転職成功事例
粘り強い交渉で双方が納得できる条件に

  • 2017.05.15

プロフィール

  • 年齢:46歳
  • 性別:男性
  • 仕事内容:薬剤師(資格:管理薬剤師)

転職前

勤務地 東京都
勤務先 調剤薬局(中規模)
雇用形態 正社員(調剤部長)
年収 850万円

転職後

勤務地 東京都
勤務先 調剤薬局(大手)
雇用形態 正社員
年収 700万円(150万円DOWN)

昇りつめた「その先」がないことが不安に

20店舗を展開する中規模調剤薬局で20年近く勤務していたYさん。順調にキャリアを重ねて調剤部長にまで昇りつめたものの、現在の会社ではこれ以上のキャリアアップが望めないという状況に不安を感じて転職活動を開始されました。7月の登録後、すぐにご来社いただいてヒアリングを行いました。登録された時点では「いいところがあれば」という軽い気持ちとのことでしたが、「これからは薬局が選ばれる時代となり、淘汰もありうる」という業界の現状をお伝えしたところ、本腰を入れて転職活動をすることを決意されました。

4社から内定を得るも希望年収が合致せず

現職での年収が850万円と高収入で、希望年収は「現状維持~最低でも800万円」というご希望でした。しかも調剤部長という肩書もある方です。年齢や勤続年数を考えると、年収の相場は600万円ほど。通常の募集枠では条件に当てはまるものが少ないので、特別枠として経歴や経験を考慮してくれる会社を探しました。今後のキャリアアップが望める大手薬局を中心に数社に打診してみると、マネジメントスキルを高く評価してくださる会社が数社見つかりました。Yさんは4社受けられ、そのすべてで内定が得られたのですが、いずれも年収は600万円台の提示。その点がご不満のようでした。

どこまで譲歩できるか家族で話し合い

そこで、現実的な問題として「年収800万円が必要かどうか」をもう一度考えていただくことにし、奥様にもお目にかかって状況をお話ししました。すると、奥様としては700万円あれば大丈夫とのこと。また、最初は700万円からのスタートであっても、今後キャリアアップしていけば増えていく可能性があることもお伝えし、700万円というラインで納得いただくことになりました。一方、内定された4社の中でYさんが一番気に入っていた会社に再度お願いし、役員面接をしていただくことで年収の再考を依頼。その場で「地域に密着した医療を提供するという方針に共感していること」「そのためにこれまでの経験を活かしたい」という点をアピールしていただくことができました。役員の方ともすっかり意気投合して話が盛り上がり、最終的には年収700万円で入社が決定しました。

1ヵ月におよぶ粘り強い交渉で円満退職

Yさんの場合、退職についてもサポートが必要でした。20年もの長い間、社長の右腕として働いておられたために強く引き留められたのです。Yさんもこれまでの恩義を感じて無下にはできず、戸惑っておられました。そこで現職の社長さんへは「今の状況は恵まれて過ぎているので、新しい環境に身を置いて成長したい」という旨を伝えて、粘り強く話し合っていただくよう伝えました。「なんらかの形でいつか恩返しするので、今は新たな人生にチャレンジすることを許してほしい」と、1ヵ月弱にもおよぶ退職交渉の結果、最終的には円満退職することが決まりました。 現在は引継ぎ中ですが、新たな職場で働く日を楽しみにしているご様子です。

転職活動にかかった期間

成功のポイント

  • ① 業界の現状や今後の動きなど、キャリアアドバイザーからの情報を真摯に受け止め、モチベーションを高くして転職活動に取り組んだ。
  • ② 提示された条件を鵜呑みにするのではなく、妥協点を探りながらも粘り強く交渉した。
  • ③ 退職交渉では、相手を立てつつ意志はぶれないよう明確に気持ちを伝え続けた。

※利用者の特定を避けるため、一部内容を変更して掲載しております。

求人に関するお問い合わせはお電話も便利

薬剤師 専用ダイヤル
0120-866-153
  • 平日 9:30-20:30
  • 土曜 9:30-17:30
  • (日曜・祝日を除く)
携帯・PHS OK

お問い合わせ例

  • 「求人番号○○○○○○に興味があるので、評判を教えていただけますか?」
  • 「JR○○線○○駅周辺に住んでいるのですが、自宅から30分で通える薬局を探していますが、おすすめの求人はありますか?」
  • 「○○県○○市内で、残業が少ないドラッグストアを探しています。何か良い情報があれば教えてください」