サイト内の現在位置

薬剤師がドラッグストアへ転職するためのスキルや薬局との違いは?

病院や調剤薬局にお勤めの薬剤師の方は、ドラッグストアに対してどのような印象をお持ちでしょうか? また、転職を考えた際の選択肢に入るでしょうか?

調剤がない、給料(時給)が高そう、忙しそう…。皆さん各々のイメージをお持ちだと思います。ただ、なんとなくのイメージで転職を敬遠している、なんてことはないでしょうか?

ドラッグストアは、人によっては大変フィットした職場になりえるのです。

今回の記事では、ドラッグストアの実態に迫りつつ、メリットや転職市場で人気の理由などをお伝えしていきます。

目次

1. ドラッグストアとはどういうもの?

まずはじめに、ドラッグストアについて、概要などおさらいしてみたいと思います。

ご存知のことも多いかと思いますので、不要な方は読み飛ばしていただいて結構です!

1-1.ドラッグストアの定義

ドラッグストアとは、医薬品や化粧品を中心に、健康・美容関連の商品や日用品、加工食品といった商品をセルフサービス方式で小売する事業所のことをいいます。

また、次の4つの基準を満たす店舗が、ドラッグストア業態と位置付けられています。

  • 店舗全体の50%以上がセルフ販売方式
  • 医薬品・化粧品・衛生用品・日用品を取り扱っている
  • 医薬品・化粧品の売上構成比が30%以上
  • 医薬品・化粧品を含んだ5つ以上の取扱いカテゴリーがある

1-2.ドラッグストアの特徴

ドラッグストアでは、一般用医薬品、健康食品、化粧品、日用品などの販売を行っているため、働く薬剤師の業務もほかの薬局や病院と大きく異なってきます。

また、既存のドラッグストアで調剤室を併設したり、在宅患者に対して介護用品や日用品も提供したりする店舗も増えています。さらに、資本力や店舗の広さを活用して無菌調剤設備を整備しているドラッグストアもあります。

ドラッグストアには処方箋を持たない方も普段から来訪するため、体組成計や簡易血糖測定器などを設置し、健康状態を知ってもらい管理栄養士や薬剤師が食事療法やサプリメントを提案する健康イベントもさかんに行われています。ドラッグストアにおける薬剤師の仕事は幅広くなっているといえるでしょう。

1-3.ドラッグストアと薬局の違いは?

ドラッグストアと薬局は、どちらも医薬品を患者さんや顧客に提供する店舗ですが、制度上は異なる業態とされています。そのため、扱える医薬品や業務内容などが異なります。

「薬局」は、医師の処方箋が必要な医療用医薬品を扱うことのできる唯一の施設です。

薬局には必ず薬剤師が常駐しており、調剤室を備えている必要があります。そのイメージから、一般には「調剤薬局」とも呼ばれることが多いですね。

また、ほとんどの薬局は保険証が使えるため、「保険薬局」とも呼ばれています。なお、薬局の開設には都道府県知事などから許可 を受ける必要があり、それ以外の施設が薬局を名乗ることはできません 。

薬局の基本的な機能は、患者さんの持ってきた処方箋に基づいて薬を調剤し、きちんと使用できるようにアドバイスすることです。

しかしそれだけでなく、全ての要指導医薬品や一般用医薬品も販売することができます。さらに近年は業界の変化を受けて薬局も多様化・多機能化しています。

一方、ドラッグストアは、制度上は「店舗販売業」に区分されます。薬剤師がいれば要指導医薬品や一般用医薬品を販売することはできますが、調剤室をもたず、医療用医薬品を扱うことはできません。

しかし近年では、「薬局」を併設するドラッグストアも多くなりました。その場合、「ドラッグストア○○店」の中に調剤薬局コーナーを別途設けるという形態にしていることが多いです。

