サイト内の現在位置

40代の薬剤師が転職するためのノウハウ|求人の探し方と見つけ方

薬剤師 40代

薬剤師の40代は、さまざまなターニングポイントによって人生を見直す最後のタイミングなのかも知れません。同世代の同業者との年収の格差。そして、ご自身の収入や経験の天井が見え始める年代なのではないでしょうか。

逆に言えば、薬剤師の方がキャリアアップやキャリアチェンジに挑戦するなら、40代が最後のチャンスになってしまうかも知れないのです。

今回の記事では、40代の薬剤師の方を対象に、転職のノウハウをご紹介していきます。40代薬剤師の平均年収や職場別の転職方法まで、それぞれ具体的にご説明できればと思います。

40代でキャリアの見直しを図ろうとしている方は、ぜひご一読下さい!

また、50代で転職を検討されている方は以下の記事も併せてご覧ください。

1. 40代薬剤師の転職市場|平均年収や求人の特徴は?

転職のノウハウを解説する前に、40代の転職市場について説明していきたいと思います。平均年収や求人の特徴を踏まえた上で、キャリアの見直しをするようにしましょう。

1-1. 40代薬剤師の平均年収は600万弱!男女別に大きな差はナシ

まずは最も気になる平均年収から見ていきたいと思います。40代薬剤師の平均年収はズバリ600万円弱。男女それぞれの詳細な金額は以下のとおりです。

薬剤師 平均年収 40代

また、その他の年代をふまえると、以下の通りとなります。

薬剤師 平均年収

※1 参考:平成30年賃金構造基本統計調査
※2 「所定内給与額」×12カ月+「年間賞与その他特別給与額」で算出

40代、50代が最も収入が多く、また60代になると100万円ほど年収が下がってしまうことが読み取れます。このことから、現在の年収が平均年収と比べ差がある薬剤師の方は、収入面で現職を見直す余地があると思われます。

1-2. 40代でも薬剤師なら十分に転職が可能?

他の職種で40代になってしまうと、適切なスキルやマネジメント経験がないと転職が難しくなる年代です。しかし、資格専門職である薬剤師はこの限りではありません。

もちろん、20代のほうが転職しやすく重宝される職場も多いのも事実です。成長の余白や、安い賃金で労働力を手に入れられるため、企業や病院は若年層の薬剤師を雇用する傾向にあるでしょう。

しかし、調剤薬局やドラッグストアであれば、十分に転職する余地があります。ドラッグストアなどは他の職種に比べて高収入な場所も多いので、経験者の方であれば転職時に年収がアップすることも不可能ではないでしょう。

1-3. 40代向けの薬剤師求人は管理職経験の有無が特徴

40代の向けの求人は十分に存在しています。では、それらの求人にはどういった特徴があるのでしょうか。

特に高待遇の求人では、管理職経験、つまり、管理薬剤師としての経験が重宝されます。応募できる求人もぐっと増えるため、経験がある方と無い方では、求人の選択肢が大きく異なるでしょう。

とはいえ、資格専門職である薬剤師はパートだとしても他業種よりも高収入が望めます。自身の年収に疑問がある方は、積極的にキャリアチェンジにトライする価値があるでしょう。

2. 【職種別】40代の薬剤師の求人

40代の薬剤師の転職市場について理解したところで、薬剤師の代表的な就職先である以下4職種について、求人の特徴を解説していきます。

  • ・企業
  • ・病院
  • ・調剤薬局
  • ・ドラッグストア

2-1. 企業の求人

先述の通り、企業への転職はなかなか難しいでしょう。管理薬剤師の経験があれば僅かに可能性があるかも知れませんが、それでも狭き門であることに変わりはありません。

他の職種と異なり、土日にしっかりと休めることが大きな特徴であり、人気の理由にもつながっているでしょう。

2-2. 病院の求人

こちらも企業同僚に狭き門となります。ただし、経験者であれば転職の可能性もぐっと高くなります。薬剤部長、薬局長など、役職付きで転職することも不可能ではありません。

ただ、病院によっては夜勤含めハードな勤務が求められる場所もあります。勤務時間はもちろんのこと、託児所の有無などご自身の働く環境に適した求人を見定める必要があるでしょう。

2-3. 調剤薬局の求人

40代の薬剤師が未経験でも転職可能であるのが調剤薬局です。求人数も多く、転職を検討する際の候補となるでしょう。

ただし、店舗や母体となる企業によって忙しさが大きく異なります。患者さんとのコミュニケーションに重きをおいたクリニックの薬剤師から、調剤数も多い大手薬局チェーンまでさまざまです。

求人を検討する際には、その店舗のことを徹底的に調べ、失敗のない転職活動が行えるようにしましょう。

2-4. ドラッグストアの求人

調剤薬局同様に、40代の薬剤師の転職先候補筆頭となるのがドラッグストアです。特に、調剤薬局が併設された調剤併設型ドラッグストアの求人が急増しています。

調剤薬局と比べると、勤務時間の長さやシフトの遅さなどのデメリットはあるものの、そのぶん給与は高く設定される傾向にあります。(もちろん求人によりけりですが)

40歳ともなると、体力との兼ね合いもあるかと思います。ご自身のご状況や体調を加味した上で、調剤薬局やドラッグストアを選択していくことが重要でしょう。

ここまでご説明してきた通り、どの職種に応募するにあたっても重要なのは“情報収集”です。しかしながら、大切なことは求人票に載っていないものです。

40代の転職ともなると、回数を重ねるのは現実的ではありません。一度の転職で決めきるのが理想ですよね。給料や勤務地も大切ですが、より重要なのは離職率や職場の雰囲気ではないでしょうか?

