サイト内の現在位置

病院勤務の薬剤師の面接対策|聞かれやすい質問と回答のポイント


どんな職種の転職活動においても面接は必ずあり、薬剤師も例外ではありません。しかし、薬剤師の採用面接では、質問されやすい内容や回答のポイントがある程度決まっています。

そのため、どれだけ事前に業界や志望先の研究と面接対策ができているのかが、大きく採用・不採用に関わってきます。

薬剤師の就業場所は、おもに調剤薬局や病院、ドラッグストアとなり、職場に応じて質問の傾向や回答のポイントが異なるため、志望先ごとに準備することが大切です。

ここでは、病院勤務における薬剤師の面接について、よくある質問や回答のポイントをご紹介しましょう。

1.病院の面接はどのように行われる?

まず、一般的な病院の面接回数や面接担当者への対応のポイントについて見ていきましょう。

調剤薬局やドラッグストアの面接と同じく、病院における採用面接も1回、多くて2回行われることが多いです。中途採用であれば基本的には個別面接と考えていいでしょう。また、面接とは別に院内見学が実施されることもあります。

病院の面接で注意したいのは、現場担当者と、事務長や人事課などの事務方のどちらも面接担当者となることです。

病院の薬剤師は、調剤業務だけでなく医療チームの一員として働くこととなるため、現場における対応力や他の職種とのコミュニケーションスキルについても質問されることがあるでしょう。

また、事務方の面接官は給与や勤務時間、通勤方法といった、条件に関する質問を担当することが多いです。どちらのタイプの質問にも回答できるよう対策をしておきましょう。

2.面接の準備と面接開始からの対応

ここからは、面接対策のポイントと、面接中の対応について見ていきましょう。

基本的には、作成した応募書類を基に志望動機や自己PRなどを伝えます。矛盾がないよう注意し、書面よりも具体的に肉付けして話すといいでしょう。

面接官は応募書類の内容を見て質問をすることもあります。書いた内容はしっかり頭に入れて面接に臨みましょう。

聞かれやすい質問の傾向がある程度決まっていることもあり、薬剤師の面接は対策がしやすいです。「志望動機」や「退職理由」は必ず質問されます。

病院の面接では、ほかにも「この病院を選んだ理由」「自身の長所と短所」「これまでの職務経験(前職が病院勤務ではない場合、なぜ病院の薬剤師に転職したいのか)」「今後のキャリアプラン」などが聞かれやすいです。

2-1.現場薬剤師と事務方、双方の価値観を尊重する

先述のとおり、病院の面接では現場薬剤師と事務方、どちらも面接官となるケースがあります。この際に注意したいのは、現場薬剤師側と事務方側のどちらの価値観も尊重するということです。

現場で働く薬剤師と、裏方を支える事務職では、時に医療に対する価値観が異なる場合もあります。面接の際はどちらの視点にも立つことを忘れず、両方の価値観を尊重しながら医療従事者として大切にしていることを伝えましょう。

2-2.院の理念や院長・理事長の価値観・方針を尊重する

病院の面接において、院の理念や院長・理事長の価値観・方針を尊重することは大切です。面接では、その人のスキルや経験だけでなく、病院のカラーやビジョンに共感し、貢献してくれる人物かどうかも見られています。

病院側の経営理念に共感するには、病院についてしっかりと調べる事が大切です。

仕事の内容や職場の雰囲気、残業時間など、実際に働いている人の声が一番参考になりますが、「まわりにそういう人がいない」「忙しくてそんな時間はとれない」という方は、マイナビ薬剤師のキャリアアドバイザーにまるごとお任せいただくのが、最も効率的でスムーズな情報収集のやり方だと言えます。

病院の方針に沿った価値観や思いは伝えて構いませんが、院の理念に反する内容や、強すぎる自己主張は避けるようにしましょう。

3.面接で聞かれやすい質問と回答のポイント

面接で聞かれやすい質問は、志望動機や職務経歴、キャリアプランなど基本的なことが中心となります。

特に調剤薬局やドラッグストアなどから病院への転職の場合、「なぜ病院を選んだのか?」という質問は必ずされるはずですので、理由とあわせて「未経験であるが、頑張りたい」という意思を伝えることが大切です。

医療チームの一員として働けることや、患者の回復を第一線で見守ることができることなど、病院ならではの業務内容やその病院の強みや特色にふれつつ回答しましょう。

また、他職種との連携が必須となる病院内の薬剤師の場合、医師や看護師などの他職種の方などへの報連相においても問題ない人物であるかどうかも見られます。

そして、最終面接では、病院側も採用を強く意識しているため、年収や勤務日についてなど、採用条件に関する質問が多くなります。前職での条件や自分の希望、病院側の提示などと照らし合わせながら、うまく交渉していきましょう。