1.4. ドラッグストアの役割・仕事内容

店舗によりますが、一般的にドラッグストアでの勤務は仕事内容が広範囲にわたります。

OTC医薬品の販売だけでなく、レジ打ちや商品補充、また、店舗によってはPOPの作成といった売場づくり業務も求められるでしょう。

加えて、長く勤めると商品の発注や店舗の管理などの店舗運営面にも関与していくようになる場合もあります。

他方で、ドラッグストアのみの店舗の場合は、調剤をする機会はありません。しかし、近年は調剤薬局と一緒になった調剤併設型のドラッグストアが急速に増えています。

ういった店舗では調剤も行うことになるため、業務量は一層増えることになるでしょう。

どちらかといえば、ドラッグストアは接客業に重きをおいた業務内容になります。自身の適性や耐性をふまえ、転職を検討するようにしましょう。

2. よく耳にする「かかりつけ薬局」とは?ドラッグストアも関係ある?

「かかりつけ薬局」とは、いつも利用する薬局のことです。患者さんが薬について悩むときはいつでも相談でき、どこの医療機関で処方箋をもらってきても常に対応してもらえることが期待されています。

厚生労働省は2015年、全ての薬局が今後の在り方として「かかりつけ薬局」を目指すべきだという方針を示しました 。

これは、医薬分業の結果として「門前薬局」が増え、患者さんがあちこちの薬局に処方箋を持ち込むようになり、薬の管理が難しくなった問題を踏まえたものです。

かかりつけ薬局であれば患者さんの服薬情報をまとめて把握し、日々の健康状態などにも配慮した薬学的管理ができるようになります。

また、地域に密着したかかりつけ薬局が増えれば、患者さんの健康相談や在宅医療への対応、24時間対応なども取り組みやすくなると期待されています。

かかりつけ薬局としての機能強化は、今後全ての薬局に求められる流れです。ドラッグストアであっても、調剤併設型の場合はかかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師として対応することは避けられなくなっていくと考えられます。

3. ドラッグストアで求められるスキル

ドラッグストアで働くにあたって、薬剤師は販売スタッフや医薬品の相談役など、調剤業務にとどまらず幅広いスキルや経験が求められます。

そういった転職先が求めていることを把握し、転職活動の際にアピールできるようにしましょう。ドラッグストアの薬剤師に求められるのは、主に次のようなことです。

スキル1. 小売業の販売スタッフである意識

ドラッグストアで働く薬剤師は、販売スタッフとして顧客からの相談に応じたり、医薬品だけでなく健康食品や日用品など数々のアイテムを把握し、在庫管理をしたりしなければなりません。

常に新しい医薬品についても情報を仕入れ、顧客に説明できるようにすることが求められます。

スキル2. 顧客のガイド役としてのコミュニケーションスキル

病院内の薬局や調剤薬局とは異なり、ドラッグストアの薬剤師は、処方箋に基づいた服薬サポートだけでなく、一般用医薬品やサプリメント、健康食品などさまざまな商品を顧客にすすめるガイド役となります。

顧客の症状や悩みを上手に聞き出し、適切な商品が提案できるコミュニケーションスキルが求められます。

スキル3. 独特のビジネスマナー

調剤業務だけでなく接客業的な一面もありますので、薬剤師の対応力が店舗の評判にも影響するといえます。

顧客に対してスマートな接客を行い、「また相談したい」と思ってもらえるように努めることが大切です。

また、ドラッグストアには、薬剤師のほかにも販売スタッフやビューティーアドバイザー、栄養士、アルバイトなど多様な職種の人々が働いています。

ほかの職種のスタッフとも上手に連携し、店舗の評判や売上に貢献する必要があります。

4. ドラッグストアで働くのに向いている人

ドラッグストアでの勤務は、同じ薬剤師であっても病院内薬局や調剤薬局での勤務とは業務内容や職場の雰囲気がかなり異なります。ドラッグストアに向いているのは、どのようなタイプの薬剤師なのでしょうか。

4.1. 医薬品の知識をもっと深めたい

ドラッグストアでは、さまざまな要指導医薬品や一般用医薬品、健康食品、サプリメントなどを扱っています。さらに調剤併設型であれば医療用医薬品も扱うことになります。

これらの選択肢の多さに加え、多種多様な健康の悩み、背景を持つ顧客がやってくることも特徴です。クリニックの門前薬局などであればよく出る薬は決まってくるものですが、ドラッグストアではそうもいきません。

