新潟市西区(新潟県)の薬剤師求人・転職情報一覧

新潟市西区(新潟県)のキャリアアドバイザー最新転職レポート

新潟市西区は、新潟市に8つある行政区のうちの1つです。人口は全8区の中で2番目に多く、2021年10月末現在で約15万6,000人。人口の多さからも推測できるように、区内には住宅地が多く、市内のなかでも住みやすいエリアといえるでしょう。

また、区内には新潟大学五十嵐キャンパスをはじめとした教育機関も多く立地し、学術研究都市としても栄えています。商業や農業も盛んで、新潟スイカや赤塚大根など、さまざまな品種が栽培されています。

健康づくりにおいては、健康づくり情報冊子「Smile にいがた Health Navi」を発行したり、優秀な健康づくり活動を表彰する「健康寿命延伸アワード」などを行ったりするなど、区民の健康づくりに貢献しています。

そんな新潟市西区でのキャリアをお考えの方は、ぜひ一度マイナビ薬剤師にご相談ください。

新潟市西区(新潟県)の薬剤師 求人事情

厚生労働省が発表した「平成30年(2018年)医師・歯科医師・薬剤師統計」によると、2018年12月31日時点で、新潟市西区で働く薬剤師の総数は419人となっています。割合を見てみると、薬局に従事する薬剤師258人(市内で働く薬剤師全体の61.6%)、医療施設は93人(22.2%)、医薬品関係企業は21人(5.0%)となっており、薬局で働く薬剤師が最も多いというデータが出ています。

地域医療情報システムのデータによると、西区の薬局数は89件(2020年11月時点)で、人口10万人に対する薬局数は54.66件(全国平均46.68件)となっています。同じく、訪問薬局数は36件、人口10万人に対する訪問薬局数は22.11件(全国平均14.83件)という状況です。

新潟市西区は、人口10万人当たりの薬局数、訪問薬局数ともに全国平均を大きく上回っており、薬剤師の需要が高いことがわかります。求人においては、大手調剤薬局やドラッグストア、病院といったさまざまな施設からの募集があり、希望に合った職場を選べることでしょう。調剤・OTC販売の両方を経験できる職場やライフプランに合った働き方ができる職場、福利厚生が充実した職場など、選択肢も豊富です。

新潟市内での就業を考えるなら、西区を候補に検討してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

86件の薬剤師求人  ※非公開求人は除く

希望の求人が見つからない方へ
希望の求人が見つからない方へ
希望の求人が見つからない方へ

86件の薬剤師求人  ※非公開求人は除く

今ならご登録うれしい特典!

※在庫状況により、キャンペーンは予告なく変更・終了する場合がございます。ご了承ください。
※本ウェブサイトからご登録いただき、ご来社またはお電話にてキャリアアドバイザーと面談をさせていただいた方に限ります。

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社(2021年7月)
「マイナビ薬剤師」は厚生労働大臣認可の転職支援サービス。完全無料にてご利用いただけます。
厚生労働大臣許可番号 紹介13 - ユ - 080554

「検索したけど見つからなかった…」という方は

あなたの希望条件に合う

理想の求人 をお探しします!

プロに おまかせ!

サイト上では公開していない求人(非公開求人)もあります。

「高年収かつ転勤なしの調剤薬局」「土日休み+平日休みの調剤薬局」といった人気求人の場合、「マイナビ薬剤師」に登録済みの方に優先的にご紹介してしまうこともあるためサイトには求人情報が掲載されないこともあります。

薬剤師のサイト「マイナビ薬剤師」では、希望通りの求人を無料でご紹介。大手だから安心!厚生労働大臣認可の転職支援サービスです。

この条件で再検索