こういった求人票に出回っていない情報を知るためには、転職エージェント(マイナビ薬剤師)を活用するのが有効です。

企業や店舗と直接つながりのあるエージェントは、求人票に載っていない情報を事前に収集することができます。そればかりでなく、応募書類の添削や採用面接の同行も行っているので、内定率もぐっと高めることができるでしょう。

まずは無料のキャリアカウンセリングで、ご自身の置かれている状況を知り、最適な求人を案内してもらいましょう!

3. 40代薬剤師の悩みや不満について知ろう。

40代の方々は、どういった理由で転職を検討されることが多いのでしょうか。ここでは、40代の薬剤師によくある転職理由、キャリアの見直し理由をご紹介していきます。

3-1. 体力の低下を感じて転職を考える

病院やドラッグストアでは、シフトによって夜勤(当直)を行うことがあります。20代、30代ではそう苦でなかった夜勤が、どんどんきつくなってくるといった声を耳にします。

多くの場合当直の翌日は休みですが、帰宅後に寝ても起きたら夕方。結局何もせずに一日を過ごしてしてしまうこともあるでしょう。

また、深夜営業や24時間営業を実施しているドラッグストアは病院以上に過酷かも知れません。基本的に立ち仕事ですし、力仕事も少なくありません。

体力の衰えを痛感した際に、転職の二文字が頭に浮かんでしまうのかも知れません。

3-2. 自分のスキルに焦って転職を考える

同じ職場で何年も過ごすと、スキルアップに限界を感じてしまいます。特にルーチンワークが主となってしまう職場では、どうしても避けられないでしょう。

特に調剤併設型でないドラッグストアで働いていた方が、40代になって調剤をやりたくなるというケースは珍しくありません。

加えて、6年制となった薬学部生がどのようなことを学んできたのか、自分よりも多くの知識を有しているのかなど。スキルに対する不安材料は付きません。

転職をすることで、他の科目の処方箋を扱うなど知識が増えることは往々にしてありえます。また、今よりもワークライフバランスが取れる職場であれば、資格取得のための時間を確保することも可能です。

スキル面で現状を打破したいとお考えの方は決して少なくないのです。

3-3. 年収より低さを知って転職を考える

40代にもなると、同じ「薬剤師」という資格保有者のなかでも年収に大きな開きが生じます。職場によっての違いはもちろんのこと、職場内でも昇進の有無で異なるでしょう。

「薬剤師 年収平均」を検索エンジンで調べると、いくつかのサイトがヒットし、年代別の平均年収を知ることができます。そして、ご自身の年収と比べるのです。

場合によっては、平均年収よりも低い場合があるでしょう。この違いには、出世しているか否かが大きく関わってくるのです。

しかしながら、出世は努力だけでなく時の運も求められます。逆に言えば、スキルがあってもタイミングを逃してしまえばいつまでも年収が低いままということもあり得るのです。

転職をすることで、この悪循環を断ち切ることができます。年収への不安や不満をいだいた時、転職に対してぐっと前向きになるようです。

4. 40代薬剤師が失敗しない転職をするためのたった一つの方法

今回の記事では、40代の転職について詳しく解説してきました。転職市場から、平均年収。また、求人の探し方や職種ごとの転職難易度まで。

しかし、転職の良し悪しは結局は「求人(職場)ごと」になってしまうのです。転職の成功を左右するのは、この求人についてどれだけ調査・研究を行えるかです。

そこでぜひ利用してもらいたいのが転職エージェント(マイナビ薬剤師)です。

マイナビ薬剤師は、人材紹介サービスの一つです。求職者の皆さんのお悩みをヒアリングし、最適な求人をご紹介させていただいてます。

マイナビ薬剤師は企業や薬局と直接つながりを持っているので、みなさんに“求人票に載っていない情報”をお伝えすることができます。離職率や職場の雰囲気など、いずれも転職先を決める際に決め手になりうる情報です。

採用者側から費用を頂戴しているので、求職者の皆さんは全て無料で利用することができます。求人の情報収集が鍵となる40代の皆さんは、ぜひ活用してみて下さい!

[もっと知りたい! 続けてお読みください]

あなたにおすすめの求人

5年連続ご利用者満足度No.1
ご登録で
うれしい
特典!
無料で登録する

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドに置ける調査
調査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)

薬剤師の転職ノウハウ

薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。
調査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)

お電話でのご登録はこちら

全国共通フリーダイヤル(通話無料)

0120-866-153

平日9:30~20:30 土曜9:30~17:30
※日曜・祝日を除く
携帯・PHSからもご利用になれます。