サイト内の現在位置

薬剤師が人間関係に悩む理由と、転職で解決するための方法【職場別】


転職のきっかけとなった理由として、よく挙げられるのが「人間関係」への悩みや不満です。

薬剤師に限らず、人間関係は職場環境を左右する大きな要因ですが、薬剤師の職場ならではの風潮というものも少なからずあるでしょう。

人間関係に悩んで転職を考える人に向けて、より良い職場を探すためのコツをお伝えします。

薬剤師の代表的な3つの転職理由とは?

転職の理由は職種や人によってさまざまです。キャリアアップの場合を除き、現職において将来を左右する大きな悩みがあり、悩んだ末に転職という結論にたどり着くこともあるでしょう。

では、実際に、同じ薬剤師だからこそ共感できる転職理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

1.年収への不満

薬剤師に限らず、現在の年収に不満を持ち、転職を考えるケースがあります。しかし、年収が希望より低いからといって、だれしもが会社を辞める決断をするわけではありません。転職によって、年収アップが見込めるとは限らないからです。

しかし、薬剤師に限っていえば、都市部ではその数が充足してきているとはいえ、地方を含めると人材不足の地域も少なくありません。

そうした背景もあり、現在の年収に不満のある薬剤師は、転職による収入アップを考えるきっかけとなります。

2.労働環境への不満

残業の多さや休日の少なさ、異動や転勤、激務による体力的な問題など、現在の労働環境に不満を持ち転職を考えることもあるでしょう。

現在の薬剤師業界は、求人数は比較的多く、自分に合った労働環境の職場を探せる可能性もあり、他職種と比べると転職へのハードルは低いといえるでしょう。

現在の職場より少しでも良い条件の職場を選べるかもしれないという思いは、大きな転職理由のひとつとなります。

3.人間関係のストレス

一方で、年収や職場環境と異なり、多くの職業で転職のきっかけになり得る「人間関係」。

薬剤師の転職理由でも非常に多いのがこの「人間関係」の問題です。人間関係のストレスは精神的な要素が強く、他の転職理由として挙げられる物理的な原因のストレスとはまた違った性質のものだといえるでしょう。

【人間関係による転職は、転職エージェントへの相談をおすすめします!】

職場別「なぜ、薬剤師は人間関係に悩むのか?」

では、なぜ薬剤師は人間関係に悩みがちなのでしょうか。

もちろん人により理由はさまざまで、一概には言えませんが、職場によって共通するものとそうでないものがあります。職場別に見ていきましょう。

調剤薬局勤務の場合

調剤薬局は基本的に少人数の店舗が多く、限られた人間関係のなかで働くことが多いため、密度の濃い空間が形成されやすい環境です。合わない人とも関わらないわけにはいかず、一度人間関係に問題が生じると、改善するまでに時間がかかることも。

また、薬局内の職務スペースも狭く、長時間、空間を共有するのであればなおさら、ストレスのたまりやすい環境にあるといえるでしょう。

外来処方箋の枚数が多い薬局の場合、スピード感が重視されるなかで、ミスは許されないという張り詰めた空気がさらに追い打ちをかけ、調剤室内に殺伐とした空気が漂うといった状況も多く見受けられます。

病院勤務の場合

チーム医療で他職種との関わりがあり、人間関係も複雑になりがちです。

院内の薬局内だけで考えると限られた人数・狭い空間という点では調剤薬局と同様です。加えて、医師や看護師と接する機会が多いため、院内での立場関係によっては細かい気遣いが必要となり、気苦労が絶えないという一面もあります。

さらに病院勤務では、基本的に転勤や人事異動がなく、調剤薬局やドラッグストアのように異動や転勤による環境の変化が期待できない環境でもあります。

ドラッグストアの場合

ドラッグストアは特に接客業の要素が強く、スタッフ間だけでなく、お客様との関係に悩むケースもあります。

また、薬剤師以外のスタッフとの協調性も求められるため、さまざまなシーンにおいてコミュニケーション能力が問われます。アルバイトスタッフやパートスタッフとの間で、人間関係に悩むことがあるかもしれません。

