転職成功事例
群馬県、企業側に要望を包み隠さず伝え、家族も納得の転職に

  • 2019.01.15

プロフィール

  • 年齢:38歳
  • 性別:女性
  • 仕事内容:薬剤師

転職前

勤務地 群馬
勤務先 調剤薬局
雇用形態 正社員
年収 510万円

転職後

勤務地 群馬
勤務先 調剤薬局
雇用形態 正社員
年収 550万円(40万円UP)

ご主人の強い要望で、社員からパート勤務を希望

Yさんのご登録は5月下旬。お電話でうかがったところ、結婚で転居するのをきっかけに転職したいとのこと。通勤の都合もさることながら、「今の会社はサービス産業が多く、薬局長という役職と家庭との両立が難しい」のが一番の理由とのこと。 また、今後は家庭を優先するためパート勤務にしたいというご希望でした。条件としては週4~5日、9時~18時まで。時給は2000円希望で、通勤は車で20分圏内。特に時間についてはご主人の強い要望があり、18時以降の勤務は避けたいとのことでした。

大手や中堅を受けるも、今一つ決め手に欠ける

幸い、Yさんの転居先エリアは薬局が多く、人手が不足しているため、条件に当てはまる会社はすぐに見つかりました。数十社ご紹介した中で、面接を受けることになったのは3社です。 A社は、全国展開をしている超大手ドラッグストアの併設薬局。 B社は、関東近郊に50店舗を展開する大手調剤薬局。 C社は、6店舗を展開する地元の中堅企業でした。 6月中旬にA社、翌日にB社とC社と、2日間に分けて面接。A社とB社の面接は人事担当者による一般的な面接でした。

社長面接で意気投合。社員として働くことに

最後に受けたC社では、社長自ら面接してくださり、かなり会話も弾んでYさんもC社を気に入った様子。 社長からも「どうせ週5日入るなら、パートではなく社員でどうですか?」というご提案をいただきました。Yさん自身も特にパートにこだわっている訳ではなく、「18時半には家に戻る」というご主人との約束を守れるのであれば、正社員の方がいいとのこと。そこで、その場では内定をいただくだけにとどめ、ご主人と十分に話し合うことになりました。

何度もやり取りを重ねて不安材料を取り除く

ご主人との話し合いの際も、Yさんからは条件面での細かい確認の連絡が何度も入ったのですが、C社の社長はスピーディに対応してくださいました。社長自身も薬剤師として現場に出ているため、現場の雰囲気や業務の流れをしっかり把握していたことがレスポンスの速さや内容の正確さに表れていたと思います。 そうした会社側の誠実な対応に、Yさんご本人はもちろんご主人も安心した様子で、結果的にはご主人も十分に納得した上で正社員として入社することになりました。この段階ではまだ転居していなかったため、入社は引っ越しの整理などが落ち着いた9月からに。その後、Yさんからはお礼のメールを頂戴し、新婚生活と新しい仕事を楽しんでいらっしゃる様子でした。

転職活動にかかった期間

成功のポイント

  • ① 家庭の事情を最初からすべてアドバイザーに伝え、事情を共有できた。
  • ② 薬局長を務めるなど、薬剤師としての能力やモチベーションが高かった。
  • ③ パート希望だったが最終的に正社員採用となり、前職より待遇も給与もアップ。

※利用者の特定を避けるため、一部内容を変更して掲載しております。

求人に関するお問い合わせはお電話も便利

薬剤師 専用ダイヤル
0120-866-153
  • 平日 9:30-20:30
  • 土曜 9:30-17:30
  • (日曜・祝日を除く)
携帯・PHS OK

お問い合わせ例

  • 「求人番号○○○○○○に興味があるので、評判を教えていただけますか?」
  • 「JR○○線○○駅周辺に住んでいるのですが、自宅から30分で通える薬局を探していますが、おすすめの求人はありますか?」
  • 「○○県○○市内で、残業が少ないドラッグストアを探しています。何か良い情報があれば教えてください」