転職成功事例
「なんとなく不満」の裏にある本当の理由を見つけ、ベストな転職に

  • 2017.03.10

プロフィール

  • 年齢:32歳
  • 性別:男性
  • 仕事内容:薬剤師

転職前

勤務地 東京都
勤務先 大学病院
雇用形態 正職員
年収 550万円

転職後

勤務地 千葉県
勤務先 調剤薬局
雇用形態 正社員
年収 580万円(30万円UP)

多くの人がかかる「なんとなく不満」という病

新卒で大学病院に入職されたYさん。調剤や服薬指導などの他に、在庫や発注システムの構築など、管理業務も多数任されているとのことでした。転職を希望する理由は「業務量が多すぎてキツイから」。しかし、休みの日には薬局でパート勤務もしており「はっきりした理由や目的はないけれど、とにかく今の状況を打破したい」というご希望でした。

視点を“3年後”にすることで見えるもの

最初に当社のサイトにご登録いただいたのは12月。ご登録時は別のキャリアアドバイザーが担当させていただきましたが、4月になって担当が私に変更となり、改めて詳しいお話をうかがうことになりました。ご自身は「業務量が多くて、仕事がキツイのがいや」と言っておられましたが、本当にお仕事がつらいならWワークはできないはずです。そこで、もう一歩踏み込んで「仕事が楽な薬局に入ったとして、何年勤められるかイメージしてみてください」とうかがってみました。すると「3年ぐらいで飽きそうですね」という答えが。つまり、「やりがいのある仕事をしたい」というのがYさんが転職を希望する本当の理由であり、仕事量の少なさや時間の短さではなく、一番重視すべきポイントは仕事の内容だということがわかりました。

マイナビ薬剤師ならではの情報量で最適なマッチング

少し話をするだけで、とても理論的で知的好奇心が旺盛な方だということがわかるYさん。そんなYさんにぴったりの会社を、私は知っていました。その会社は代表がとても革新的で、数店舗の薬局を展開するほか、自社で育てた若手の独立支援、他の薬局の売り上げアップや人材育成、システム構築、教育、開局支援などのコンサルティングにも力を入れていました。代表からも、「受け身の人はいらない。自分からどんどんアイデアを出せる人を紹介してほしい」との依頼を受けていましたので、その会社こそYさんの経験やスキルが活かせて、かつやる気も引き出せる仕事だと確信。早速ご紹介すると、「そんな会社があるんですね」と、興味を持っていただけました。

やりがいのある仕事との出合いで、生き方も大きく変わる

狙い通り、面談では社長とYさんが意気投合。会話も弾み、ほぼ即決のような状態でした。もともといた病院をすぐに辞めるのが難しかったため、5月に採用が決まってからYさんが実際に入社したのは10月という流れになりました。当社のサポートをとても高く評価してくださり、8月にはご友人を紹介してくださいました。その際、電話でお話ししたときも、お会いした当時とは別人のように生き生きとした話しぶりだったのが印象的でしたね。退職するまでに少しでもいい状態にしておきたいからと、新たな提案を行っているということでした。やりがいのある仕事と出合うことは、生き方そのものも大きく変えるのだと再認識。私も、キャリアアドバイザーという仕事の責任の重さと、やりがいを再認識しました。

転職活動にかかった期間

成功のポイント

  • ① どんな仕事なら楽しく取り組めるか。「やりがいの具現化」をすることでベストな会社を見つけられた。
  • ② 勤務地や年収など、希望がはっきりしていた項目もあった。
  • ③ 「できるだけ早めに」などと曖昧にせず、期日を決めて動くことができた。

※利用者の特定を避けるため、一部内容を変更して掲載しております。

求人に関するお問い合わせはお電話も便利

薬剤師 専用ダイヤル
0120-866-153
  • 平日 9:30-20:30
  • 土曜 9:30-17:30
  • (日曜・祝日を除く)
携帯・PHS OK

お問い合わせ例

  • 「求人番号○○○○○○に興味があるので、評判を教えていただけますか?」
  • 「JR○○線○○駅周辺に住んでいるのですが、自宅から30分で通える薬局を探していますが、おすすめの求人はありますか?」
  • 「○○県○○市内で、残業が少ないドラッグストアを探しています。何か良い情報があれば教えてください」