サイト内の現在位置

残業の少ない薬剤師の職場を見つける方法

薬剤師 残業

医療関係の職業の中で、医師に次いで残業時間が多いことで知られる薬剤師。「残業は避けて通れない」「残業は避けて通れない」と思いながら働いている薬剤師の方も多いでしょう。

しかし、残業についてきちんと確認し、現状の問題点を改善できれば、仕事だけではなくプライベートも充実したものになります。

ここでは残業時間や残業代の相場、また、残業対策や残業が少ない職場の探し方などもご紹介します。

1. 薬剤師の残業時間は看護師の倍!?

厚生労働省の調査によると、薬剤師の残業時間に相当する超過実労働時間は11~14時間となっています。

医師の残業時間(15~17時間)ほどは長くありませんが、看護師(6〜7時間)と比べると、薬剤師は倍近くも残業時間が長くなっています。この残業時間は、職場の規模が大きくなるほど増える傾向がみられます。

1000人以上の大企業になると約14~16時間程と、もはや医師と変わらないくらいの残業時間となり、忙しい勤務状況といえるでしょう。

2. 薬剤師が働く職場で残業が多いところは?

どの業種もそうですが、薬剤師も職場によって残業の有無、残業時間の量が異なります。まずは、残業が多いといわれる薬剤師職を確認してみましょう。

2.1. MR(製薬会社)の残業の多さはトップクラス

MRは薬剤師の職場の中で、とくに残業が多いといわれています。

新薬などの説明を医師にする場合、医師が仕事を終える夕方以降に業務を行うことも少なくありません。その結果、時間が遅くなり残業することになります。

また、薬を扱う仕事のため医師とのコミュニケーションも大切になってきます。人によっては、通常業務とは関係のない時間帯に医師とのコミュニケーションを図るために「サービス残業をせざるを得ない…」というケースもあるようです。

それ以外にも、病院薬剤師・調剤薬局の薬剤師への自社製品の紹介や勉強会などが夜に行われることが少なくありません。その上、説明会用の資料の作成もMRが行います。

MR自身の知識習得のための勉強会や会議なども通常の業務後に行われることも多いため、やりがいがある職種ではあるものの残業が多くなってしまいがちな職種といえるでしょう。

2.2. 病院薬剤師は病棟業務で大忙し

外来患者への調剤は、院外処方せんの対応もあって減少しましたが、その分、院内処方せんだけでなく、病棟業務が増えました。入院患者の薬剤管理や服薬指導など、病棟薬剤業務実施加算に相当する業務をこなさなければなりません。

また、大規模の病院であれば、医師や看護師などの他職種で組むチーム医療に参加することもありますし、会議に出席することもあります。加えて、医師の要請を受けて患者に対して行う高カロリー輸液の精製業務など、調剤業務以外の業務もたくさんあります。そのため、薬局に戻ったときには、すでに終業時を過ぎていたということも少なくありません。

終業時間内に業務が終わることももちろんありますが、病院薬剤師もあらゆる業務に追われ、いつも終業時までに業務を終わらせるのは至難の業といえます。

2.3. ドラッグストア勤務は調剤・販売のみならず

薬剤師のハードな職場の代表であるドラッグストア勤務は、薬剤師が店長を任せられることが多く、調剤(調剤併設型ドラッグストアであれば)やOTCの販売など、薬剤師としての業務だけに専念するわけではありません。

ドラッグストアは医薬品だけでなく食料品、日用品、雑貨なども扱うため、店長としてそれらの商品知識も必要となってきます。

また、店に残って勉強をしたり、店員の指導や雇用にも気を配らなければいけません。その他、薬剤師としての業務は終わっても季節商品の入れ替え、業者への対応、他店舗との価格戦争に打ち勝つための会議を開くなどといった、薬剤師以外の店長の仕事が山積みということも少なくないでしょう。

また、薬剤師の業務も終了できずに店長としての仕事を優先しなければいけないこともあり、残業が日常化する傾向にあるようです。

3. 薬剤師が働く職場で残業が少ないところは?

理想は残業がない職場ですが、薬剤師の仕事は忙しく、なかなかそうもいきません。そこで薬剤師の残業が少ないといわれる職場についてご紹介します。

3.1. 医薬品卸は残業がゼロに近く、人気の職場

薬剤師が働く職場の中で、医薬品卸は残業の少なさがトップクラスで、人気の高い職場です。ただし、薬剤師の求人はそれほど多くありません。

医薬品卸の薬剤師は、調剤もなければ営業もありません。社内の薬品の在庫や品質の管理が主な仕事です。

また、MSを介して得意先の病院や薬局に対する医薬品の情報提供や、得意先からの専門的な問い合わせの対応などもします。

このような一連の業務は終業時間内に行われる場合がほとんどです。
子育てや家事との両立に苦労しているママ薬剤師には理想的な職場といえます。

3.2. 企業内勤務は残業しない薬剤師が有能!?

