナビ薬剤師が保有する紹介先のなかでも、最も多くの比重を占めているのが調剤薬局です。求人も多く、薬剤師転職市場のメインストリームといえるでしょう。

だからこそ転職をする際には職種自体の理解を深め、また考慮すべき条件、注意点などをしっかり把握した上で行わなければなりません。

今回の記事では、調剤薬局に転職する際のメリットやデメリット、そして、転職時の注意点などを分かりやすくご紹介していきます。

調剤薬局の転職をご検討されている方は、ぜひご一読下さい!

1. 調剤薬局の役割と特徴

まずは、調剤薬局の役割や特徴について見ていきましょう。

病院の近くにある薬局や地域のかかりつけ薬局だけでなく、近年は商業施設に併設された薬局も増えたことで、調剤薬局の薬剤師としての働き方も多様化しているといえます。

それぞれの薬局で働くやりがい・魅力があるため、自分のスキルやキャリアプランに応じて転職先を選ぶことが大切です。

調剤薬局は、医薬品を調剤できる機能(調剤室)を備えており、保険診療に基づき、病院から出された処方箋に従って調剤を行います。

1-1. 調剤薬局の定義

調剤薬局の定義は、次のようなことが挙げられます。

  • ・薬剤師が常駐している
  • ・調剤薬局として求められる施設基準を満たしている
  • ・医師の処方に基づいた調剤を行うことができる

調剤薬局は、保険診療を行う医療機関の医師による処方箋に基づいて、調剤を行う薬局を指します。厚生労働省の地方部局「地方厚生局」の保険指定を受けている「保険薬局」でもあります。

1-2. 調剤薬局にはどんなタイプがある?

調剤薬局は時代のニーズに応じて多様化し、いくつかのタイプに分けられるようになりました。現在、調剤薬局は大まかに次のように分けられます。

  • ・病院やクリニックの付近にある門前薬局
  • ・商業施設、ドラッグストアに併設されている調剤薬局
  • ・在宅訪問、施設訪問がメインの調剤薬局
  • ・商店街・住宅地などにある地域に根づいた調剤薬局

このように、今後も調剤薬局のタイプがより多様化していく可能性は大いにありますので、自分がどんな調剤薬局でどのように働きたいのかをよく考えておきましょう。

1-3. 地域のかかりつけ薬局としての調剤薬局

かかりつけ薬局とは、地域の薬の「交通整理」の役割を担っている調剤薬局のこと。

高齢化が進んだことで、複数の疾患を抱えて、いくつかの医療機関に通院する高齢者が増加傾向となっています。

それにより、同じ種類の薬が重複して処方されてしまう「重複投薬」や、薬の危険な飲み合わせが生じてしまうケースも増えているのです。

こうした患者の服薬時のサポートや健康管理などを行うのが、地域のかかりつけ薬局の薬剤師の役割です。

2016年4月に「かかりつけ薬剤師」制度がスタートしたことで、今後ニーズは一層増えていくことが予想されます。

2. 調剤薬局で求められるスキル

調剤薬局の薬剤師には、どんなスキルと経験が求められるのでしょうか?

調剤薬局で働くとなると、患者それぞれと信頼関係を築くことや、薬局によってはかかりつけの薬剤師として地域に貢献することなどが大切なポイントとなります。

より詳しく見ていきましょう。

スキル1. 患者と速やかに信頼関係を作ることができる

調剤薬局は、薬局の中でも患者一人ひとりとのコミュニケーションがより求められる職場でもあります。

かかりつけ薬剤師・薬局制度に基づき、薬剤師がサポートを行うためには、患者がその同意書にサインをする必要があります。

多くの患者と速やかに信頼関係を築き、サポートを快く受けてもらえる環境を作ることのできる薬剤師が求められています。

スキル2. かかりつけ薬剤師として地域に貢献すること

前述のとおり、かかりつけ薬剤師が地域の薬の交通整理を担うことで、地域に貢献するというスタイルができています。

そのため、その地域の患者に対して、的確な服薬サポートや健康管理に関する相談に応じることのできる薬剤師が求められているといえます。

ただ、医薬品を処方箋どおりに提供できればいいわけではなく、患者が何を求めているのかを把握する力も必要になってくるでしょう。

3. 調剤薬局に転職する際のメリットとデメリット【人気の理由】

調剤薬局に転職される方は、どういった点に魅力を感じているのでしょうか? また、知っておくべきデメリットはどのような点なのでしょうか?

