転職成功事例
いかに本音で話し合えるか。キャリアアドバイザーとの信頼関係が鍵。

  • 2018.01.30

プロフィール

  • 年齢:27歳
  • 性別:男性
  • 仕事内容:薬剤師

転職前

勤務地 福岡
勤務先 病院
雇用形態 正社員
年収 430万円

転職後

勤務地 福岡
勤務先 調剤薬局
雇用形態 正社員
年収 470万円(40万円UP)

会社選びで重視すべきポイントが曖昧

2017年9月にご登録されたKさん。すぐに面談に来て下さったのですが、その時はあまり時間がないということで30分ほどしかお話しできませんでした。転職についてのお話を進めていくと、現在働いている急性期の病院はグループ内の病院への出向がしばしばあること。このままでは長期的なキャリアを構築できないため、転職したいとのことでした。そのため、「キャリアアップできる環境かどうかを一番重視します」と言っておられたのですが、一方で「病院でも調剤でもどこでも構わない」、「ワークライフバランスも重視したい」などという要望もあり、曖昧な印象のまま時間切れになってしまいました。

2回目の面談でようやく本当の転職理由が判明

次の連絡は電話でした。その際、実は他社の紹介会社も利用しており、すでに5社受けて2社から内定が出ていること。しかしいずれもあまり希望する会社ではないことを話してくださいました。念のため、これから面接を受ける予定の3社も含めた5社を聞いてみると、いまいち共通点がなく、Kさんのキャリアや要望に合う会社でもありません。他の紹介会社も、ヒアリングをもとに会社をピックアップしているはずです。にも関わらず、Kさんに合った会社を絞り込めていない。かくいう私自身も、この時点ではまだどんな会社をご紹介すればいいのか、絞り切れていない状態でした。 ただ、来社時から気になっていた点がありました。それは「ワークライフバランス」という本人が発した言葉です。Kさんから出たこの言葉がどうもしっくりきておらず、その言葉が意味するものが具体的に何なのかがを理解する必要があると判断。まずは、趣味・嗜好についての話を聞きたいと思い、前回ご来社いただいた際にリュックについていた缶バッチを思い出しました。「そういえば先日いらしたとき、〇〇の缶バッジをつけておられましたね。同僚にもあのアニメが大好きな人間がいるんですよ」と軽い感じで話題をふってみたんです。すると、それまで口数が少なかったKさんが急に明るくなり、嬉々としてアニメの話をし出したのです。そして、実はある声優の熱狂的なファンで、その声優の出るイベントやライブには他府県であってもできる限り行っていること。転職も、そういったライブに行く時間をもっと確保したいからだという本音を話してくださいました。Kさんはこの趣味の内容を話すと自身の印象が悪くなると思い込んでいたのです。 転職動機があいまいな理由。それは、本音を隠していたからでした。

店舗見学では、安心してもらうための「仕込み」も

そこからは非常にスムーズでした。休日が自由に取れて残業なども少ないところ、という一番の目的に合わせた会社をピックアップしてご提案。結果、人数が多めでシフトの融通も利きやすいドラッグストア併設薬局を3社紹介。経験がないため、ドラッグストア併設薬局という点に多少不安があるようだったので、一番条件が合う企業の店舗見学の際、調剤未経験からのスタートという同じ立場で中途入社した方の中で、同じように趣味や家庭と両立してワークライフバランスを重視しながら働いている方と話ができるように手配。現場見学の際には、その二人の話がしっかりかみ合い、店舗見学が終わった時点で「この人たちとなら上手くやっていけそう。早く働きたいです」と非常に好印象でした。

求職者の価値観を尊重することが大切

もちろん、企業側からも「ぜひ」ということですぐに内定が出ました。もともと、急性期の病院でバリバリ働かれていた方で、とても優秀な薬剤師なのです。少し緊張しやすく大人しい雰囲気なので、面接対策を念入りに行ったのも功を奏したと思います。その後、退職交渉などもスムーズに進み、無事予定通り入社。これまで以上に趣味に熱中しながら、楽しく働いている様子でした。 求職者の方が、最初の面談でいきなり本音を話してくれるとは限りません。しかし、本当に合う転職先を見つけるためには本音を話していただくことが不可欠であり、アドバイザーのヒアリング力が試されます。今回は缶バッヂがヒントになって本音を上手く引き出すことができましたが、話してくださる内容だけでなく、服装や髪型、顔色、口調などの表面的な情報から趣味・嗜好、生活パターンなどを読み取ることが大切だということを改めて実感しました。

転職活動にかかった期間

成功のポイント

  • ① (途中からでしたが)本音をしっかりアドバイザーに伝えた。
  • ② アドバイザーの指示に従い、入念に面接対策を行っていた。
  • ③ 店舗見学をしっかり行い、入社後のイメージを具体的に描けた。

※利用者の特定を避けるため、一部内容を変更して掲載しております。

求人に関するお問い合わせはお電話も便利

薬剤師 専用ダイヤル
0120-866-153
  • 平日 9:30-20:30
  • 土曜 9:30-17:30
  • (日曜・祝日を除く)
携帯・PHS OK

お問い合わせ例

  • 「求人番号○○○○○○に興味があるので、評判を教えていただけますか?」
  • 「JR○○線○○駅周辺に住んでいるのですが、自宅から30分で通える薬局を探していますが、おすすめの求人はありますか?」
  • 「○○県○○市内で、残業が少ないドラッグストアを探しています。何か良い情報があれば教えてください」