転職成功事例
転職を機に、ずっとなりたかったCRAに

  • 2017.04.06

プロフィール

  • 年齢:33歳
  • 性別:女性
  • 仕事内容:薬剤師

転職前

勤務地 東京都
勤務先 調剤薬局
雇用形態 正職員
年収 450万円

転職後

勤務地 東京都
勤務先 医薬品メーカー
雇用形態 正社員
年収 500万円(50万円UP)

夫の希望で「家庭との両立を重視」

もともとは東京の調剤薬局に勤めておられる方でしたが、ご主人の転勤で広島に転居したのを機に育児に専念。2年後、再び東京に転勤となり、育児も一段落されたことからお仕事に復帰したいとご希望をいただきました。1月にご登録いただいた際のご希望条件は、「自宅の近くの調剤薬局で9時~18時の勤務」「土日はお休み」という、ご家庭との両立を重視した内容でした。 しかしお話をうかがううちに、Hさんご本人はお仕事に対してかなり意欲的で、勉強会などにも積極的に参加したいこと、また家庭との両立を重視なさっているのはご主人であることがわかりました。また新卒のときはCRAを目指しており、途中であきらめて調剤薬局に就職したことを未だに後悔しているというお話もしてくださいました。

ご主人とも話して応援してくれるよう依頼

そこで「せっかくお仕事に復帰されるなら、CRAを目指されてはどうですか」と提案したところ、以前、別の紹介会社で「育児をしながらCRAとして働くのは難しい」と言われてあきらめたとのお話でした。 そこでまずはご主人とお話しさせていただき、CRAは必ずしも激務ということはなく、理解ある会社を選べば育児や家庭との両立も可能であること、また奥様が長年やりたいと思っていた仕事をぜひ応援していただきたいということを伝えました。同時に、数社の医薬品メーカーに求人の状況を打診。小さなお子さんがいることやCRA未経験という厳しい状況ではありましたが、2社で面接を受けることが決まりました。

転職においては、熱意がなによりの強みに

今回のケースでは特に面接対策に力を入れ、業界の現状やトレンド、今後CRAとして求められるスキルといった情報を伝え、ブランクを感じさせない受け答えをしていただけるよう、面接のロールプレイングも行いました。 結果としては外資系のベンチャー企業から内定をいただくことができ、Hさんも「本当ですか?」と信じられないご様子でした。採用担当の方に聞くと、「話をしていてCRAとして働きたいという熱意がひしひしと伝わってきたことが決め手になった」とのこと。もちろん面接対策に取り組んだこともプラスになったと思いますが、転職において何よりも大切なのは「この会社で働きたい」という熱意なのだということを再認識させられました。 また、ご主人も最終的には全面的に応援してくださいましたし、お子さんのことも、いざというときにはご両親がサポートしてくれるということでした。 新しい会社へ入社なさった後には「初めてのCRA業務なのでとても緊張しますが、長年の夢がかなったのでがんばりたいと思います!」と、とても生き生きとした様子のご連絡をいただきました。

転職活動にかかった期間

成功のポイント

  • ① CRAとして働きたいという強い思いを面接官に伝えられた。
  • ② 難しい条件であっても、キャリアアドバイザーがあきらめずに可能性を模索した。
  • ③ 緻密な面接対策によって、生きた情報をもとに面接の受け答えができた。

※利用者の特定を避けるため、一部内容を変更して掲載しております。

求人に関するお問い合わせはお電話も便利

薬剤師 専用ダイヤル
0120-866-153
  • 平日 9:30-20:30
  • 土曜 9:30-17:30
  • (日曜・祝日を除く)
携帯・PHS OK

お問い合わせ例

  • 「求人番号○○○○○○に興味があるので、評判を教えていただけますか?」
  • 「JR○○線○○駅周辺に住んでいるのですが、自宅から30分で通える薬局を探していますが、おすすめの求人はありますか?」
  • 「○○県○○市内で、残業が少ないドラッグストアを探しています。何か良い情報があれば教えてください」