かかりつけ薬剤師とは?要件や業務内容について解説

かかりつけ薬剤師とは?要件や業務内容について解説
医薬分業は、医師が診療に専念し、薬物療法については薬剤師が専門的な立場で管理することで、有効で安全な治療を提供することができる仕組みです。

しかし、患者さまが複数の医療機関を受診した場合、それぞれの門前薬局で調剤を受ける状況は、医薬分業における薬局の役割を果たせていないと考えられました。地域包括システムの構築が進む中、薬局には患者さまのニーズに合わせた専門的な機能が求められるようになりました。この薬局の機能や役割を果たすのが「かかりつけ薬剤師」です。かかりつけ薬剤師制度について解説します。

1. かかりつけ薬剤師とは

「かかりつけ薬剤師」は、薬物療法だけでなく、健康や介護に関することなどに豊富な知識と経験を持ち、適切な指導や患者さまの相談に応じることができる薬剤師のことをいいます。

患者さまのニーズに応えるために、かかりつけ薬局・薬剤師は、次の3つの機能を備えることが必要とされています。

1-1. 患者さまに対して専属の薬剤師がつく

かかりつけ薬剤師は、一人の患者さまに対し一人の専属の薬剤師が担当する制度です。

かかりつけ薬剤師は、担当する患者さまがおかかりのすべての医療機関の服薬情報を一元的かつ継続的に把握し、多剤や重複投薬の有無、相互作用の防止、副作用の発現などについて、適切な薬学的管理や指導を行う役割があります。

1-2. 薬局が閉まっている時間帯や在宅も対応

かかりつけ薬剤師は、薬局が閉まっている夜間や休日も24時間体制で、担当している患者さまの急な体調変化や薬の副作用、飲み間違い、服用のタイミングなど、さまざまな事柄に対して電話相談や必要があれば調剤などの対応を行うことが求められています。また、地域包括ケアの中で、在宅対応も求められる機能の一つです。

かかりつけ薬剤師の勤務する薬局では、24時間で対応できるような体制づくりが必要です。

1-3. 医療チームとの連携

かかりつけ薬剤師は、担当する患者さまの薬物療法に対し、服用前から服用後までの情報を管理することが求められます。処方内容を確認し、必要があれば処方医に問い合わせをしたり、服用後に患者さまから得た情報を医療機関や医療チームの他職種にフィードバックしたり、残薬調整など処方変更につなげることもあります。

また、薬物療法に関することだけでなく、健康全般の相談やほかの医療機関への受診をおすすめすることなどは重要な役割です。そのためには地域包括システムにおいて他職種と医療チームで連携し、患者さまをサポートする体制を整えておくことも役割の一つです。

参照元:厚生労働省/患者のための薬局ビジョン

2. かかりつけ薬剤師の業務内容

かかりつけ薬剤師の業務内容
患者さまに「かかりつけ薬剤師」をもってもらうことで、診療報酬上「かかりつけ薬剤師指導料」と「かかりつけ薬剤師包括管理料」という2つの薬学管理料を算定することができます

かかりつけ薬剤師包括管理料は、かかりつけ薬剤師が「地域包括診療加算1、2もしくは認知症地域包括診療加算1、2を算定している患者さま」に保険医と連携して服薬指導などをした場合に算定できるものです。この2つの薬学管理料を算定するための業務について説明します。

参照元:厚生労働省/診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(通知) 平成30年3月5日保医発0305第1号の別添3

2-1. 患者さまの同意を得ること

患者さまに、かかりつけ薬剤師が必要と判断した理由、業務内容、かかりつけ薬剤師をもつことの意義・役割、かかりつけ薬剤師指導料の費用などを説明し、同意書を提出してもらうことが必要です。

2-2. かかりつけ薬剤師の情報の開示

ほかの保険薬局や医療機関に対し、かかりつけ薬剤師の情報を伝えるためにお薬手帳に薬剤師名や勤務する薬局名などを記載します。また、患者さまにも、かかりつけ薬剤師をもっていることを伝えるように話しておきます。

