サイト内の現在位置

薬剤師の転職成功までの流れを徹底解説|活動期間はおそよ1,2ヶ月

目標に向かって行動を起こすにしても、全体の流れがわからなければ迷ってしまうもの。それは、薬剤師の転職活動においても、例外ではありません。薬剤師が転職活動を行ううえでの流れについてまとめました。

転職活動の前に、まずは1度立ち止まって考えてみよう

何らかのきっかけで転職を決意したとしても、実際の転職活動を開始する前に、一度立ち止まって考える時間を設けてみましょう。「なぜ転職するのか」、「転職してどうなりたいのか」が曖昧なままでは、今後の転職先を探す際にも迷子になってしまいます。

自分自身の気持ちや考えを整理し、転職を行う目的や理由を明確にしたうえで、転職活動をスタートさせましょう。

転職までの具体的な流れ

気持ちの整理がついたところで、実際に転職活動を行う際の流れを確認してみましょう。おおまかな流れとして6つのステップに分けられます。

STEP1:情報を収集する

まずは、薬剤師が転職できる職場にはどんな種類があるのか、どのような勤務条件になっているのかを詳しく調べてみましょう。

転職を希望する業種が明確に決まっている場合には、同じ分野で働いている友人や知人から情報を集めると、より詳しい内容が入手できることでしょう。また、内部情報が得られない場合には、希望する職場を実際に見に行くのもおすすめです。

転職を希望する業種が決まっていないのであれば、求める勤務条件を書き出したうえで、それぞれの分野を比較し、転職先の候補を絞り込みましょう。

STEP2:求人情報を探す

ある程度の候補先が決まったら、今度は具体的な求人情報を探すことになります。転職したい職場がはっきりしているのであれば、ホームページを確認したり直接電話をしたりしながら、求人があるかを確認してみましょう。

関連する業種や職場に知人が勤務しているのであれば、人脈に頼って応募のきっかけを得ることもあります。自分自身で転職先を探すのであれば、ハローワークに登録したり、折り込み広告や求人サイトを確認したりしながら、求人情報を集めます。

希望するエリアでの求人情報が少なかったり、実際の勤務条件がわかりづらかったりするのであれば、転職エージェントに相談するという方法もあります。

より良い求人先を探すためにも、いくつかの方法を試してみましょう。

STEP3:応募書類の作成から応募まで

応募先が決まったら、いよいよ応募書類の作成です。期限直前に慌てて作成するのではなく、前もって丁寧に作成するようにしましょう。志望動機や自己PRなど、細部まで気を配りながら作成することが大切です。 とは言え、応募書類の作成に時間をかけすぎてしまうと、応募期間が終了する可能性があります。

募集期限内であっても、募集人数が集まった時点で、打ち切られる場合もあります。できるだけ早いうちに応募手続きを済ませましょう。

STEP4:面接

面接の回数は業種や企業によって異なりますが、薬局やドラッグストアであれば1回の面接で採用の可否が決定することがほとんどです。病院や企業であれば複数回の面接を受けることもあり、転職活動期間が長引くこともあります。

簡単な試験を受けなくてはならない場合もあるので、面接の内容をしっかりとチェックし、事前の対策を行いましょう。また、面接時には身だしなみにも気を付けて、約束の時間に遅れないよう、余裕を持って臨みましょう。

STEP5:内定

業種によっては、面接後にその場で採用が決定することもありますが、ほとんどの場合では後日何らかの方法で連絡があります。不合格の場合には連絡をしないという企業もあるので、連絡の期限をしっかりと確認するようにしましょう。

STEP6:退職交渉、手続き

新しい職場から内定が出れば、現在の職場に対して、少しでも早い段階で退職交渉を行う必要があるでしょう。その場合、「退職願」と「退職届」の使い分けが重要となります。

「退職願」は退職をしたい意向があるという意思表示であり、双方で相談して退職日を決定します。すり合わせがうまくいけば円満に退職することができますが、条件を見直して慰留する余地があると取られる場合もあり、新しい職場が決定しているのであれば「退職届」として提出することで、トラブルを減らすことができます。

「退職届」は退職をするという明確な意思表示であり、退職に当たっての手続きや対応をお願いしますという届け出です。すでに内定を取っている以上、新たに勤務する日程も決まっているはず。トラブル回避のためにも、「退職届」を提出する方が良いでしょう。

事前準備は、転職を考えたころからスタートさせるべき

転職活動は、事前準備が肝心です。少しでも転職の可能性を考えるのであれば、できるだけ早い段階で準備を進めたいところ。事前準備は転職を考えたことからスタートするのがおすすめです。

転職をするにしろ、しないにしろ、準備ができていれば、いざというときに落ち着いて転職先を探せることでしょう。

活動期間はおよそ1~2ヵ月を目安に

転職活動期間は、2ヵ月前後を目安にして行うのがおすすめです。長引けば長引くほど、転職へのやる気が下がり、結果的に満足のいく結果から遠のいてしまいます。準備をしっかりと行っていれば、1ヵ月未満で転職を成功させることも可能です。

とは言え、普段の仕事を続けながらの転職活動は、なかなか大変。転職への不安を解消する第一歩として、転職エージェントの利用がおすすめです。より早く、確実に転職をしたいと考えるなら、薬剤師転職のエキスパートである「マイナビ薬剤師」にご相談ください。

転職のノウハウはもちろんのこと、数多くの求人から、あなたに合った職場を一緒に見つけてくれます。

[もっと知りたい! 続けてお読みください]

あなたにおすすめの求人

5年連続ご利用者満足度No.1
ご登録で
うれしい
特典!
無料で登録する

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドに置ける調査
調査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)

薬剤師の転職ノウハウ

薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。
調査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)

お電話でのご登録はこちら

全国共通フリーダイヤル(通話無料)

0120-866-153

平日9:30~20:30 土曜9:30~17:30
※日曜・祝日を除く
携帯・PHSからもご利用になれます。