企業内で働く場合は研究、品質管理、法的業務(薬機法書類の作成など)のような業務に携わりますが、ほとんど残業になることはありません。

むしろ、最近の風潮として残業は「仕事を時間内に終わらせる能力がない」と評価されてしまうケースも少なくありません。そうした職場の文化があるため、企業で働く薬剤師の残業は他の薬剤師職と比べると少ないといえます。

しかし、薬剤師というより化学者としての高いクオリティーを求められるため、ハイレベルな薬剤師を求める職場といえるでしょう。残業が少ないということだけで企業に就職、転職を考えるのではなく、よく考えた上で決める必要があります。

3.3. 残業の少ない派遣薬剤師で自由に生きる

ママ薬剤師、あるいはプライベートを優先したい薬剤師には残業がない、または残業があってもわずかな時間で済みそうな派遣薬剤師という職務スタイルもあります。派遣会社と派遣先の調剤薬局との契約がしっかりできていれば、よほどのことがない限り、契約内容と違う職務を求められることはありません。

何かと忙しいママ薬剤師や終業後の過ごし方にこだわりがある場合は、派遣薬剤師という職種は理想的といえるかもしれません。

4. 残業が多い!どうしたらいい?現況打開策

残業が多かったり、残業代が出ずに悩む薬剤師の方も多いでしょう。

中には、「そんな環境を改善するためにどうすればいいのか」「現状の職場に対してどういうアピールをすれば状況が改善されるのか分からない…」という方もいるはずです。

「納得できないままの残業はしたくない…」そんな残業にまつわる対策をご紹介します。

4.1. 薬剤師の人材不足で残業が多くなることをアピール

1人の薬剤師が調剤できる処方せんの枚数は40枚/日と決められています。

しかし、「処方せんの枚数が多いから忙しい、枚数が少ないから楽」というわけではないのです。薬剤師の忙しさは処方せんの枚数とは関係がないことが多く、これは調剤の経験を積めば積むほどわかってきます。

たとえば、枚数が少なくても下記のような状況になると、業務はかなり忙しくなります。

  • 予製剤のない散薬がある処方せんが多いとき
  • 医師に疑義照会しなければいけない処方せんが多いとき
  • 処方せんに在庫のない薬がいくつも見つかったとき
  • 患者の服薬指導に時間がかかったとき
  • 長話をする患者の対応に追われたとき…など

上記のような事例が一日のうちにいくつも重なることは珍しくなく、業務時間外に薬歴を書くケースも少なくありません。こんな日は、処方せんが少なくても最低限の薬剤師の人数でやりきるのは至難の業といえます。

経営者が薬剤師職を経験していれば理解してもらえるかもしれませんが、薬剤師でなかった場合「処方せん枚数と薬剤師の人数は法的に見合っている」と考え、本当の忙しさが伝わっていない可能性があります。そのため「本当の忙しさ」をデータなどでわかりやすく説明して、人材不足をアピールしてみることをおすすめします。

それでも理解されない、改善されないのであれば次の解決策にいきましょう。

4.2. 就業規則の適正化や見直しを提案してみる

薬剤師人材不足の放置は、いずれ調剤ミスという取り返しのつかない非常事態を発生させる大きな要因となります。また、かかりつけ薬局であれば、そこが正常に機能できなくなってしまうかもしれません。

大事が起きる前に、薬剤師のほうから就業規則の適正化や見直しを求めましょう。それでも就業規則の適正がされない場合には、職場を変える時期なのかもしれません。

4.3. 改善されない職場からは転職も検討すべき

職場を変えるというのは、勇気や思い切りが必要です。しかし、就業状態がいつまでも改善されないようであれば、転職も考えるべきでしょう。

職場を変える決心がついて新しい職場探しをすることになったとき、気になるのが残業時間の長さや支払われる残業代の状況です。
いくら残業したくないと思っても、場合によってはしなくてはいけないときもあるはずです。
そのときのためにも、きちんと残業代の相場を知り、新しい職場で実際に支払ってもらえる残業代はいくらになるかなどの確認もしておく必要があります。