また、ほかに選考を受けているところがあるか聞かれることもあります。複数受けているのであれば正直に伝えて構いませんが、よほどの理由がない限りは、その病院が第一志望であると宣言しましょう。

聞かれやすい質問と回答例
志望理由
・なぜ病院を選んだのか?
「病院薬剤師として医療チームのいち員となり働くことで、包括的に患者さんのサポートができると考えました」
「病院での薬剤師は患者の回復を第一線で見守ることができることにくわえ、地域に根付いた医療方針を掲げている貴院だからこそ、人々の生活に貢献する仕事ができると考えたためです」
採用条件
・年収や勤務日数の希望
「貴院の規定に従います」
「前職では月30時間ほど残業をしていました。業務によって異なるかと思いますが、貴院ではどのくらいの残業料が一般的でしょうか」

面接の場で自分の希望は伝えづらいもの。自身での交渉が難しい場合、エージェントに任せるのもおすすめです。

選考状況
・他にも選考を受けているか?
「他院も選考を受けておりますが、貴院が第一志望です」

複数受けているなら正直に答えてOKです。ただし、よほどの理由がない限りはその病院が第一志望であると伝えましょう。

コミュニケーション能力もポイント!
病院薬剤師は医師や看護師などチームで連携して働きます。きちんとホウレンソウができるか、チームで動ける人か?も大きなポイントになります。

4.面接全体を通して意識しておくべきこと

実際に現場で働く際は、薬剤師は医薬品に関するプロフェッショナルとして、医師や看護師、技師と同等の立場で意見を述べることとなります。面接ではそのことを踏まえつつ、医師をはじめとしたほかの職種に対しても敬意を持ち、病院と患者に貢献する意思を伝えましょう。

5.逆質問のポイントは「意欲」のアピール

面接の最後には「何か質問はありますか?」と聞かれます。この逆質問は、こちらからの質問の意図が重要。

ウェブサイトなどを見れば確認できる質問は避け、これからの病院のビジョンや、薬剤師の具体的な職務内容、職場の雰囲気などに関する質問をしてみましょう。意欲的に志望先のことを知ろうとしている姿勢が伝わります。

逆質問の例
これからの病院のビジョン 「今後予定している事業展開や、特に力を入れている事業があれば教えてください
」「御社の理念に共感していますが、入社後にどのようなことを意識して行動すべきでしょうか」
具体的な職務内容 「医師や看護師の方など他職種との連携をスムーズにするために、現場で大切にしていることがあれば教えてください」
「1日の仕事の流れを教えていただけますでしょうか」
職場の雰囲気 「貴院で活躍されている方に共通点はありますか?」
「一日でもはやく仕事に慣れるため、コミュニケーションも大切にしたいと考えています。現場の方はどういった雰囲気で働かれていらっしゃいますか?」
こんなところが見られています
病院側は逆質問で志望度や熱意、コミュニケーション能力や社風に合うかなど多くのことを見ています。逆質問は自分をアピールできる絶好の時間だと捉え、質問を用意していきましょう。

6.ほかの志望先から内定が出たら?

転職にあたっては、いくつかの病院へ同時に応募していることもあるでしょう。その場合、採用面接がまだ残っていても、別の志望先から内定の連絡をもらうこともあるかもしれません。

その場合は、内定をもらった病院の迷惑にならない範囲で、返答を保留しておきましょう。正式な返事をいつまでにすべきか確認し、ほかの志望先の面接スケジュールなどを調整することをおすすめします。

一方で、まずマイナビ薬剤師のアドバイザーに相談するのもひとつの手です。マイナビ薬剤師では面接スケジュールの調整を代行するほか、返事を引き延ばしたい場合に企業側との交渉も担当しますので、転職活動をスムーズに行うことができます。

7.医療チームの一員として活躍できる適性が重要

病院の面接についてご紹介してきました。あらゆる専門職の人々とともに働くこととなる病院の面接では、薬剤師としての専門的な知識や幅広い業務への対応力があることを伝えるだけでなく、医療現場で他職種と適切に連携することができる行動力や判断力についてもアピールできることが望ましいです。

しっかり事前準備をし、病院内でのマナーを守って面接に臨みましょう。

[もっと知りたい! 続けてお読みください]

面接対策に関するその他の記事

あなたにおすすめの求人

ご利用者満足度No.1
ご登録で
うれしい
特典!
無料で登録する

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。
調査委託先:楽天インサイト(2019年10月)

薬剤師の転職ノウハウ

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。
調査委託先:楽天インサイト(2019年10月)

お電話でのご登録はこちら

全国共通フリーダイヤル(通話無料)

0120-866-153

携帯・PHSからもご利用になれます。