人間関係の悩みを解消するためにできる4つのこと

人間関係の悩みというのは自分だけで解決できる場合もあれば、他者の介入によって解決に近づく場合もあります。誤解や勘違いが解消されたお酒の席で話してみると、実は話の合う人だったなど、悪化した人間関係がささいなことで修復するということも珍しくありません。

いずれにせよ、相手や環境が変わるのを待つのではなく、自らアクションを起こして人間関係の悩みを解決する方法を考えてみましょう。

1.上司に相談する

特定の先輩や同僚と関係が悪化している場合など、上司に相談するなどして業務における関わりが最小限になるような環境にしてもらうのも、一つの手段です。根本的な解決とはいえませんが、ストレス軽減の糸口となります。

2.同僚に相談する

自分だけではうまく関係が修復できない場合、同僚に協力してもらうのもよいでしょう。間に立ってもらい緩衝材の役目をしてもらうことで、話しやすい環境を作り、少しずつ関係を修復していきましょう。

3.相手に興味をもつ

人によっては、どうしても馬が合わないという相手もあることでしょう。しかし、一方的な苦手意識があると、自然と相手にも伝わってしまいます。

相手の良いところを探してみたり、相手と職場以外の場で話してみたりすることで、お互いを良く知る機会が得られます。苦手意識をなくし自分から距離を近付けることで、関係に変化が見られることもあるでしょう。

4.異動や転勤願いを出してみる

思いつく限りの方法を試してみても、どうしても関係が修復できない、環境が変えられないといった状況で、ストレスを抱えて働き続けるのは大変な苦痛です。ストレスがあっても、それを上回るメリットがあるのであれば、そのまま働き続けるというのも選択肢のひとつでしょう。

しかし、つらい状態が続くのであれば、異動や転勤の希望を出すという方法もあります。移動も転勤もできない職場なのであれば思い切って転職し、リセットするというのも一つの手ではないでしょうか。

しかし、これらのことを実践しても、職場によっては人間関係が一向に改善されないこともあるでしょう。そんなときは、素直に転職をすることも、正しい選択肢の1つです。大切なのは、体や心に負担のない環境で、永く働くことなのです。

人間関係を理由に転職活動する場合の注意点

転職を決意する理由が人間関係である場合、精神的に疲れ切った状態で転職活動を始めてしまう可能性があるので注意が必要です。

現在の環境から早く逃げ出したいという気持ちから「ここでなければどこでもいい」といった心理状態で活動すると、冷静な判断ができなくなってしまいます。

また、面接で転職理由を問われたときに、素直に人間関係の問題を伝えてしまうと、場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。

より良い印象を与えるためにも、人間関係以外の転職理由を考えておくとよいでしょう。

転職先で同じ悩みに陥らないために

しかしながら、「人間関係」という情報は、求人情報だけでは把握することができません。「アットホームな職場」「和気あいあいとした仲のいい職場」などと書かれていても、実際の内部情報は見えてこないからです。

転職したけれど、結局同じような人間関係の悩みが出てしまった……とならないためにも、事前の情報収集は徹底的に行う必要があります。

たとえば、同じ法人だとしても、店舗の雰囲気は場所ごとに異なるでしょう。また、実際に職場に行ったら求人情報に書かれていた雰囲気と大きく乖離していた、などということも、残念ながらありえる話です。

人間関係の悩みを繰り返さないためにも、ぜひマイナビ薬剤師をご活用いただければと思います!

マイナビ薬剤師は、採用担当者だけでなく、現場のスタッフからも情報収集を行っているため、職場の雰囲気や現場の状況、もっとも知りたいであろう人間関係についても、詳しくリサーチすることが可能です。

はじめての転職活動から複数回の転職活動まで、あなたのキャリアプランに寄り添って転職をサポートさせていただきますので、まずは無料のキャリアカウンセリングだけでもご利用下さい。

あなたにおすすめの求人

5年連続ご利用者満足度No.1
ご登録で
うれしい
特典!
無料で登録する

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドに置ける調査
調査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)

薬剤師の転職ノウハウ

薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。
調査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)

お電話でのご登録はこちら

全国共通フリーダイヤル(通話無料)

0120-866-153

平日9:30~20:30 土曜9:30~17:30
※日曜・祝日を除く
携帯・PHSからもご利用になれます。