そこで、企業の外側からではなかなかわかりづらい転職先の残業の状況を知るために「マイナビ薬剤師」を活用することをおすすめします。
マイナビ薬剤師に登録すると、転職支援の経験が豊富なキャリアアドバイザーにさまざまな相談をすることができるだけでなく、一人ひとりにあったアドバイスをさせていただきます。

例えば、自分だけでは調べることが難しい転職先の労働条件や就業形態などを問い合わせることもできるため、自分に合った残業の少ない転職先を効率よく見つけることがでます。

5. 相場を知ろう!薬剤師の職場の残業代

薬剤師は仕事が多く、残業をしている方も少なくありません。しかし、「役職手当は出ても残業代は支払われない」という職場もあります。

私たちの労働時間の限度は40時間/週と労働基準法で定められていて、残業はこの法で定められた労働時間以上の業務時間を指します。(参考:厚生労働省

そのため、雇用者は通常賃金に25%上乗せされた金額を残業代として労働者に支払われなければいけません。(参考:厚生労働省

例えば、時給が2000円であれば[2000円×1.25=2500円]となるので、残業時間が1時間の場合は2500円、30分なら半分の1250円、2時間なら倍の5000円となります。

このように相場を知った上で残業代の交渉を行い、自分の理想の就業スタイルに近づけていきましょう。

6. 残業が少ない薬剤師の職場を探したい!どんな方法がある?

継続的に薬剤師として働ける環境を獲得するには、労務環境の把握は重要です。
ここでは、残業が少ない薬剤師の職場の探し方についてご紹介します。

6.1. 仕事仲間から新しい情報を入手する

仕事仲間、大学の同窓生などさまざまな人脈を駆使して転職先を探すのも一つの方法です。

自分の行きたい職場に勤めている友人、あるいは過去にその職場で働いたことがある薬剤師などを見つけて相談できれば、非常に貴重な情報を入手できます。

ただ、自分の要望について相談できる薬剤師を見つけられるか、また、忙しい現役薬剤師に自分が満足いくまで相談できるかが挙げられるでしょう。

6.2. 勇気を出して目当ての職場を見学

働きたい職場がすでにあれば、直接見学させてもらうのが一番いいでしょう。自分に合った職場かどうかを知るには一番確かな方法です。

ただ、その職場が開局している時間帯は自分も働いている時間でもあります。見学のための欠勤・早退などは現実的に難しくこともあるでしょう。

ましてや、見学してみたい職場が3~4ヶ所もあれば、なおさら現実的ではないはずです。退職後であれば、好きなタイミングで見学して回れますが、見学した職場が自分の要望に合っているかどうかはわかりません。やはり今の職場を確保しながらの転職活動が理想的といえるでしょう。

6.3. 残業が少ない職場を「マイナビ薬剤師」で探そう

転職サイト「マイナビ薬剤師」に登録すると、転職活動支援の経験が豊富なキャリアアドバイザーのサポートを受けながら効率よく探すことが可能です。働きたい転職先への主な交渉はキャリアアドバイザーが代行いたします。そのため、仕事を休むことなく転職活動を続けることができます。忙しい薬剤師に代わって、ベテランのキャリアアドバイザーが薬剤師の要望を転職先に的確に伝え、年収・残業などの労働条件や就業形態などを調査します。

そして、転職先の情報と登録者のさまざまな条件や希望の優先順位を整理し、あなたの希望を叶えられる転職先を提案させていただきます。現職と並行しながらのスムーズな職場探しには、ぜひマイナビ薬剤師をご活用下さい。

7.残業の少ない職場を見つけて自分らしく働こう!

残業と一口にいっても、そこに含まれているものは「みなし残業」などの言葉があるように、とても複雑です。

しかし、自分から行動していけば、現況を打開することも可能なのです。現在の職場で残業を少なくする対策を試みる、あるいは残業が少ない職場への転職などの選択肢が考えられます。残業が少ない職場選び……それは単に楽をするためだけではなく、明日へのエネルギーのため、また、薬剤師というすばらしい仕事を続けていくための手段です。諦めず行動していけば、あなたに合った職場がきっと見つかるでしょう。

[もっと知りたい! 続けてお読みください]

薬剤師の転職の準備に関するその他の記事

薬剤師の転職の準備に関する記事一覧

あなたにおすすめの求人

ご利用者満足度No.1
ご登録で
うれしい
特典!
無料で登録する

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。
調査委託先:楽天インサイト(2019年10月)

薬剤師の転職ノウハウ

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。
調査委託先:楽天インサイト(2019年10月)

お電話でのご登録はこちら

全国共通フリーダイヤル(通話無料)

0120-866-153

携帯・PHSからもご利用になれます。