転職を考える薬剤師として押さえておきたい人気の「条件」とは?

薬剤師が転職するにあたって、必ずやっておきたいポイントのひとつに「希望条件を絞る」という作業があります。

収入や休日、勤務地など、条件面であれもこれもと欲張っていると、本来求めていた転職の目的があやふやになり、転職後に後悔することになりかねません。

条件を絞ることは、自分の転職理由を明確にすること。重視したい転職条件を明確にし、自分が転職によって何を得たいと思っているのかを考えてみましょう。

1. 薬剤師が転職の際に重視する条件とは

転職準備を進めるうえで、多くの場合、希望する勤務条件に合致した候補先を探すことになります。

仕事内容はもちろんのこと、給与水準や転勤の有無、勤務時間帯や休日の設定など、細かな条件をチェックすることでしょう。人によっては、キャリアアップを目指したい、福利厚生の充実したところが良いといった希望も考えられます。

2. 性別によっても、転職において重視する条件は異なる

転職時に優先される条件は、性別やそのときのライフステージによっても変わります。

女性の比率が高い薬剤師業界ですが、女性は結婚や妊娠、出産なども転職のきっかけとなります。

2-1. 女性であれば勤務時間や福利厚生、転勤がないことも優先したい条件

出産や育児といったライフステージを迎える場合、保育園の送り迎えや家事、買い物などがしやすい勤務時間や勤務地を優先する人も多いことでしょう。

また、将来に備えて、産休育休や時短勤務などの制度が確保されていることも大切です。

2-2. 男性薬剤師は年収アップやキャリアアップを重視

男性の多くは、家計を主として担っていることから、年収を重視した転職を考える傾向にあります。昇給や役職へのランクアップなど、今後のキャリアプランが考えられる条件を絞ると良いでしょう。

管理薬剤師やエリアマネージャー、本部スタッフや役員などへのステップアップを含めた条件まで確認しておきたいところです。

2-3. 将来をみすえた条件の絞り込みが大切

転職先に求める勤務条件が複数ある場合、全てが一致する求人を探すのは難しいもの。条件の整った転職候補を探すうちに、転職のタイミングを逃すこともあるでしょう。

転職をスムーズに行うためにも、条件を絞り込む際には、優先順位をつける必要があります。大切なのは、「将来どうなりたいか」を考えて条件を絞り込むこと。

現在の職場に対する不満を解消できたとしても、長期的な視点で見ると考えていたキャリアプランから外れてしまうかもしれません。自身の将来像に見合った勤務条件になっているのかを確認してみましょう。

マイナビ薬剤師

将来を見据えた転職先選び

具体的な方法としては、まず検討したい条件を書き出して、その中から自分が一番大切にしたいもの、譲れないものはなにか?という視点で優先順位をつけていくと見えてきやすくなりますよ。

3. 気になる「給与」の条件はどう考える?

転職に至る理由は人それぞれですが、できれば年収アップも実現したいと考える方も多いのではないでしょうか。

例えば、転職の第一優先条件に、扶養家族がいる、住宅ローンがある、子どもの教育費を貯めたいといった具体的な理由がある場合。仕事の内容や勤務地よりも、まずは年収アップとなる転職先を探すのであれば、条件は明確に絞られることでしょう。

とは言え、もともとは別の理由で転職を考えた場合でも、年収は高いほうが良いと思うのは当然のこと。給与水準を条件に加える場合には、提示された基本給だけでなく、将来的な昇給の面も考慮しておきましょう。

3-1. 昇給率も要チェック

大手企業や公務員では俸給表が設けられており、長く勤めることで年収は上がっていきます。しかし、個人の薬局や小規模チェーンではこの限りではなく、年収がほとんど上がらないというケースもあるでしょう。

転職によって一時的に年収が上がったとしても、昇給率が低ければ、他の業種と比較して、将来的には収入が低めだと感じるかもしれません。転職をする際には、目先の給与だけではなく、昇給率にも気を配ることが大切です。