まずはじめに、調剤薬局に転職するメリットについてご紹介します。

3-1. 調剤薬局のメリット・良い点

メリット1. 医療用医薬品の知識を深めることができる

調剤薬局に勤めるにあたり、もっとも明確なメリットがこちらです。

ドラッグストアでの勤務ではなかなか習得することのできない、医療用医薬品に関する知識を身につけることができます。

また、医療品の知識だけでなく病気に対する知識も深めていくことができます。薬剤師としての本来の使命を全うできるという点で、強いやりがいにつながる方が多いようです。

メリット2. (比較的)働きやすい環境が整っている

土日休みのクリニックの門前薬局などであれば、完全週休二日制、また場所によっては残業がまったくない薬局も少なくありません。

他の職種に比べても年間休日数が多い傾向にあり、ワークライフバランスを取ることができます。

加えて、規模が大きく複数店舗を運営している調剤薬局であれば、転勤(異動)という選択肢を取ることができます。

様々な原因より、収入などの待遇が良くても転職を迫られる状況は誰にでも訪れます。そんなとき、辞めることなく別の店舗に異動できるのは働きやすさに他ならないのです。

メリット3. 患者さんと密接に関わることができる

患者さんと直接コミュニケーションを取りながら業務を進めていくため、人に奉仕するやりがいを強く感じることができます。

患者さんからの医薬品に関する質問に答えたり、飲み方の指導を行ったり。身につけた知識を活用することも特徴です。

薬剤師資格を持っていても、患者さんと深いコミュニケーションをとることができない業種もあります。患者さんと対話をできる点は、調剤薬局ならではのメリットと言えるでしょう。

3-2. 調剤薬局のデメリット・考慮すべき点

デメリット1. 知識が偏ってしまう可能性がある

個人経営クリニックの門前薬局では、どうしても処方に偏りが生じてしまいます。同じような症状の対応のみになると、深まる知識も狭くなりがちです。

しかし他方で、総合科目を扱う調剤薬局では扱う薬の種類が過大です。そのため、場合によっては業務外に学習をする必要もあるでしょう。

偏ってしまっても大変ですし、多すぎても大変です。そのあたり、予め薬局の環境を調べておく必要があります。

>エージェントに代理で調査してもらいたい場合は、マイナビ薬剤師をご利用下さい!(無料)

デメリット2. 人間関係に働きやすさが左右されてしまう

毎日同じメンバーと連携をとって業務を行っていくため、人間関係がこじれてしまうと悲惨です。働きにくさに直結してしまうことは否定できません。

特に調剤薬局は女性の多い職場なので、男性の居場所が作りづらいかも知れません。こちらに関しても、事前に職場の雰囲気を知っておく必要があります。

求人票には載っていない「職場の雰囲気」などは、マイナビ薬剤師のキャリアアドバイザーに確認してもらいましょう。まずは、無料のキャリアカウンセリングからご利用下さい!

4. 調剤薬局の求人で注意すべき確認事項

メリットやデメリットについて確認してきました。では、実際に職場を探す際にはどういった点に注意して求人を見ていけばよいでしょうか?

チェックすべき項目について、具体的にご紹介していきます。

✓ 給与
残業代がしっかり出るのか、また、賞与はどれだけ出るかなど。当然ですが、給与についてはしっかりと確認しておきましょう。

✓ 勤務時間
中には時短勤務を認めている薬局もあります。ご自身の働き方にあった時間帯で働くことができるのか。特に育児中のママさん薬剤師の方は注意しましょう。

✓ 週休制
よく目にする「週休二日制」ですが、これは「1ヶ月の間に週2日の休みがある週が1度以上ある」ことを指します。つまり、毎週2日の休みがない場合もあるのです。

曜日を含め、1ヶ月を通しての休みを把握するようにしましょう。

✓ 年間休日数
一年間を通しての休日日数も把握しておきましょう。一般的に、年間で120日以上の休日が認められていれば、平均的な日数だと言えるでしょう。

✓ 転勤の有無
転勤の有無についても確認しましょう。転勤をしたくない場合も、場合によってはしたい場合も同様です。どちらが良いではなく、ご自身の状況と照らし合わせて確認しましょう。

✓ 門前薬局 or チェーン薬局
薬局の経営方針によって、忙しさは大きく異なります。これまで解説したメリット・デメリットをふまえて選択してください。

✓ 対応科目
対応する科目が多ければ、その分覚えることも増えます。知識を増やしていきたいのか、あるいは、穏やかに働きたいのか。応需する病院の規模を把握することで、ある程度あたりをつけることができるでしょう。

✓ 処方箋枚数
省令では「1日平均40枚の院外処方箋に対して、薬局に薬剤師を1人配置する」ことが定められていますが、一日あたりの処方箋枚数によって、忙しさを予測することができるでしょう。

