転職成功事例
北海道から東京、母の付き添いと治療費のため転職した薬剤師

  • 2018.03.29

プロフィール

  • 年齢:27歳
  • 性別:男性
  • 仕事内容:薬剤師

転職前

勤務地 北海道
勤務先 --
雇用形態 公務員
年収 400万円

転職後

勤務地 東京
勤務先 調剤薬局
雇用形態 正社員
年収 600万円(200万円UP)

家族の都合に合わせて勤務地を選択

地元である関東の薬学部を卒業後、公務員として北海道で勤務していたNさん。しかし、体力的にかなりハードだったことに加え、お母様が長期的に入院しなければいけない可能性が出てきたため、治療費が高額になっても払えるよう年収をあげたいということでご登録いただきました。まだ20代と若いので調剤未経験という点においてはさほど大きなネックにはなりません。しかし、北海道で勤務しつつ、いざという時には転職ではなく転勤という形で関東に転居したいとのことでしたので、北海道と関東の両方で展開している会社を探すところから始めました。

勤務地の変更で転職活動が振り出しに

北海道と関東に店舗があり、急な転勤希望も受け入れてもらえること。いざという時にある程度シフトの都合をつけてくれること。また調剤業務は未経験なので、研修をしっかり行ってもらえるところが望ましいという条件を考え、大手を中心に当たることにしました。希望年収は600万円。やや高めではあるものの不可能な数字ではないため、20社ほどをピックアップすることができました。その中から条件面などを考慮し、数社に絞り込んでいざ会社に打診しようかと思っていた矢先、実家から連絡が。検査入院をしていたお母様の病状が想定以上に悪化していたため、急きょそのまま入院することになり、Nさんも関東へ戻ることになりました。

現地の企業担当者から詳しい話を聞く

希望勤務地が北海道から関東に変わり、転職活動としてはいったん白紙に戻して再スタートすることになりました。今度は関東の企業を中心にピックアップするため、すぐに東京支社の企業担当に連絡。詳しい経緯や希望条件などを伝え、企業を探してくれるよう依頼しました。すると、すぐに複数の企業担当者から条件に当てはまる企業の情報が入ったため、早速Nさんに連絡。ちょうどお母様に付き添うため関東に戻っていたタイミングで東京支社の企業担当者と面談、詳細な情報をもとに企業を絞り込むことができました。

情報網の広さが紹介会社選びのポイント

最終的に面接を受けた4社のうち、2社は残念ながら希望年収に届かないため辞退。最終的には関東を中心に100店舗を展開している大手調剤と、全国に300店舗を展開するドラッグ併設薬局の2社から選ぶことになり、結果として前者で決定しました。 東京での面接だったため私は同行していませんが、Nさんは明るくハキハキとした体育会系のキャラクター。公務員なだけあって一般常識もあり、面接はとても好感触だった様子で、入社までの流れも非常にスムーズに進みました。 今回のケースは途中で希望勤務地が変わり、もう一度企業探しから再スタートするという特殊なケースでした。しかし、現地の企業担当と密にやり取りすることでスムーズにご案内ができ、他府県への転職でもしっかりサポートできるという確信を深めることができました。

転職活動にかかった期間

成功のポイント

  • ① 勤務地以外については、最初に決めた希望条件を変えず、妥協することなく転職活動を続けた。
  • ② 幅広いネットワークを持つ紹介会社を利用し、遠方の情報についてもしっかり把握できた。
  • ③ 職場に近い紹介会社を利用していたので、何度も気軽に足を運んで担当者に直接質問することができた。

※利用者の特定を避けるため、一部内容を変更して掲載しております。

求人に関するお問い合わせはお電話も便利

薬剤師 専用ダイヤル
0120-866-153
  • 平日 9:30-20:30
  • 土曜 9:30-17:30
  • (日曜・祝日を除く)
携帯・PHS OK

お問い合わせ例

  • 「求人番号○○○○○○に興味があるので、評判を教えていただけますか?」
  • 「JR○○線○○駅周辺に住んでいるのですが、自宅から30分で通える薬局を探していますが、おすすめの求人はありますか?」
  • 「○○県○○市内で、残業が少ないドラッグストアを探しています。何か良い情報があれば教えてください」