3-2. 転職エージェントなら給与交渉もお任せできる

とは言え、昇給率を確認できる求人情報は少なく、実際にどの程度の年収が確保できるのか、将来的な収入アップがどの程度見込めるのかまで確認できないこともあるでしょう。

詳しい情報の確認や、給与交渉に強いのが転職エージェントです。マイナビ薬剤師では、希望する年収を提示した交渉が可能です。利用はすべて無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

4. 転勤の有無について

どんなに良い条件の転職先を見つけたとしても、転勤になってしまえば予定していた働き方と変わってしまいます。勤務条件のなかで、転勤の有無についても必ず確認しておきましょう。

例えば、持ち家がある人や親の介護を行っている人にとって、転勤による影響は大きいもの。独身で自由な働き方を求める場合と異なり、給与や勤務時間が理想的であっても、転勤の有無によって優先度が変わります。

特に、全国に展開している大手調剤薬局チェーンやドラッグストアでは、転居を伴う転勤や異動を指示される場合があります。

ただし、転勤や異動をしないという希望を出せる店舗もあり、店舗ごとの条件を確認しておくと安心です。

こうした内々の条件は求人情報に書かれることが少なく、情報が集めにくいかもしれません。そんなとき、頼りになるのがマイナビ薬剤師です。転職エージェントならではの情報力で、実際の状況を知ることができます。

5. やりがいを求める転職では「仕事内容」を重視

薬剤師の仕事内容は幅広く、薬局や病院など、働く場所によっても大きく異なります。

やりがいを求めるのであれば、仕事内容を重視した条件のチェックが必要です。

5-1. どの業種でも仕事内容は多岐にわたるため、詳細まで確認すること

薬剤師の勤務先には、さまざまあり、同じ職場であっても業務分担によって担当する内容が変わります。特に製薬会社のような一般企業の場合、多くの部署に分かれており、必要とされるスキルや経験、知識に幅があります。

ドラッグストア勤務であれば、調剤だけでなく、レジ打ちや商品の陳列といった業務が含まれることもあるでしょう。転職先でのやりがいを求めるのであれば、実際にどんな業務を担当することになるのか、詳しい内容の確認が欠かせません。

ただし、事前に情報リサーチをしていたにもかかわらず、入社後に全く違う業務を任される場合もあり得ます。業務内容を詳しく知りたい場合にも、転職エージェントに相談してみましょう。

マイナビ薬剤師

エージェントを使うメリット

転職エージェントは企業と直接やり取りがあり、現場の雰囲気や細かな条件など詳細な内容を持っています。活用いただくことで、求人票に書いてあること以上の情報をお伝えさせていただけます。

6. 条件を絞って、明確な理由と目標に基づいた転職活動をしよう

転職を考えるとき、理想の職場を探すうちに、あれもこれもと希望が出てくるかもしれません。しかし、あまりに複数の条件を挙げてしまうと、かえって候補の絞り込みができず、迷うことになります。

将来を見据えながら、優先すべき条件を明確にして、目標に基づいた転職活動を行うようにしましょう。

6-1. 理想に近い条件を探すなら、転職エージェントを利用してみよう

希望する条件を明確にしても、どうしても自力では調べにくい内部情報があるかもしれません。そんなときに役立つのが、薬剤師転職のエキスパートである「マイナビ薬剤師」。より詳しい情報を集めながら、理想の職場を探してみましょう。

[もっと知りたい! 続けてお読みください]

薬剤師の転職の準備に関するその他の記事

薬剤師の転職の準備に関する記事一覧

今ならご登録うれしい特典!今ならご登録うれしい特典!

※在庫状況により、キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます。ご了承ください。
※本ウェブサイトからご登録いただき、ご来社またはお電話にてキャリアアドバイザーと面談をさせていただいた方に限ります。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。調査委託先:楽天インサイト(2019年10月)
「マイナビ薬剤師」は厚生労働大臣認可の転職支援サービス。完全無料にてご利用いただけます。
厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 080554