大分県の薬剤師求人・転職情報一覧

168件の薬剤師求人  ※非公開求人は除く

希望の求人が見つからない方へ
希望の求人が見つからない方へ
希望の求人が見つからない方へ
今ならご登録うれしい特典!

※在庫状況により、キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます。ご了承ください。
※本ウェブサイトからご登録いただき、ご来社またはお電話にてキャリアアドバイザーと面談をさせていただいた方に限ります。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社(2021年7月)
「マイナビ薬剤師」は厚生労働大臣認可の転職支援サービス。完全無料にてご利用いただけます。
厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 080554

「検索したけど見つからなかった…」という方は

あなたの希望条件に合う

理想の求人 をお探しします!

プロに おまかせ!

サイト上では公開していない求人(非公開求人)もあります。

「高年収かつ転勤なしの調剤薬局」「土日休み+平日休みの調剤薬局」といった人気求人の場合、「マイナビ薬剤師」に登録済みの方に優先的にご紹介してしまうこともあるためサイトには求人情報が掲載されないこともあります。

薬剤師のサイト「マイナビ薬剤師」では、希望通りの求人を無料でご紹介。大手だから安心!厚生労働大臣認可の転職支援サービスです。

大分県の薬剤師求人でよくあるご質問

  • Q1 マイナビ薬剤師に大分県の薬剤師求人はどのくらいありますか?


  • A1 大分県の薬剤師求人は168件あります。(2024年05月23日更新)

    また、サイト上に掲載されている求人とは別に、大分県で募集中の非公開求人も多数ございます。
    無料転職サポートにお申し込みいただければ、薬剤師専任のキャリアアドバイザーが、全ての求人からご希望条件に合う求人を提案させていただきます。

  • Q2 大分県で働く薬剤師の平均年収はいくらですか?


  • A2 大分県で働く薬剤師の平均年収は、571.8万円です。

    こちらは厚生労働省の賃金構造基本統計調査の数値をもとに、薬剤師(正社員のみ)の月平均給与41.05万円の12ヶ月分と年間ボーナス79.16万円を合計した金額となります。


  • Q4 大分県で働く薬剤師の平均年齢はいくつですか?


  • A4 大分県で働く薬剤師の平均年齢は、50.1歳です。

    こちらは厚生労働省の賃金構造基本統計調査によるもので、全国平均は41.1歳です。

  • Q5 大分県で働く薬剤師の平均勤務時間は月何時間ですか?


  • A5 大分県で働く薬剤師の平均の月間勤務時間は、169時間です。

    こちらは厚生労働省の賃金構造基本統計調査によるもので、全国平均は174時間です。

  • Q6 希望の条件の求人を紹介してもらうことはできますか?


  • A6 無料転職サポートにお申し込みいただくと、薬剤師専任のキャリアアドバイザーがあなたに合った求人をご紹介します。

    ご希望条件をヒアリングした上で求人をご提案いたしますので、情報収集や募集状況の確認としても、お気軽にご相談ください。

大分県専任キャリアアドバイザーの最新転職レポート

『大分』と言えば温泉を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

別府温泉や湯布院温泉など有名な温泉施設が多数あり、源泉数は日本一を誇ります。一方、人口10万人当たりの薬局数は50.54施設と医療機関が比較的充実している九州の中では少なめです。県内に薬科大学がないこともあり、慢性的に薬剤師が不足しています。

また、病院・調剤薬局・ドラッグストア問わず薬剤師が不足しているため、医療機関や求人の多い大分市でも比較的条件の良い求人が揃っています。さらに、都市部を外れた山間部エリアでは「年収700万円以上」「パート時給2,500円以上」といった高額求人も見られます。また、大分県には500床以上の大規模病院が少なく、比較的中小規模の病院が多いのが特徴です。それに伴い、門前薬局の人数体制も少なめとなっています。一方、大分県の定住率は高めで、薬剤師の平均勤続年数も10.2年と全国平均の8.5年を上回っています。そのため、アットホームな職場で長く勤めたい方には特におすすめのエリアです。

大分県の薬剤師 求人事情

2022年3月17日に厚生労働省が発表した「令和2年(2020年)医師・歯科医師・薬剤師調査」によると、大分県の薬剤師の総数は2,317人となっています。そのうち、薬局に従事する薬剤師は1,412人、医療施設は629人、医薬品関係企業は110人となっています。大分県の人口10万人に対する薬剤師数は206.2人であり、全国平均の255.2人を大幅に下回っています。

地域医療情報システムのデータによると、大分県の薬局数は568軒(2021年11月現在)で、人口10万人に対する薬局数は50.54軒(全国平均47.76軒)となっており、全国平均を上回っています。訪問薬局数は145軒で、人口10万人に対する訪問薬局数は12.90軒(全国平均16.52軒)と、こちらは全国平均を下回っています。

大分県が2018年から6ヵ年計画で策定している大分県医療計画には、在宅医療の項目で長期にわたる療養や介護を必要とする高齢者が増加しており、「治す医療」から「治し、地域で支える医療」への転換が求められていると述べられています。その中で薬剤師は、地域医療を支える人材として求められるため、県出身者のUIJターン支援、職能向上対策、他職種との連携支援等が考えられています。

大分県は、薬局数が充実しているものの、薬剤師が不足しているため、薬局の求人募集を探しやすいといえるでしょう。九州地方で転職をするなら、薬剤師が不足している大分県の薬剤師求人をチェックしてみてください。

大分県の薬剤師の平均給与

正社員の場合

41.05万円 年間ボーナス79.16万円

平均年齢50.1歳 月間労働時間169時間

データ出典元:政府統計の総合窓口 e-Stat 令和4年賃金構造基本統計調査
賃金構造基本統計調査/賃金構造基本統計調査/令和元年賃金構造基本統計調査/一般労働者/都道府県別より
※平均給与:上記資料、薬剤師の「きまって支給する現金給与額」※小数点第二位四捨五入
※年間ボーナス「年間賞与その他特別給与額」 ※小数点第二位四捨五入
※月間勤務時間:上記資料、薬剤師の「所定内実労働時間数」+「超過実労働時間数」にて算出

大分県の薬剤師平均給与についてもっと見る
この条件で再検索