座談会

座談会

社会医療法人 駿甲会 コミュニティーホスピタル甲賀病院

座談会

(写真右)渡邉 学さん、(写真左)山﨑 直子さん

渡邉さん/統括科長兼医薬品安全管理責任者。1997年入職。診療技術部門(薬剤科・検査科・放射線科・臨床工学科・栄養科・リハビリテーション科)の総統括責任者として、病院全体のクオリティコントロールに携わっている。 山﨑さん/薬剤科長。2001年に新卒で入職。2017年から薬剤科長に。
病院勤務の基本から指導。がん化学療法への関与などのスキルも得られます!
中途入職の薬剤師も多いと聞いています。

中途入職の薬剤師も多いと聞いています。

渡邉さん

約半数の薬剤師が転職組です。前職で仕事と子育てとの両立に困ったり、スキルや待遇面のアップをめざしたりしての志望動機が大半です。当院では病院勤務が初めての方が安心できるよう、OJTに加え新人研修や若手職員能力研修に参加していただくほか、多職種間での研修、病院薬剤師会の研修、インストラクターを招いての接遇研修など、多彩な学びの機会を設けています。

山﨑さん

業務としては担当の患者様を持ち、調剤、注射調剤、混注、服薬指導を中心に、抗がん剤の必要な患者様への無菌製剤業務、化学療法の日程調整なども対応します。すべての薬剤師が、幅広い業務をできるようになるのが目標です。

貴院で身に付くスキルはいかがでしょう。

山﨑さん

患者様の背景やカルテから、処方意図がよく理解できるようになります。さらにがん化学療法ではレジメン管理や検査値チェック、当日の投与量や副作用対策の提案、ミキシング、患者指導等のスキルが身に付きます。NSTやICT、医療安全ラウンド、循環器内科カンファレンス等を通じ、チーム医療への対応力も習得できます。

渡邉さん

2019年からPBPMも複数発効しており、薬剤師の権限も広がっています。薬物血中濃度の測定など、必要なタイミングで提案をすることができます。

正確性・安全性をサポートする設備が充実。職種間の連携も自慢です
設備面の充実にも力を入れていますね。

設備面の充実にも力を入れていますね。

山﨑さん

オーダリングシステム、薬剤科部門システムに加え、電子カルテも稼働しています。さらにピッキングサポートシステムやユニバーサルカセット付き全自動分包機も導入し、GS-1コードを活用した安全確実な調剤を実施しています。バーコードを用いた調剤を行うようになってから、インシデントの発生率も約1/3に減りました。

渡邉さん

薬剤管理指導業務においても、部門システムや電子カルテ上の報告をしています。もちろん、それに加えて医師や看護師とのディスカッションも行い、より良い薬物療法推進に努めています。

その他に求職者の方へ伝えたいことは。

渡邉さん

医師との距離の近さも当院ならではの魅力です。何かあれば相談できますし、医師から質問をされ、処方提案を行うなど、円滑なキャッチボールができます。多職種連携の機会も多いため、コミュニケーション力は欠かせません。さらに看護師と患者様の間に立つ、潤滑油的な存在になれる方ならベストでしょう。

山﨑さん

年間休日は113日。残業も月平均20時間弱で、ワークライフバランスも充実できます。宿直もなく、夜間は電話当番によるオンコール体制になっています。薬剤師という資格の重さを認識し、責任を持って命を預かる仕事を全うできる方を求めています。

座談会

社会医療法人 駿甲会 コミュニティーホスピタル甲賀病院

設立
1989年3月15日
所在地
静岡県焼津市大覚寺2丁目30番地の1号
従業員数
522人(内 薬剤師13人) ※2019年12月現在
企業の特色
【診療科目】 内科/消化器内科/循環器内科/呼吸器内科/腎臓内科/ペインクリニック内科/神経内科/リウマチ科/小児科/外科/消化器外科/脳神経外科/呼吸器外科/乳腺外科/整形外科/泌尿器科/形成外科/皮膚科/眼科/放射線科/麻酔科/リハビリテーション科/病理診断科 【病床数】 407床(一般急性期223床、回復期リハ154床、地域包括ケア30床)
全文表示する

社会医療法人 駿甲会 コミュニティーホスピタル甲賀病院についてはこちらから

社会医療法人 駿甲会 コミュニティーホスピタル甲賀病院の
その他の記事