MS(マーケティング・スペシャリスト)とは?仕事内容やメリット、必要なスキルについて

MS(マーケティング・スペシャリスト)とは?仕事内容やメリット、必要なスキルについて

MS(マーケティング・スペシャリスト)とは、医薬品・医療機器などの製品を仕入れたり、製品に関する情報を医療機関などに販売・提供する職種です。

この記事ではMSの主な業務内容からMSとMRの違い、メリットやデメリットから必要なスキルまで徹底解説していきます。

1. MS(マーケティング・スペシャリスト)とはどのような職業か

MSは医薬品を扱う卸企業と病院や薬局などの医療機関との関係を担う職業ですが、単純に販売を行う営業職というよりも、「医薬品の価格や品質保持体制、供給の安定力、情報提供力などの医薬品卸のさまざまな機能を顧客に提供し、顧客から信頼を得て、医薬品を購入してもらうこと」を主な役割としておりマーケティングの要として働く人材を指します。

2. MSの主な業務内容

MS(マーケティング・スペシャリスト)は普段どういった業務を行っているのでしょうか?

ここではMSの主な業務内容をご紹介していきます。

2-1. 医薬品の販売活動

MSは医薬品や試薬機器など、医薬品卸企業が取り扱っているさまざまな商品の販売活動を行う営業職です。
医薬品の価格決定や交渉などを行うのもMSの仕事となっています。

MSの取り扱う医薬品には医療用医薬品や一般用医薬品があります。
医療用医薬品とは医師の処方せんに基づき調剤してもらい受け取る薬のことで、一般用医薬品は医師からの処方せんが不要でドラッグストアなどで購入可能な医薬品のことです。

医療用医薬品のほとんどが製薬企業から卸売会社を経由して医療機関や薬局へ流通し、残りは製薬企業から直接医療機関や薬局に流通します。

また一般用医薬品の約半数は製薬企業から卸売企業を経由して薬局やドラッグストアへ流通している状況です。

医療機関や薬局との価格販売を交渉する立場でもあるため原価や利益に関する知識も求められます。

2-2. 医薬品の情報収集、情報提供

MSはさまざまな製薬会社のMR(メディカルレプリゼンタティブ)から新薬などの情報を収集することも仕事の一つです。
また、集めた情報は、社内に蓄積している知見と合わせて医療機関や薬局などの取引先に公正な情報として提供します。

さらに医薬品を卸したあとは処方され実際に使用した医薬品の効果や副作用について医師や薬剤師からヒアリングを行い、MRへフィードバックします。

そのため各メーカーの商品特徴だけでなく、医療制度や疾患に関わる知識も必要となります。

2-3. 経営コンサルタントとしての一面

MRが実際に販売しているのは医薬品や試薬機器ですが、医薬品卸としての情報収集力や蓄積した情報の提供能力が取引先に求められることから、医薬品卸企業やMS自身が商品そのものであると言えます。

近年では医療機関や薬局などの取引先の経営環境も変わってきているため、医薬品に関する情報のみでなく、どの商品を採用することでコスト削減に繋がるといった医療経営に関するコンサルティングなども求められるようになってきています。

3. MSとMRの違い

患者の安全確保のために自社の医薬品の情報を医療従事者へ提供すること。

また、情報収集を行うことがMRの主な仕事です。MRには自社製品を普及させるために自社の医薬品に関する専門知識を有している必要があります。

一方、MSは医薬品卸企業の営業担当という違いがありますが、MSとMRは日頃から情報交換を行うパートナーです。ここではMSとMRの違いについてご紹介します。

3-1. 取り扱う商材の違い

医薬品卸に勤めているMSの場合、医薬品をはじめとして、医療に関わる試薬機器などのさまざまな商品を取り扱っています。

また、MRとは違いMSは医薬品の価格交渉権があります。

一方、製薬会社に勤めているMRの場合は自社の製品を扱っており、情報の「伝達」「収集」が主な役割としています。そのため医薬品の価格交渉などは行えません。

MRが価格交渉できない理由は、患者に適切な医療が提供できない可能性が出るためです。

例えば「自社の薬の値段をかなり低価格にするので処方頻度を増やしてください」とお願いした場合、治療効果を二の次として価格重視の治療となってしまうことが考えられます。

そのためMSには価格交渉権があり医療機関と製薬企業の仲介役として機能しています。

3-2. 必要な知識の違い

MSとMRは必要とされる知識が異なります。MSの場合、幅広い商品に加えて同じ品目であっても他社製品を比較し公平な選択を取引先へ提案するための個々の医薬品情報や特徴といった知識が必要になります。

一方、MRの場合は医療従事者に対して自社製品の有効性や安全性を説明する必要があるため、自社商品に関する専門的な知識が必要になるという違いがあります。

4. MSのメリットやデメリット

将来営業職でのキャリア形成を目指している方や医療に関わる仕事に就きたいと考えている方の中には、医薬品卸企業の営業担当者であるMSを視野に入れているという方もいるのではないでしょうか。