2-3. 一元的かつ継続的な薬剤情報の管理

患者さまが受診している医療機関の情報を把握し、服用中の薬剤等について、一元的かつ継続的に管理します。患者さま一人につき1冊のお薬手帳に薬剤情報を集約することで、重複処方、多剤投与、相互作用、残薬調整、副作用の発現などについて早期に対処できるようになります。

また、処方薬だけでなく市販薬やサプリメント、嗜好品などについても情報を把握し、患者さまの健康を全般的にサポートします。

また、患者さまに検査値の結果を提供してもらい、服薬指導や生活指導などにつなげることも業務となります。

2-4. 患者さまの理解度に応じた服薬指導

患者さまの年齢や病態、日常生活レベル、ライフスタイル、家庭環境などの情報を含め、理解度に応じた服薬指導をおこないます。提供した服薬指導や患者さまから得た情報は薬剤服用歴に記載し、必要があればほかの薬剤師や地域連携の他職種とも情報共有ができるようにします。

2-5. 服用後のサポートと処方医へのフィードバック

服薬指導だけでなく、服用後の状況を電話などで伺い、必要があれば処方医へフィードバックし、処方変更や処方提案をおこないます。

2-6. 24時間体制での対応

患者さまからの相談や問い合わせなどに対し、かかりつけ薬剤師は24時間体制で応じます。そのために、かかりつけ薬剤師の連絡先を伝えておく必要があります。

ただし、令和2年の診療報酬改定により、あらかじめ患者に説明しているのであれば、やむを得ない事由以外でも、同じ薬局の別の薬剤師が対応することも可能となりました 。

参照元:厚生労働省/令和2年診療報酬改定の概要(調剤)

2-7. 継続的な薬剤の管理や整理

患者さまがお持ちの薬を、定期的に薬局に持参してもらったり、患者宅へ訪問したりして、実際に整理したり、整理する方法を指導します。飲み忘れや飲み間違いなどアドヒアランスの向上につなげる業務です。

3. かかりつけ薬剤師になるには

かかりつけ薬剤師指導料およびかかりつけ薬剤師包括管理料を算定するためには、薬局に、かかりつけ薬剤師としての要件を満たす保険薬剤師がいなければなりません。その要件について説明します。

3-1. 薬局勤務経験が3年以上

かかりつけ薬剤師になるには、保険薬剤師として3年以上の薬局勤務経験が必要となります。

また、病院薬局など保険医療機関の薬剤師としての勤務経験が1年以上ある場合は、1年を上限とし保険薬剤師としての勤務経験の期間に含めることができます。

3-2. 同一薬局に32時間以上勤務

かかりつけ薬剤師になるには、一つの薬局に1週間に32時間以上勤務していることが必要です。ただし、すでにかかりつけ薬剤師がいる薬局では、育児休業、介護休業、家族の介護などで勤務時間が短くなった場合には、育児・介護休業法の規定によって週 24 時間以上かつ週4日以上の勤務でも、かかりつけ薬剤師の要件に当てはまります。

3-3. 該当薬局に12ヵ月以上在籍している

かかりつけ薬剤師としての届出を提出する場合、該当する薬局に1年以上勤務している必要があります。

3-4. 認定薬剤師を取得している

かかりつけ薬剤師は、一定以上の専門的な薬物療法の知識や情報を有している必要があります。そのため、 薬剤師認定制度認証機構が認証している認定薬剤師制度等の認定薬剤師を取得している必要があります。

