転職成功事例
製薬会社を早期退職。前向きな姿勢で新たな仕事に挑戦

  • 2019.02.19

プロフィール

  • 年齢:50歳
  • 性別:男性
  • 仕事内容:薬剤師

転職前

勤務地 大阪
勤務先 製薬企業
雇用形態 正社員
年収 1600万円

転職後

勤務地 兵庫
勤務先 調剤薬局
雇用形態 正社員
年収 450万円(1150万円DOWN)

早期退職し、調剤薬局で新たな人生をスタート

Kさんからお電話を頂戴したのは8月下旬。翌々日にご来社いただきました。 話を聞いてみると、大手製薬メーカーで管理職として働いていましたが、早期退職をしたので、調剤薬局で働きたいとのことでした。 Kさんの年収は1600万円と非常に高額でしたが、そのまま会社に残ったとしても、年収が大幅に下がっていく可能性が高いとのことで、早期退職制度を利用して退職を決断。調剤薬局という新しい仕事にチャレンジしたいとのご希望でした。

大手企業出身ながら謙虚な姿勢で印象は抜群

Kさんの年代で一番難しいのは、まわりの若いスタッフとうまく馴染んでやっていけるかということです。大手企業で管理職をしていたキャリアは、新たな職場で敬遠されてしまうこともあるのですが、Kさんはとても謙虚で物腰も穏やか。 「薬のことについて知識はありますが、調剤未経験なので…」と、正直に丁寧に受け答えをしてくださいました。さらに、年齢を重ねた落ち着きとユーモアを交えて話す様子はとても好印象でした。

ワークライフバランスを重視して求人を探す

Kさんの希望としては第一に働きやすい環境であること。調剤未経験なので丁寧に教えてもらいたいとのことでした。 また、これまでハードワークで仕事一色の人生だったので、ワークライフバランスを重視して家族と過ごす時間や趣味も楽しみながら第二の人生を謳歌したいとのご希望でした。 Kさんの希望に合わせ、雰囲気の良さや年間休日が多さ、残業の少なさなどを条件に薬局をピックアップしました。 関心を持っていただいた薬局にはKさんの素晴らしい人柄なども十分に伝え、退職金がある程度まとまって出たため、給与にもこだわらない旨を伝えました。 すると、書類を出した4社のうち、3社から面接してみたいとの回答を得られました。 A社は1店舗を展開する個人薬局で、オーナー自身も製薬メーカー出身。働いているスタッフも製薬メーカー出身の人が数人いるため、環境という面では馴染みやすそうな雰囲気でした。 B社は、兵庫県で店舗展開する地場の中堅薬局。ワークライフバランスもとれるのですが、いずれの店舗も、大阪にある自宅から1時間ほどかかるというのがネックでした。 C社は大阪と兵庫で30店舗を展開しており、近い店舗は家からも20分ほど。専門クリニックの門前薬局などが多いため勉強にはなりますが、処方箋の応需枚数が多く、かなりハードというのが難点でした。 最初受けたA社は、不合格。Kさんと似たタイプの人が勤務している薬局だったので、マッチするかと思ったのですが、Kさんの華やかな経歴がマイナスに受け止められてしまったようでした。 続いてB社、C社と面接を受けました。結果、B社に内定をいただきました。 面接での雰囲気が良く、店舗見学で合ったスタッフの方々もアットホームな親切な雰囲気で、「この人たちとなら一緒に楽しく働けそうです」と、Kさんもワクワクしている様子でした。 B社側もこれまでに同年代の未経験の方を採用した実績はなかったものの、「ぜひ採用したい」と前向きで、薬剤師としてはもちろんのこと、大手企業で多くの部下を管理していた経験をいかし採用活動など経営にも関わってもらいたいとのことでした。Kさんとしても「自分が持っているスキルでお手伝いができるなら」と非常に前向きに受け止めておられました。

会社の成長に貢献したいという姿勢が高評価に

Kさんからは、初出勤日を終えた後にご連絡をいただきました。 「覚えることが多くて未経験での再スタートは予想以上に大変そうです」と笑いながらも、まわりの人がとても親切で面接で受けた印象以上に居心地が良いこと、50代で新たなチャレンジをしたいという気持ちを皆が応援してくれていることに感謝していること、今後大きくなっていこうという雰囲気に溢れた会社なので、自分の経験をいかして最大限協力したいと思っていることなどを、丁寧に話してくださいました。 ミドルの転職は、人間性が大きな鍵となります。Kさんの場合は過去の立派な経歴ながら、謙虚さや朗らかさが決め手に。 今後はこうした製薬メーカーの早期退職による転職活動が増えることが予測されるため、とてもいい経験になりました。

転職活動にかかった期間

成功のポイント

  • ① 市場感を十分に理解し、謙虚な姿勢で転職活動を行えたこと。また、面接ではこれまで何をやってきて、どんなことができるかを具体的に伝えられた。
  • ② 不採用という結果が出た時に落ち込まず、すぐに気持ちを切り替えてポジティブに次の選考に進めたこと。
  • ③ アドバイザーに対して常に常に本音を伝えたこと。お金のことなど、デリケートな話もざっくばらんに伝えたことで、ライフプランなども立てやすかった。

※利用者の特定を避けるため、一部内容を変更して掲載しております。

求人に関するお問い合わせはお電話も便利

薬剤師 専用ダイヤル
0120-866-153
  • 平日 9:30-20:30
  • 土曜 9:30-17:30
  • (日曜・祝日を除く)
携帯・PHS OK

お問い合わせ例

  • 「求人番号○○○○○○に興味があるので、評判を教えていただけますか?」
  • 「JR○○線○○駅周辺に住んでいるのですが、自宅から30分で通える薬局を探していますが、おすすめの求人はありますか?」
  • 「○○県○○市内で、残業が少ないドラッグストアを探しています。何か良い情報があれば教えてください」