サイト内の現在位置

動画で現場の様子をチェック!

在宅訪問に特化した薬局を運営するセントラル薬局(株式会社SF・インフォネット)。まだ介護保険サービスがない時代に薬局を立ち上げた同社は、在宅訪問のパイオニア的存在です。ご自宅で療養されている患者さんや有料老人ホームなど居宅系施設を訪問し、服薬指導や薬剤の管理を担っています。さらには、医師の往診にも同行しており、剤型の変更など、その患者さんに合ったお薬の提案もしています。在宅未経験の薬剤師でも安心して経験を積んでいけるよう、先輩薬剤師がマンツーマンで指導するなど指導体制も万全。さらには、薬剤師が公私ともに充実した生活を送れるよう、働きやすい職場づくりに力を入れている点もセントラル薬局の大きな魅力であり、また強みともなっています。

薬剤師という職業を選んだからこそ得られる
喜びとやりがいを日々、味わっています!

双子を出産し、三児の母になった私が、子育てと仕事を両立できている理由
現在、三人のお子さんを育てながら働いているそうですね。

病院に勤務していた頃、第一子を出産。時短勤務を終え、フルタイムに戻ったのですが、どうしても残業をしなければならないことが多く、仕事と育児の両立が難しくなってきました。そこでセントラル薬局に転職。去年、双子を出産し、この春に復帰しました。現在は9:30~17:30の時短勤務中です。セントラル薬局は、小さな子供がいることを考慮してくれて、仕事と育児の両立ができる職場環境になっています。

仕事と育児の両立はいかがですか?

育休から復帰するにあたって会社と相談。「パート勤務も可能だし、正社員で勤務することももちろん可能。佐藤さんのライフスタイルに合った働き方を選んでいいんですよ」と言ってくれました。また、復帰前は複数の施設を担当していましたが、時短中の今は担当施設数を減らしていただき、現在は有料老人ホームを1施設受け持っています。セントラル薬局は在宅に特化した薬局で、私たち薬剤師の仕事としては、往診同行、調剤、お薬のお届け、服薬指導などがあります。復帰後、往診同行の日に子どもが熱を出してしまったこともありますが、みなさん理解ある方ばかりで、笑顔で業務を代わってくれるんです。三児の子育ては確かに大変ですが、周囲の理解と協力があるので、十分に仕事と育児の両立ができていると思います。

「在宅の場合、担当する施設や患者さんの人数がわかっているので、仕事のスケジュールが立てやすいんです。どの薬剤師も仕事の量を上手に調整して有給を取得したりと、公私ともに充実した生活を送っています」。
薬剤師として地域に貢献しているという実感が、前に進む原動力に
在宅医療に携わる薬剤師として、どのようなやりがいを感じていますか。

セントラル薬局に転職したばかりの頃、先輩がマンツーマンで担当施設の特徴や入居者の容態、さらには施設ごとに気をつけるべきポイントなど、一つひとつ丁寧に教えてくださいました。在宅の経験を積むことで、「薬剤師はここまで患者さんの治療に関わっていくことができるんだ」と実感。患者さんが生活をしている場所に訪問し、医師や他の医療従事者や施設の関係者とも日常的に連携を取っているので、得られる情報量がとても多いんですね。たとえばクレアチン値を見て、腎機能の薬の量の調節を医師に提案したり――。その結果、適切な量の薬を服薬してもらい、適切な治療に繋げることができる。そこに、在宅ならではのやりがいを感じますね。

今後の目標を教えてください。

私にとって薬剤師の仕事は、人生の支えになっています。家族はもちろん大切ですが、薬剤師として「地域に貢献している」という実感を得られる瞬間も同じくらいに大切だからです。三人の子育てをしながら正社員として働くことができている今に心から感謝していますし、家族にもいつも感謝しています。これからも薬剤師として、三人の子の母として誇りを持って生活していきたいですね。

「在宅の仕事は、医師はもちろん、看護師やケアマネジャーとの信頼関係がとても大切。薬物のプロとして信頼していただけるのはとても嬉しいですね。地域医療に貢献しているという実感があります」。

在宅に特化した薬局だからこそ、
スキルを徹底的に極めていくことができます

在宅に特化した薬局を希望。セントラル薬局はまさに“理想の環境”!
在宅医療に興味を持つようになった理由は?

祖父の死を自宅で看取ることができなかった経験が、大きなきっかけとなっています。薬学部時代、「最期まで自宅で過ごしたいと願う方々のために、薬剤師として何ができるだろうか」と考え、在宅の経験を積もうと決意しました。薬学部卒業後、在宅に力を入れている薬局に就職。その後、結婚を機に妻の地元に引っ越し、個人薬局に転職しました。在宅と外来の両方を担当していたのですが、仕事の負担が多くなり、ワークライフバランスが崩れてしまったことから、再度、転職を検討するようになりました。

転職先を探す上で大切にしたポイントは?

「在宅に携わる」という希望は今も昔も変わりません。そのため、転職先を探す上で最も重視したのは、在宅に力を入れているかどうかです。6社ほど検討しましたが、セントラル薬局は在宅に特化した薬局であり、在宅の経験が豊富な薬剤師がたくさんいます。また、子育て中の薬剤師が多く働いており、互いに助け合いながら仕事に取り組んでいる姿にも共感しました。私には1歳の子どもがいるのですが、「セントラル薬局なら、子の成長をしっかり見届けながら、私自身も薬剤師として在宅のキャリアをしっかり積んでいける」と思いました。

「セントラル薬局は、職場の雰囲気がとても良いんです。みなさん明るくて、しかも仲が良い。先日、妻と子どもが発熱したときも、『早く帰ってあげて。後は私たちがやるから』と笑顔で送り出してくれました」
医師の往診に同行し、薬物のプロフェッショナルとして在宅医療に携わる
実際に、セントラル薬局で働いてみての感想は?