✓ 薬剤師の人数
常勤で働かれている薬剤師が多いと休みが取りやすくなります。また、急な早退などにも対処が可能になるでしょう。これは、薬局のヘルプ体制にも関わります。

育児中などで急なお休みや早退が発生しうる方は、この点を特に注視して求人を探してみて下さい。

✓ 職場の雰囲気
デメリットでもご紹介した通り、職場の雰囲気によっては働きにくさに直結してしまう場合もあります。メンバー同士のコミュニケーションなど、職場の雰囲気はしっかりと確認しておきたいポイントです。

しかしながら、職場の雰囲気は求人票には載っていません。入ってみるまでわからないのが大きな問題です。

「マイナビ薬剤師」は薬局と直接コネクションがあるため、職場の雰囲気を嘘偽りなくお伝えすることができます。

失敗のない転職活動を行うためには情報収集が鍵となります。利用は無料ですのでまずはご登録いただき、キャリアや転職の要望をお聞かせ下さい。

5. 院内薬局やドラッグストアからの転職で生かせること

院内薬局やドラッグストアで働いている薬剤師が調剤薬局に転職する場合、どんなことが生かせるのでしょうか?

ここまでご紹介してきた、調剤薬局の薬剤師が求められるスキルや経験をもとに、院内薬局・ドラッグストアからの転職のポイントをそれぞれ見ていきましょう。

5-1. 院内薬局から調剤薬局への転職

病院内の調剤部門で働く薬剤師が調剤薬局へ転職する場合、複数の医師や看護師、ほかの薬剤師と連携してチーム医療に貢献していたスキルや経験を生かすことができます。調剤薬局でもほかの薬剤師と連携して効率良く業務を回すことに役立つでしょう。

また、地域の診療所やクリニックに隣接した調剤薬局の場合は、医師とのコミュニケーションが求められることもあるため、院内薬局での経験を生かすことができます。

5-2. ドラッグストアから調剤薬局への転職

ドラッグストアにてOTC専任の薬剤師として勤務していた方の場合、顧客からの相談に応じた経験も豊富な方が多いのではないでしょうか。

コミュニケーションスキルや一般用医薬品に関する相談に応じた経験は、調剤薬局でも投薬業務で生かすことができます。また、従業員のマネジメント経験も、調剤薬局の業務に役立てられるでしょう。

6. 調剤薬局への転職でよくある「後悔の理由」

最後に、調剤薬局に転職したものの、後悔することになったケースについてご紹介していきます。良い点や考慮すべき点をふまえ、ご自身にあった転職ができるよう備えましょう。

後悔の理由その1. 年収面での後悔

特にドラッグストアなどから調剤薬局に転職した方などですと、調剤薬局に転職したことで年収が下がってしまうことは少なくありません。

また、調剤薬局は長く勤めたとしても年収が上がりづらいという特徴があります。役職に就かなければ、転職時の年収からほぼ横ばいであることも。

やりがいを重視して調剤薬局へ転職したものの、生活水準が下がることで後悔する方は少なくありません。

後悔の理由その2. 人間関係での後悔

調剤薬局はよほど大きな薬局でない限り、同じ場所、そして同じ人と仕事をこなす職業です。閉鎖されたコミュニティで人間関係がうまくいかなければ、毎日の仕事は苦痛になってしまいます。

また、一般的に女性の多い職場であるため、男女の人数比が偏ることに寄るギクシャク感も、場所によってはあるでしょう。

いくら待遇が良くても、人間関係が良くなければ長く勤めることはできません。新しい職場の環境が悪いことで、転職を後悔される方もいるようです。

7. 転職エージェントを利用して、失敗しない調剤薬局への転職を

調剤薬局への転職で最も大切なことは、ずばり調査力です。本稿でご紹介してきたポイントは、いずれも入念に企業研究・職場調査を行うことである程度回避できる問題です。

ただし、一人で転職活動をしているとどうしても得られる情報に限界があります。そこで利用したいのが転職エージェントです。

マイナビ薬剤師は、薬剤師領域の転職エージェントです。求職者様のお悩みをヒアリングして、最適な転職の提案をさせていただきます。

登録は無料ですので、情報収集のためとしても、ぜひご登録ください!

[もっと知りたい! 続けてお読みください]

あなたにおすすめの求人

5年連続ご利用者満足度No.1
ご登録で
うれしい
特典!
無料で登録する

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドに置ける調査
調査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)

薬剤師の転職ノウハウ

薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。
調査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)

お電話でのご登録はこちら

全国共通フリーダイヤル(通話無料)

0120-866-153

平日9:30~20:30 土曜9:30~17:30
※日曜・祝日を除く
携帯・PHSからもご利用になれます。