医薬品はもちろん、サプリメントや健康食品などの周辺領域を含めて最新の製品情報をアップデートし、相互作用や禁忌などについて勉強を続けていく熱意が欠かせないといえるでしょう。

4.2. 地域医療に貢献したい

ドラッグストアで働く薬剤師は、顧客との距離が近いため、ちょっとした相談を受けることも少なくありません。

たとえば「病院に行くほどではないが不調を抱えている」「介護中の家族の体調が気になっている」など、小さな不安や悩みを抱えながらドラッグストアに来店する顧客は多く存在します。

薬剤師が顧客から上手く話を引き出し、主体的に提案をすることができれば、医療機関や薬局ではすくい上げることのできない地域のニーズに応えることができます。より地域に密着したドラッグストアという業態だからこそ、他ではできない細やかな相談応需が可能になるといえるでしょう。

4.3. 柔軟に対応できる

病院内薬局や調剤薬局に比べて、ドラッグストアでは業務範囲がかなり広くなります。

また、接客の比重が高くなり、若い人から高齢者まで、さらには健康意識の高い人から重い病気をかかえている人まで、さまざまな顧客に対応することも特徴です。

薬局であれば1人ひとりの患者さんに順番に対応してしっかりと話を聞き、それから調剤に集中することができます。

一方、ドラッグストアで売り場に立つ場合は、通常のレジ業務や品出しをこなしながら顧客に対応し、瞬時にその背景や知識レベルを見極めながら接客することが求められます。

さらに、その対応中に他の顧客から話しかけられて対応しなければならないシーンも考えられます。

こうした点から、ドラッグストア勤務では複数の業務を平行して処理し、要領よく対応していくスキルが求められているといえるでしょう。

5. ドラッグストア薬剤師へのよくある疑問

ドラッグストアで薬剤師として働こうと考えた際、給与や待遇など、気になるポイントがあるのではないでしょうか。ここでは、ドラッグストアで薬剤師として働くにあたってよくある疑問にお答えしていきます。

※記載しているのはあくまでも一般的な傾向です。店舗や、都道府県によっても大きく異なりますので、ご了承ください。

疑問1. ドラッグストアは給与(時給)が高い?

ドラッグストアは給与(時給)が高いとお思いの方が多いと思います。事実その傾向があります。平成30年賃金構造基本統計調査によると、50代までの薬剤師の平均年収は500万円強です。
※「所定内給与額」×12カ月+「年間賞与その他特別給与額」で算出

一方、ドラッグストアの年収は同様に500万円ほどが相場と言われています。

加えて、店長クラスになると600~700万円、更に上のマネージャーなど管理職ともなると、年収1000万の大台に乗ることも珍しくないようです。

ベースの給与が高いことは前提として、伸びしろもあります。病院や調剤薬局で働かれている薬剤師の方が転職によって年収を伸ばすことは、十分に可能と言えるでしょう。

疑問2. ドラッグストアはやっぱり忙しい?

ドラッグストアにはOTC医薬品の販売以外にも多くの業務があります。一例をおさらいすると、以下などです。

  • レジ打ち、商品補充等の販売業務
  • POP制作、売場づくりなどの販促業務
  • 発注や在庫管理などの経営補助

これらのことから、業務量として忙しいことは否定出来ないかと思います。

また、近年では深夜営業、24時間営業など、夜勤のシフトが発生する店舗も増えてきています。遅い時間に売り場に立つこともあるという点でも、体力的にきつい、イコール忙しいと考えられるかも知れません。

ただ、前述の通り給与の高さとトレードオフであることは間違いないでしょう。

疑問3. ドラッグストアにキャリアアップはあるの?

