函館市(北海道)の薬剤師求人・転職情報一覧

36件の薬剤師求人  ※非公開求人は除く

希望の求人が見つからない方へ
希望の求人が見つからない方へ
希望の求人が見つからない方へ
希望の求人が見つからない方へ
希望の求人が見つからない方へ
今ならご登録うれしい特典!

※在庫状況により、キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます。ご了承ください。
※本ウェブサイトからご登録いただき、ご来社またはお電話にてキャリアアドバイザーと面談をさせていただいた方に限ります。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社(2021年7月)
「マイナビ薬剤師」は厚生労働大臣認可の転職支援サービス。完全無料にてご利用いただけます。
厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 080554

「検索したけど見つからなかった…」という方は

あなたの希望条件に合う

理想の求人 をお探しします!

プロに おまかせ!

サイト上では公開していない求人(非公開求人)もあります。

「高年収かつ転勤なしの調剤薬局」「土日休み+平日休みの調剤薬局」といった人気求人の場合、「マイナビ薬剤師」に登録済みの方に優先的にご紹介してしまうこともあるためサイトには求人情報が掲載されないこともあります。

薬剤師のサイト「マイナビ薬剤師」では、希望通りの求人を無料でご紹介。大手だから安心!厚生労働大臣認可の転職支援サービスです。

北海道函館市専任キャリアアドバイザーの最新転職レポート

北海道函館市専任キャリアアドバイザーが最新転職レポートを伝える"

北海道の渡島半島の南東部に位置する函館市は、教会が立ち並ぶ港の元町や、下北半島を眺めることができる戸井など、8つのエリアに分かれており、津軽海峡と太平洋に面した海の恵みが豊かな地域です。現在は活動していませんが、函館市の南西部には火山島があり、温泉地としても有名です。

函館市には教育委員会生涯学習部が設置されており、「函館市縄文文化交流センター」や、「市立函館博物館郷土資料館」などを運営しています。また、2021年には「史跡垣ノ島遺跡」と「史跡大船遺跡」が世界遺産に登録されており、日本の歴史に縁のある地域です。

函館市総合保健センターでは、健康増進課が健康づくりの相談を受け付けており、保健師や管理栄養士が地域の人たちに寄り添って健康改善の相談に応えてくれます。また、健康増進センターでは、トレーニングルームでの機材を使った運動や、ヨガなどの講座を受講でき、運動不足解消に向けた健康づくりのサポートも行っています。

函館市でのキャリアをお考えの方は、ぜひ一度マイナビ薬剤師にご相談ください。

北海道函館市の薬剤師人口について

北海道函館市で働く薬剤師の総数は 683名 です。うち薬局・医療施設の従事者は、603名(男性 298名、女性 305名)という割合になっています。

人口10万対する薬剤師の総数では272.0名で、全国平均の255.2名を大きく上回っています。

年代の推移をみると、人口10万対する薬剤師の総数は2014年の214.0名から右肩上がりで増加しています。

北海道函館市人口10万人あたりの薬剤師人数全国平均
総数683272.0255.2
薬局・医療施設の従事者603240.2198.6
298118.769.1
305121.5129.6
薬剤師の総数(人口10万人あたり)

北海道函館市で働く薬剤師の人数を勤務先別に見ていくと、総数683名に対して、薬局に従事する薬剤師432名(北海道函館市で働く薬剤師全体の63.3%)、医療施設171名(25.0%)、医薬品関係企業23名(3.4%)です。
北海道函館市の薬局に勤める薬剤師数の割合が一番多いという結果になっています。

北海道函館市での薬剤師の求人をお探しの方は、お気軽にマイナビ薬剤師に登録して情報収集にご活用ください。
エリアに精通した薬剤師専任のキャリアアドバイザーが、あなたの理想の求人をお探しするサポートをさせていただきます。

※参照元:厚生労働省/「令和2(2020)年医師・歯科医師・薬剤師統計の概況」(2022年3月17日発表)

薬剤師の転職に関する記事

2024.3.25

処方権とは?薬剤師に処方権が求められる背景やメリットについて解説

2024.3.25

服薬指導とは?意味や流れ、薬剤師が押さえておくべきポイントや注意点

2024.3.25

処方監査とは?基本の流れや質を高めるコツについて解説

2024.2.29

薬剤師に求められるコミュニケーションスキルとは?必要とされる理由や高める方法について

2024.2.29

薬剤師の手取りってどれくらい?月収・年収の手取り額、税金の種類について紹介

2024.1.25

診療報酬改定は何年ごとにあるの?診療報酬の目的や薬剤師の今後について解説

薬剤師の転職ノウハウの記事をもっと見る
この条件で再検索