サイト内の現在位置

全国の薬剤師年収ランキング 更新日:2020/09/24 全国の薬剤師年収ランキング鹿児島県で働く薬剤師の平均年収と転職のポイント

鹿児島県は、人口10万対薬剤師数で全国30位(173.2人)です。一方、人口10万対薬局数では全国9位(55.1施設)。病院・薬局数に対して、薬剤師の人材が不足している状況にあり、県を挙げて薬剤師の確保に努めています。 そんな鹿児島県の薬剤師の年収は、全国と比べて高いのか低いのか? 年収アップを狙って転職するためにはどのような求人を選べばよいのか? など、具体的なデータを用いて、鹿児島県の薬剤師の平均年収や、転職のポイントをご紹介します。

鹿児島県の薬剤師の平均年収は 536.7万円

鹿児島県で働く薬剤師の平均年収を知ろう

2020年度データを見ると、鹿児島県で働く薬剤師の平均年収は536.7万円で、全国ランキングでは26位です。
薬剤師の全国平均年収 548.3 万円
鹿児島県の薬剤師平均年収 536.7 万円
データ出典元:政府統計の総合窓口 e-Stat 賃金構造基本統計調査 / 令和元年賃金構造基本統計調査/ 一般労働者/ 都道府県別より、薬剤師の(きまって支給する現金給与額×12カ月)+年間賞与その他の給与額で算出
薬剤師の年収が全国平均で548.3万円なのに対し、鹿児島県の薬剤師平均年収は536.7万円と、11.6万円低い結果になりました。 あなたの年収が、鹿児島県の薬剤師の平均年収と比べて低いようでしたら、今より年収がアップするチャンスかもしれません。

鹿児島県の薬剤師の年収が低い理由とは?

鹿児島県の平均年収が低い理由としては、薬剤師の求人が鹿児島市など都市部に集中していることが挙げられます。 都市部に求人が集中しており勤務地が限られてしまうため、郊外地域と比べると給与などの条件が低く設定されてしまっていることが考えられます。
2018年度 人口10万対薬剤師数・薬局数一覧(全国・近隣との比較)
薬剤師数 薬局数
全国平均 190.1 47.1
鹿児島県 173.2 55.1
熊本県 183.7 48.7
長崎県 183.5 55.0
薬剤師数:厚生労働省 平成30年(2018年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況より、薬局・医療施設の従事者(人口10万対) 薬局数  :厚生労働省 平成30年度衛生行政報告例の概況より、都道府県別に見た薬局数(人口10万対)
また、鹿児島県の薬剤師数・薬局数を全国平均や近隣県と比較してみると、薬局数が多い一方、薬剤師数は少ないことが分かります。 薬学部がある大学が県内になく、薬剤師がなかなか集まりにくいという現状があります。

鹿児島県で転職を成功させるポイント

転職の希望条件を明確にし、満足いく転職に

鹿児島県で転職を成功させるためには、自分が優先したい希望条件を明確にすることです。 年収なのか、鹿児島県内の勤務地なのか、勤務時間、休日・残業の有無なのかなど、人によって優先したい条件は違うでしょう。希望する条件をあれも、これもと欲張っていると、本来の転職の目的がぼやけてしまいます。 ここでいう条件を明確にするということは、自分の転職理由を明確にすることです。転職することで何を得たいかをよく考えてみましょう。

ワーク・ライフ・バランスを重視したい人にも転職のチャンス

女性の薬剤師は、結婚や出産、子育てなどライフステージの変化で、自分が希望する条件も大きく変わります。 最近は、パート勤務や時短勤務での復職を歓迎するなど、女性薬剤師が働きやすい環境づくりに力を入れている企業が増えてきています。 今は、子育て中でパートでしか働けないけれど、ゆくゆくは正社員で働きたい。 など、パートから正社員への登用という道もあります。 鹿児島県では、薬剤師不足に対して未就業薬剤師の円滑な復職を促進するため、病院・薬局と連携した薬剤師の復職支援プログラムを作成し、医療現場に復帰できる体制を整備しています。

スキルや経験、資格を活かしてキャリアアップ!

コミュニケーションスキルが高い薬剤師は重宝されます
2016年より開始された「かかりつけ薬剤師」制度の需要も高まっており、企業側にとって、コミュニケーションスキルが高い薬剤師は喜ばれます。 処方箋を出した医師、薬を必要としている患者さんとのコミュニケーションをうまくとることで、薬剤師の資格を十分に活かせるといえます。 薬の飲み方や効果、副作用などの説明を分かりやすく伝えることが、信頼を得ることにもつながるため、薬剤師としてのスキルに加え、コミュニケーションスキルを磨くことをおすすめします。
認定薬剤師の資格で、他の薬剤師との差別化
在宅医療の場で働いた経験や、専門知識が必要となる各種の認定薬剤師の資格を持っていると、他の薬剤師と差別化を図ることができます。 在宅で介護されている高齢者は複数の病気を抱えることが多いため、その分、処方箋の量が増えていきます。介護職の方は薬のことは分からないため、在宅医療にかかわることができる薬剤師の存在は大変重要です。 その他にも、特定の専門分野を磨くための認定・専門薬剤師の制度が多数設けられています。日本薬局学会主催のセミナー等が開催されているので、スキルアップに挑戦し、転職に活かしてはいかがでしょうか。

薬剤師専門の転職会社を利用し、やりがいのある仕事を見つけよう!

鹿児島県で少しでも条件の良い求人を見つけるためには、薬剤師に特化した転職エージェントを利用すると良いでしょう。プロのキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。 転職エージェントの大きな特徴は、無料で登録できる上、求人の紹介から履歴書・職務経歴書の作成指導、面接対策、条件交渉や就職後のアフターフォローまで多方面にわたる支援を行ってくれることです。 また、転職エージェントは通常の求人サイトに掲載されている一般求人の他、転職エージェントしか応募できない独占求人、非公開求人も扱っています。 マイナビ薬剤師では、プロのキャリアアドバイザーがあなたの転職活動を徹底サポートします。 転職について困っていること・お悩みなど何でもお気軽にご相談ください。
今なら転職サポートブック進呈!無料で登録する
  • 求人特集 鹿児島県の土日休み
  • 求人特集 鹿児島県の調剤薬局で働く
  • 求人特集 鹿児島県のパート・アルバイトの求人を探す
  • 求人特集 鹿児島県の病院・クリニックで働く
  • 求人特集 鹿児島県の年収600万円以上
  • 求人特集 鹿児島県の学術・企業・管理薬剤師で働く