サイト内の現在位置

動画で現場の様子をチェック!

アモスは愛知県岡崎市に本拠を置く調剤薬局グループです。1998年、市内に開業した1号店を皮切りとして現在、愛知県に9店舗(岡崎市7、名古屋市1、津島市1)、滋賀県大津市に2店舗の調剤薬局を展開。今後はさらなる事業拡大に向けて、全国への店舗展開を目指しています。そうした動きを支えるのは従業員が安定して働ける職場環境です。このため、アモスは有給消化率100%、残業時間ほぼゼロなど「従業員が働きやすさを実感できる福利厚生の充実」に力を入れています。

医療の一翼担う調剤を通じて社会に貢献
M&A含めた積極的な店舗展開を目指す。

従業員が気持ちよく働くことのできる職場づくりを何より大切に考えます
会長として経営全般を率いる立場で、どんなことに心がけていらっしゃいますか。

今日のアモスの源流はわずか10坪の薬局です。以来、郊外型のドラッグストアやテナント運営、通販など、さまざまな事業に関わってきました。調剤薬局はその主力です。当社は医薬分業の流れに合わせて、多店舗化に弾みをつけました。その根底には「医療の一翼を担う調剤を通じて社会に貢献できる企業を目指す」という思いがあります。社会貢献に地域性は関係ありません。ですから、当社はその視野を全国に広げています。店舗を増やすためにはそれに見合う人材が必要です。そこで、当社は従業員が気持ちよく働ける職場づくりを何より大切に考えています。

全国展開を視野に入れた多店舗化構想はどのように進められるのですか。

まずは岡崎に2店舗を増設します。良い内容であれば地域を問わず、M&Aにも積極的に取り組みます。当面の目標を現在の3倍の規模に定めているからです。店舗が増えれば、薬剤師の職場も増えます。規模拡大の背景には「調剤薬局はやがて淘汰される」という読みがあります。「3倍の規模」は淘汰されないための目安です。3倍になればスケールメリットを生かして有利な店舗運営ばかりでなく、福利厚生を充実させることができます。

ドライブスルータイプの薬局、医療施設だけを集めたテナントビル。そんなものが世の中になかったころからその構想を思い描いていた柔軟な発想の持ち主。調剤薬局を真ん中に置きながらも事業意欲はとどまるところを知らない。
一生懸命に働き、一緒に会社を大きくしたい人には活躍の舞台があります
職場の雰囲気はいかがですか。

誤解を恐れずに言えば、当社では薬剤師だけを特別扱いすることはありません。同じ職場で働く従業員はすべて平等と考えているからです。たとえ薬剤師が評価され、店舗の売り上げに寄与したとしても、背景にはその人を支える他のスタッフの協力があるはずです。このため、日常業務や親睦会など、チームワークを深める機会を大切にしています。ですから、仲間と一緒に楽しく仕事のできる雰囲気がどの店舗にも満ちていると思います。

御社への転職を考えている方へのメッセージをお願いします。

昨今の人手不足は、この業界でも例外ではありません。では、どうすれば優秀な薬剤師を集められるか。簡単に言えば、働きやすい職場環境を整えることです。最も分かりやすいのは福利厚生を手厚くすることでしょう。当社は能力のある人にはそれに見合う給与面での待遇を保証します。頑張った成果は必ずお返しします。それが本当かどうかは、実際に当社を訪問し、自分の目と耳で確かめてください。一生懸命に働き、一緒に会社を大きくするのが私の夢です。その夢に興味を持ち、一緒に実現しようという意欲のある人には活躍の舞台がたくさんあります。

「設立当初、店舗始業の1時間前には出社してトイレを含む掃除をし、ほかの社員のためにコーヒーを沸かしておくのが私のルーティンワークでした。仲間が気持ちよく働ける職場をつくりたいという想いは昔と変わらないですね」。

管理薬剤師としての責任と誇りは人一倍
申しぶんのない労働環境で仕事にも意欲が湧く

仕事がしやすい職場かどうか、労働環境はどうかを目安に選びました
転職をお考えになった理由と、御社に決めて良かった点を教えてください。

前職は新卒で入社した中堅規模の薬局です。仕事は面白かったのですが、管理薬剤師になると休憩がとりづらく、残業も増えるので、ゆとりのある仕事をしたいという気持ちが次第に高まってきました。ですから、転職活動の際には仕事がしやすい職場かどうか、労働環境はどうかという点を目安に複数社を訪問し、1日の動き方と残業の状況を実際に尋ねました。当社に決めたのは営業時間内で業務が終わり、有給も保証されることが分かったからです。実際、その通りでした。

現在はどのようなお仕事に携わっておられるのですか。具体的に教えてください。

店舗としては内科、精神科を中心に月間800枚ほどの処方箋を扱っています。通常の来客対応ばかりでなく、提携している4カ所の施設の患者さん向けの調剤も大切な仕事です。各施設を週に1度の割で訪問し、現場で医師や看護師さんに処方確認したものを調剤して届けます。今年の1月からは在宅業務も加わりました。個人的には指導薬剤師の研修を終えたので、これからは実習生の育成や指導といった仕事も増えてくると思います。

「のびのびと仕事をしたい」ことが転職動機だったので、求職活動では労働環境を綿密に調べた。最終的にアモスを選んだのは、高い有給消化率と柔軟な勤務体制。自ずと仕事場でも笑顔がこぼれる。
自分が何を大切にしているか、どんな条件を求めているかを細かく決める
毎日のお仕事を通じて感じられる一番のやりがいを教えてください。

