転職成功事例
年収アップと独立を目指し、新天地で新たなスタート

  • 2017.08.23

プロフィール

  • 年齢:28歳
  • 性別:男性
  • 仕事内容:薬剤師

転職前

勤務地 埼玉県
勤務先 調剤薬局
雇用形態 正社員
年収 550万円

転職後

勤務地 大阪府
勤務先 調剤薬局
雇用形態 正社員
年収 700万円(150万円UP)

「独立支援」と「年収アップ」が目的の転職

100店舗以上を展開する大手薬局チェーンにお勤めのYさん。以前から独立したいとお考えだったようですが、今の会社には「独立したい」という同僚もおらず、このまま働き続けていても独立するためのノウハウが身につかないというのがご登録の理由でした。12月にご登録いただき、すぐに面談。明朗快活で、人当たりのいい雰囲気の方でした。転職にあたってのご希望も明確で、一つは独立支援があること。二つめは独立資金を貯めるため、650万円(現状+100万円)まで年収をアップさせたいとのことでした。

勤務地にこだわらなければ100万円アップも可能

Yさんの場合は勤務地にこだわらないとのことでしたので、年収相場が高い地域で条件に合う会社を探し、年明け早々に岐阜県と大阪府の会社を2社ご紹介しました。結果、2社とも内定が出たのですが、岐阜の会社には独立支援制度があるものの、店舗運営については現場の裁量に任されているところが多く、経営ノウハウについてはほぼ独学で学ぶ点が多い印象でした。一方、大阪の会社は独立支援制度や経営ノウハウの習得の面では問題なかったのですが、いざ内定が出てみると、Yさんが「大阪の会社で独立支援を受けるとなると、大阪での開業になる。土地勘のない場所で独立するのはちょっと……」と二の足を踏んでしまいました。

再度、関東での会社探しをスタート

そこで大阪の会社には返事を保留にしてもらったまま、改めて関東で条件に当てはまる会社がないか探し直しました。多くのリクルーティングアドバイザーにも声をかけて当たってみましたが、やはりネックになるのは年収。中部や関西地域は需要と供給のバランスの関係で総じて年収が高いのですが、関東は会社が多い分薬剤師さんの数も多いため、中部や関西に比べると年収相場が低めなのです。Yさんがいくら有能であっても、関東の薬局で年収650万円以上はかなり厳しい条件でした。ご希望の年収を下げるか、勤務地を優先するか。その点をYさんと何度も話し合いましたが、最後の最後で決めかねているご様子でした。

企業のクロージング力が決定打に

最終的な決め手になったのは、返答を保留している大阪の会社が開催する食事会でした。とてもアットホームな会社で、全社員が集まる食事会を定期的に開催しており、その場にYさんを呼んでくださったのです。食事会で実際に働いている社員の方々と会い、話せたことで不安が解消されたのか、食事会後すぐに入社することが決まりました。私たちが100の言葉を並べるより、企業が温かく迎え入れる姿勢でいることを示してくれた方が何倍も説得力があります。本当に社員を大切にする会社は、入社後のみならず入社前からサポートやフォローにも注力しているのだということを改めて知りましたし、そんな会社をYさんへご紹介できて、本当によかったと思います。

転職活動にかかった期間

成功のポイント

  • ① 転職によって妥協できる点と妥協できない点を最初からしっかり示していた。
  • ② 「もう一度関東の会社を探してほしい」など、遠慮せずにキャリアアドバイザーへ要望を出すことで、後悔のない選択ができた。
  • ③ 大阪支社との連携をとり、現地のキャリアアドバイザーが面接へ同行するなど、現地でのサポートも万全だった。

※利用者の特定を避けるため、一部内容を変更して掲載しております。

求人に関するお問い合わせはお電話も便利

薬剤師 専用ダイヤル
0120-866-153
  • 平日 9:30-20:30
  • 土曜 9:30-17:30
  • (日曜・祝日を除く)
携帯・PHS OK

お問い合わせ例

  • 「求人番号○○○○○○に興味があるので、評判を教えていただけますか?」
  • 「JR○○線○○駅周辺に住んでいるのですが、自宅から30分で通える薬局を探していますが、おすすめの求人はありますか?」
  • 「○○県○○市内で、残業が少ないドラッグストアを探しています。何か良い情報があれば教えてください」