結論としては、キャリアアップはあります。給与の項目でもご紹介しましたが、役職によって年収が変わる可能性は大いにあります。

ドラッグストアで働く薬剤師は、販売員として接客や販促業務も担当することとなります。売り場での経験を積めば、副店長や店長などのポジションへのキャリアアップもできるでしょう。

管理職となれば、店舗運営やマネジメント業務なども任されるようになり、薬剤師でありながら多様なキャリアプランが期待できます

もちろん、本人の努力や実力に寄るところが大きいので、店舗の売上を伸ばすことにコミットし、結果を残さなければなりません。

ドラッグストアの求人に興味を持たれた方は来社登録でお仕事紹介を受けてみてはいかがでしょうか?

疑問4. 福利厚生は充実してる?

ドラッグストア業界では人手不足が続いているため、求職者にアピールできるよう、福利厚生を充実させている企業が多くなっています。
特に大手のドラッグストアチェーンでは競うように「福利厚生の充実」を謳っているので、気になる項目は要チェックです。

具体的には、社会保険などの完備は当然のこととして、特に女性の多い職場であるために産休育休や短時間勤務制度、介護休業などのサポートは整っている企業が多いです。

会員制福利厚生サービスを導入しており、保養施設やレジャー施設などをお得に使える企業もあります。

疑問5. 休みやシフトは調整しやすい?

ドラッグストアでは、土日祝も営業している店舗が多く、営業時間も長いため、必然的にシフト勤務で働くことになります。

特に大手は24時間365日営業の店舗がほとんどですから、深夜の勤務や年末年始の勤務もありえます。

ただし、もともと調剤薬局や病院内薬局に比べて1店舗あたりのスタッフ数が多いことと、近年では新卒採用などに力を入れて薬剤師の人数に余裕のある企業も増えていることから、実はシフト調整のしやすい店舗も少なくないようです。

また、特にパートの場合は、店舗によって最低勤務日数・時間などが異なるため、就職前にしっかり要望を伝えることが重要になるでしょう。

ほかにも、大手のドラッグストアチェーンの一部では、福利厚生の一環として、年に1~2回ほど連続して数日の休暇をとれるという制度を導入しているところもあります。旅行などに行きたい方は、こうした制度がある企業を選ぶとよいかもしれません。

6. ドラッグストアを転職先としてすすめる理由

忙しいというデメリットはあるものの、ドラッグストアは転職先として十分に検討できる業種だと考えられます。

給与が高いという点以外で、ドラッグストアをおすすめできる理由についてご紹介していきます。

理由1. 調剤以外の業務を担うことができる

レジ打ち、商品補充等の販売業務のほか、POP制作、売場づくりなどの販促業務もおこなうことができます。これは、病院や調剤薬局での勤務ではなかなか培うことのできない知見です。

たとえば、結婚を機にパートや派遣などに働き方を変える薬剤師の方がいたとします。その場合、シフト制で時給の高いドラッグストアが選択肢に入るかも知れません。

もとより経験があれば、転職したとしても多くのドラッグストアで歓迎されるはずです。もちろん、ドラッグストアに限ったことでなく、一般的な販売業でも重宝されることでしょう。

また、薬剤師という立場でお客様の相談にのることもあります。OTC医薬品とはいえ、服用中の薬との飲み合わせやお客様の希望などに応じて最適な提案が求められるのです。処方箋がないからこその難しさは、必ずあるでしょう。

このようにドラッグストアは、長い目で見ると汎用性の高いスキルを得られる職場だともいえるのです。

理由2. (大手は)研修制度などが充実している

大手のドラッグストアでは、研修の制度が充実しているというメリットがあります。

OTC医薬品についての専門知識を高める研修はもちろんのこと、コミュニケーションや接遇のスキルアップを目的とした研修を設けている企業もあります。

また、製薬メーカーの方を交えた新商品の勉強会が開催されることも。調剤併設型の店舗では、調剤に関する研修も充実しています。

大手のドラッグストアチェーンではこういった研修を一律で行っているケースも少なくありません。そのため、店舗によって教育水準に大きなムラがなく、堅実なスキルアップが望めるのです。

理由3. ドラッグストアは成長性のあるビジネス

セルフメディケーションの推進や、在宅医療へ力を注ぐドラッグストアが増えています。

また、調剤室併設型であれば処方箋に基づいて投薬ができるほか、顧客からの相談に応じてカウンセリングを行い、一般用医薬品やサプリメント、健康食品などをおすすめして日々の健康をサポートすることができます。

ドラッグストアの需要は今後も高く、成長が期待できるビジネスといえるでしょう。

7. 調剤薬局や病院内薬局からドラッグストアへの転職で注意すべきこと

調剤薬局や病院で働いていた薬剤師がドラッグストアへ転職する場合、どんなポイントに注意すべきなのでしょうか?