業務の柱の一つである施設の調剤では看護師さんに頼られているという実感があります。たとえば、薬をうまく飲めない高齢者のために「カプセルは開けてもいいのか」「この薬はつぶせるか」といったことを聞かれます。何種類もの薬を必要とする人には飲み合わせの問題もあります。新しい薬を使う時には一包化せずに敢えて分けることもあります。単に薬をお渡しするだけでは味わえないやりがいを感じます。それだけに、看護師さんの期待に応えられるよう、誠心誠意努めています。

御社への転職を考えている人にメッセージやアドバイスをお願いします。

自分が何を大切にしたいと思っているか、どういう条件を求めているかを整理した上で活動してほしいですね。自分の経験で言えば、転職活動の際、訪問先では有給休暇の消化状況と残業の実態を必ず聞きました。それが最大の関心事だったからです。就職してから後悔しないように、必ず聞く内容は事前に整理しておくことが大事だと思います。本当にその会社に勤めたいなら現場に足を運んで、確認しておきたいことをきちんと尋ねることが大切でしょう。その労を惜しんでは、良い職場には巡り合えないと思います。

「患者さんの命を預かるプロの看護師から頼られているので、こちらもプロとして対応しています」と言い切る水野さん。単なる処方ではなく、一人ひとりの状況にきめ細かく応じる大切さを施設向けの調剤で学んだ。

同業他社がうらやむ有給消化率実績100%
本社管理で限りなくゼロに近い残業時間。

全社員が一堂に会する年2回の社員交流会で他店舗の社員と親睦を深める
御社の福利厚生制度には定評がありますが、具体的にはどんな内容なのですか。

薬剤師の立場で助かるのは、薬剤師会への入会金や年会費、賠償責任保険の掛け金などをすべて会社で負担してもらえることです。認定薬剤師制度の研修費用も会社がもちます。会社全体の制度としては、永年勤続表彰制度があります。在籍10年毎に対象者には10万円相当の旅行券と5日間の特別休暇が支給されます。女性には産前産後の休暇も保証されています。また、各店舗同士の親睦を深めるために年2回、社員交流会を開いています。とくに忘年会は取引先などを招くので盛大ですよ。

福利厚生のなかでも関心の高い有給休暇の消化率はどのようになっていますか。

一般に有給休暇は2年経つと消滅します。しかし、当社では失効2カ月前になると、本社の事務担当者から声がかかるので、有給の消化率はずっと100%をキープしています。期間内に申告しておけば、状況に応じて柔軟に対応してもらえます。残業についても本社が個人ベースの状況をきちんと管理しているので、限りなくゼロに近い状況が続いています。どちらも「従業員が気持ちよく働ける職場づくり」を掲げる神尾会長の理念の表れです。

半期に1度、夏と冬に開かれる社員交流会は普段顔を合わせる機会の少ない店舗スタッフが互いに懇親を深める場でもある。夏の交流会は宴会会場を借り切って催す食事会が恒例。
管理薬剤師が業務に対する提案や意見を交わす、月に一度のオンライン会議
他社から転職された立場で自慢できる御社の特徴はどういうところだと思いますか。

分かりやすい数字で表せば、すでにお話しした有給消化率100%の実績と残業時間ほぼゼロの継続です。「従業員はみな平等である」という神尾会長の考えによるものです。私自身が、転職の際の大きな決め手になったことなので、その点では満足しています。教育面では配属予定店舗で上長の指導を受けたり、現場に立ったりするOJTをしっかり行い、一日も早く仕事に慣れるようなフォロー体制を整えています。

御社への転職を考えている人へのアピールポイントをお聞かせください。

自分自身の経験で言えば、非常に働きやすい職場であることは間違いありません。遠慮せずに相談できる雰囲気があるからです。たとえば「子どもが急に熱を出したので休みたい」と従業員から相談された場合には、気兼ねせずに休める体制を整えています。それは当社に「みんなで一緒につくる会社」という考え方があるからです。「一緒につくる」活動の一つとして、管理薬剤師を中心とするWEBを使ったオンライン会議を毎月開いています。業務に対する提案や意見交換の場でもあります。店舗の休憩時間を利用するのですが、時には白熱することもあります。転職される方には、一日も早くその会議に加われるようになっていただきたいですね。

冬の社員交流会は忘年会。1年の締めくくりにあたるため、社員ばかりでなく、仕事でお世話になっている卸関係者や取引先などを招く。総勢150人が集まる一大イベントで、さまざまな趣向が凝らされる。

株式会社アモス

設立 1990年8月
所在地 愛知県岡崎市緑丘3丁目1番地19
店舗展開 13店舗(調剤薬局 愛知9店舗、滋賀2店舗、コンビニドラッグストア 愛知2店舗)
企業の特色 ■愛知県・滋賀県を中心に、主にクリニックの門前に店舗展開しております。調剤薬局だけではなく、コンビ二に併設したドラッグストアを2店舗展開しています。今後も多様な店舗展開を予定しています。
■アットホームな温かい雰囲気です。レクリエーションを年に2回開いており、店舗を超えた社員同士のつながりがございます。
■勤続10年毎に10万円分の旅行券と特別休暇5日間が付与されます。長くご勤務いただける方を大切にしています。
■社員の85%が女性です。そのため、育児休暇・産児休暇などの女性のライフイベントやお子様の体調不良による早退に理解のある会社です。
従業員数 薬剤師27人、正社員38人

※2019年1月時点