MSを目指すにあたり、仕事のメリットやデメリットについてもよく知っておくことが重要です。

4-1. メリット

取引先であるさまざまな医療機関を訪問して仕事を行うMSには、多くのメリットがあります。ここではまずMSのメリットを紹介します。

4.1.1. 訪問先の多さによる人脈の形成

MSはさまざまな医療機関を訪問するため、人脈を形成しやすいというメリットがあります。
医療品卸に勤めるMSにとって、大病院やクリニック、診療所、薬局などさまざまな医療機関が顧客となっています。

MSは普段の業務でもそういった多くの医療機関を訪問することになるため、自然と医療機関に勤めている医師などの医療従事者とコネクションを形成することができます。

4-1-2. 比較的高待遇

薬剤師の免許を持っているMSの場合、その分給料も優遇されるケースが多いです。
優遇される理由として、「医薬品全般を取り扱うから」「医療従事者とのコミュニケーションを図るから」が挙げられます。

また、薬学部をはじめとした医療系学部の人は重宝される傾向にあります。MSの基本的な給与も日本の平均年収よりも比較的高い水準となっています。

4-1-3. 開業支援など学習材料の多さ

MSには調剤薬局などの開業支援のノウハウを学べるというメリットもあります。

MSは取引先である病院や診療所、薬局などのさまざまな医療機関を訪問することになるため、薬局の開業支援のノウハウなども学ぶことができます。

例えば新しく薬局を開業する場合、まず取り扱う医薬品の選定がとても重要です。そのためには特定のエリア内の病院や診療所など医薬品を処方する医師情報などが必須となります。

また、卸によって医薬品の価格差があるため経営に影響すると言っても過言ではありません。
このことから将来的に調剤薬局などの開業を視野に入れている方の場合、開業に関わる機会も多いためノウハウを身につけることができます。

4-2. デメリット

MSはさまざまなメリットを持つ職業である反面、いくつかのデメリットもあります。
ここではMSの仕事のデメリットを紹介しますので、MSを目指す場合はメリットだけでなくデメリットについても把握しておきましょう。

4-2-1. 営業職としてノルマが存在する

営業職である以上、MSの仕事にはノルマがあります。取り扱っている医薬品や医療に関わる機器の販売数など、会社から設定された目標に対して、達成することが求められます。ノルマを達成しなければいけないというプレッシャーがかかる仕事だと言えるでしょう。

4-2-2. 勤務形態の不安定さ

MSは勤め先である医療品卸企業が持っている営業支店の間で異動するケースも多いです。また、人事異動で配属が変わることも多いことから、他の職業よりも頻繁に転勤や引っ越しが発生しやすい職業です。

そのため、勤務形態が不安定で一つの場所になかなか落ち着くことができない点はデメリットだと言えるでしょう。

5. MSになるためにスキルは必要?

次に、MSになるにはどのようなスキルが必要になるのでしょうか。

MSは日々さまざまな医療機関に営業活動を行うことになるため、セールストークのスキルやコミュニケーションスキルが必要になります。
また、医薬品や医療機器など、取り扱っている商品に関する広範囲な知識も重要となります。
そのため製薬企業のMRと密に情報交換を行い、数多くある医薬品情報を精査するスキルも必要となります。

5-1. 資格の有無

MSになるために特別な資格は必要ありません。

MSになるために必須の資格はなく、企業の定めた条件を満たすことができれば働くことができます。企業によりその内容は異なるため、事前に情報を収集しておくことが大切です。

また、MSの仕事は製薬会社から仕入れた薬品を販売することなので、薬品を取り扱うための資格を取得しておくと役立つでしょう。

また、MS認定者資格試験を取得しておけば、MSとしてのスキルを持っていることの証明になるためおすすめです。

5-2. MS認定資格制度

MS認定資格制度とはMSとしての情報提供に関するスキル向上を目的とした資格です。

一般社団法人日本ジェネリック医薬品販社協会が認定している資格で、情報提供のスキルアップやモチベーションの向上、ジェネリック医薬品の普及や、医療機関や調剤薬局がジェネリック医薬品の情報を得やすい環境づくりを目的としています。

受験資格は下記の通りです。

  • 所属企業に2年以上勤務実績があること。また、所属企業において代表取締役および役員が特別に推薦したとき。
  • 入社以来メーカー等による商品説明50時間以上完了の事。

となっております。MSとして働く際は一つの目標にしてみてはいかがでしょうか?

6. まとめ

MSは営業職としてのスキルや医療関係の幅広い知識が必要とされる職業です。

さまざまな医療に関する商品を取り扱い、多くの医師や医療従事者と人脈を築いていける魅力ある職業です。
しかし営業ノルマがあることや、転勤が多いというデメリットもあります。

そのため、メリット、デメリットの両方についてよく理解しておくことが重要と言えるでしょう。

薬剤師の職場のことに関するその他の記事

薬剤師の職場のことに関する記事一覧

※在庫状況により、キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます。ご了承ください。
※本ウェブサイトからご登録いただき、ご来社またはお電話にてキャリアアドバイザーと面談をさせていただいた方に限ります。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社(2021年7月)
「マイナビ薬剤師」は厚生労働大臣認可の転職支援サービス。完全無料にてご利用いただけます。
厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 080554