3-5. 医療に関わる地域活動の取り組みに参加している

地域包括システムにおける医療チームの一員として、薬剤師としての専門的な立場で積極的に在宅療養の患者さまのサポートを行っていることが必要です。

4. かかりつけ薬剤師制度の目的や今後の展望

2015年に厚生労働省が打ち出した「患者のための薬局ビジョン」において、薬局のあり方の変化が求められ、はじめて「かかりつけ薬剤師」という言葉が使われました。制度の目的と、今後かかりつけ薬局・薬剤師に期待されるものは何でしょうか。

4-1. 制度の目的

かかりつけ薬剤師制度の目的には3つの側面があります。

  1. 立地から機能へ 医薬分業の本質を全うする目的
    立地に依存した門前薬局から、患者さまがご自分のニーズに応じたかかりつけ薬局・薬剤師をもつことで、患者さまの薬剤情報を一つにまとめて把握し、重複投与や相互作用のチェック、残薬整理、24時間および在宅対応などの機能を提供できるようにすることが、かかりつけ薬剤師制度の目的の一つです。これは本来の医薬分業の目的でもあります。
  2. 対物から対人へ業務のシフトを図る目的
    薬剤師の業務は、薬品管理や調剤、投薬などその多くは対物業務でした。かかりつけ薬剤師をもつことで、専門性を生かした薬剤情報の提供や患者さまからの相談など、コミュニケーションを通じた対人業務へのシフトが目的です。
  3. 地域における医療チームに参画する目的
    地域包括システムにおいて、かかりつけ医を始めとした多職種やほかの施設と連携して地域包括ケアの一翼を担う存在となることが目的です。患者さまの薬物療法の情報共有や処方医へのフィードバック、処方提案など薬剤師の専門性を発揮する場となります。

4-2. かかりつけ薬局・薬剤師の今後の展望

令和2年の診療報酬改定において、かかりつけ薬剤師指導料は73点から76点へ、かかりつけ薬剤師包括管理料は281点から291点へと拡充されました。また、地域におけるかかりつけ薬局を評価する地域支援体制加算においても、かかりつけ薬剤師指導の実績が加味されるなど、ますますかかりつけ薬剤師の存在意義が高まっていることは明らかです。

2025年、団塊の世代が、要介護状態の方が多くなる85歳を迎えることや、一般的な外来受診がかかりつけ医になることから、すべての薬局にかかりつけ薬剤師が在籍するように進められています

平成31年の調査報告によると、全体としてかかりつけ薬局の機能充実による医薬分業は、電子版お薬手帳の導入をはじめ着実に進んでいるものの、在宅業務の実施や地域ケア会議等への参加、医師への患者情報等の提供については、今後の更なる取組が求められる状況です。
引き続き、かかりつけ薬剤師の必要性やメリットを患者さまに説明し、浸透させていくことが急務といえましょう。

参照元:厚生労働省/患者のための薬局ビジョン 概要

5. まとめ

かかりつけ薬剤師とは、患者さまにご自分のニーズに合わせた薬局を選んでもらい、患者さまと薬剤師が1対1の関係で、一元的かつ継続的に、服用前から服用後のフォローアップまで薬物療法を管理し、24時間体制で全般的な健康サポートと地域包括における医療連携を行う制度です。

本来の医薬分業の目的を果たすための制度でもあり、2025年にはすべての薬局がかかりつけ薬局の機能を有することが進められています。

かかりつけ薬剤師の届出を提出するには、勤務時間や研修認定の取得などの要件がありますが、今後の薬局・薬剤師のあり方を考えるうえで必要なスキルといえるでしょう。

[もっと知りたい! 続けてお読みください]

薬剤師の転職の準備に関するその他の記事

薬剤師の転職の準備に関する記事一覧

※在庫状況により、キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます。ご了承ください。
※本ウェブサイトからご登録いただき、ご来社またはお電話にてキャリアアドバイザーと面談をさせていただいた方に限ります。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。調査委託先:楽天インサイト(2019年10月)
「マイナビ薬剤師」は厚生労働大臣認可の転職支援サービス。完全無料にてご利用いただけます。
厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 080554