また、どんなスキルや経験をドラッグストアの業務で生かすことができるのでしょうか?

それぞれ見ていきましょう。

7-1. 調剤薬局からドラッグストアへの転職

調剤薬局からドラッグストアへ転職する場合は、やはり調剤室併設型のドラッグストアだと転職後も大きく貢献できるでしょう。

調剤業務やかかりつけ薬剤師としての経験をそのまま生かすことができますので、顧客とのコミュニケーションや服薬サポート面においても問題ないはずです。

また、ドラッグストアでは、調剤業務に加えてレジ打ちや品出し、商品の管理などの業務も任されることが多くなります。

導入研修が充実したところも多く、労働環境も改善されているためドラッグストアへ転身する方も増えています。制度や実態を把握して会社を選ぶことをおすすめします。

7-2. 病院からドラッグストアへの転職

病院で働く薬剤師は、周囲の薬剤師とだけではなく、医師や看護師をはじめとするさまざまな医療スタッフと連携して業務を行っていた経験があると思います。

ドラッグストアの薬剤師も、たとえば栄養士と連携して食事面のアドバイスや健康サポートを行うなど、他職種のスタッフとの連携が求められます。

そういったスタッフとうまくコミュニケーションをとり、業務を回していくスキルや経験が役立つといえるでしょう。

また、調剤薬局からドラッグストアへの転職と同様に、さまざまな商品を取り扱う販売員としての経験などに不安がある場合は、志望先選びの際によく検討してみることをおすすめします。

6. ドラッグストアへの転職を成功するには?

これまで、ドラッグストアの業務の特徴を説明してきました。

ドラックストアでは業務の幅が広いことから、さまざまな商品や販売業そのものに興味関心がある方が向いています。逆に、医薬品だけの知識を突き詰め、深めていきたい方は、病院や調剤薬局勤務の方が良いのかも知れません。

もちろんそれだけではなく、収入面などさまざまな理由からドラッグストアへの転職を検討されている方がいるかと思います。

ドラッグストアへの転職で最も大切なのは、企業、そして、店舗ごとの情報を入念に調査することです。転職の失敗の多くは、勤め先と転職者のミスマッチに起因しています。

思っていた業務と違う、想像していたより大変、やりたいことができたい、など。これは、企業とあなたの双方が不幸せになる不毛な転職です。特にドラッグストアのような業種では、想像と異なる部分が大いにあるのではないでしょうか。

そこで利用してもらいたいのがマイナビ薬剤師です。

マイナビ薬剤師は、人材紹介サービスの一つです。所属するキャリアコンサルタントが求職者様のお悩みをヒアリングし、最適な転職先を提案させていただきます。

また、キャリアコンサルタントは企業と直接関わりがあるため、求人票に載っていない職場の雰囲気などもお伝えすることができます。

新しい業種にチャレンジしようとしている方、また、前職の失敗を繰り返したくない方は、ぜひマイナビ薬剤師をご活用下さい!

[もっと知りたい! 続けてお読みください]

薬剤師の職場のことに関するその他の記事

薬剤師の職場のことに関する記事一覧

ご利用者満足度No.1
ご登録で
うれしい
特典!
無料で登録する

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。
調査委託先:楽天インサイト(2019年10月)

薬剤師の転職ノウハウ

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。
調査委託先:楽天インサイト(2019年10月)

お電話でのご登録はこちら

全国共通フリーダイヤル(通話無料)

0120-866-153

携帯・PHSからもご利用になれます。