とても刺激的です。私は有料老人ホームとグループホームの二つの施設を担当しており、定期的に医師の往診に同行しています。医師に処方の意図を確認したり、逆に医師から薬剤に関する問い合わせをいただいたり、さらには処方提案をすることも少なくありません。また、社内にDI委員会があり、私もこの委員会に参加させてもらっています。薬物の情報を外部の医療機関に発信しているほか、今後は学会発表にも積極的に取り組んでいく予定です。セントラル薬局は向上心の高い薬剤師が多く、諸先輩方が仕事に取り組む姿勢を見て学ぶことも多いですね。意識の高い方が身近にいるからこそ、私も「薬剤師としてさらに成長したい」と高いモチベーションを維持できているのだと思います。

最後に、転職を検討している薬剤師にメッセージを。

「薬剤師として、患者さんのためにできることを追求していきたい」と考えている方はもちろん、ワークライフバランスを保ちたい方にも、セントラル薬局をお勧めしたいですね。有給の消化率も高いので、十分に休息を取ってリフレッシュしながら、仕事のスキルを高めていくことができます。お子さんがいらっしゃる方も生き生き働ける環境があるので、長く働きたい方にもぜひ、セントラル薬局に入社していただけたらと願っています。

「入社して3か月が経ちました。現在、最も興味があるのがターミナルケア。いずれは麻薬鎮痛剤のコントロールにも携わってみたいと思っています」と、大髙さん。

理想のキャリアを築きながら、
薬剤師としてさらに高みをめざしていく

薬剤師から薬局長、エリアマネージャーへ。三人三様の“キャリアの軌跡”
みなさんがセントラル薬局で築いてきたキャリアをご紹介ください。

【窪田】宮の下店に1年半勤務後、不動店に異動。現在は薬局長を務めています。また、DI委員会の活動にも取り組んでおり、クリニックや施設などに薬物の情報発信をしています
【谷野】私は他社で薬局薬剤師の経験を積み、2016年から宮の下店の薬局長として薬局運営に取り組んできました。現在はエリアマネージャーとして3店舗を統括しています。
【小宮】大学病院に14年勤務し、2015年にセントラル薬局に転職しました。副薬局長を経て、エリアマネージャーに昇格。現在3店舗を統括し、薬剤師一人ひとりが在宅のスキルを磨いていけるような環境作りに力を入れています。
【谷野】セントラル薬局には「薬剤師の思いを聞き、それに応えてくれる風土」がありますよね。私自身、「薬局長時代の経験を小宮マネージャーが評価し、エリアマネージャーに推薦してくれた」という経緯があります。
【窪田】確かに。私は薬剤師経験が浅く、「もっと知識を高めたい」という想いがあり、小宮マネージャーに幾度となく質問してきました。そのたびに笑顔で答えてくださり、心から感謝しています。
【小宮】二人とも目的意識が高く、常に自己研鑽に励んでいます。セントラル薬局は向上心の高い薬剤師が多いので、自然と、「彼らが職能を発揮できるフィールドを与えたい」という気持ちになるのだと思いますよ。

「チームワークが良く、互いを思いやる気持ちをもった薬剤師が揃っています。仕事はもちろん、有給取得などプライベート面も配慮してくれるので、“働きやすさ”も当社の魅力としてお伝えしたいですね」。
薬剤師の職能をフルに発揮できる在宅の仕事に、是非チャレンジしてほしい
在宅の経験を積むことで、どのような成長ができると思いますか。

【谷野】在宅の場合、さまざまなクリニックの医師と関わりながら、在宅で療養している患者さんの薬物治療を支えていきます。医師の考えを間近で聞き、処方の意図を理解していく――そのプロセスのなかで得た知識と経験を次の機会に活かすことも多いですね。
【窪田】患者さんはもちろん、ご家族や施設の担当者などさまざまな方から情報をお聞きし、適切な薬物治療ができるよう支援できる点に在宅の魅力を感じています。薬剤師の立場から意見をすることも多く、コミュニケーション力も磨かれていきますよ。
【小宮】検査値から判断することもありますが、在宅の場合は患者さんの表情や身体の変化から気付いたことを医師に伝えることが少なくありません。薬剤師としての臨床的判断を求められる機会が多いので、その分、成長スピードが速いと思います。

セントラル薬局への転職を希望している薬剤師にメッセージを。

【谷野】在宅未経験でも安心して飛び込んで欲しいですね。当社の薬剤師は非常に仲が良く、互いに意見を交わしながら、薬物治療の知識を高めていくことができます。
【窪田】在宅医療の先駆者的な先輩がたくさんいるので、先輩から多くのことを学べると思います。向上心の高い方にぜひ、セントラル薬局の新たな仲間になってほしいですね。
【小宮】これまでの経験を活かしたい人も、新たに在宅の業務にチャレンジしたいという方も大歓迎です。薬剤師として成長していけるよう全力でみなさんをバックアップしていきます。

「“なぜこの薬が処方されたのだろう”とつぶやくと、ワラワラと仲間の薬剤師が集まって議論が始まる。そんなにぎやかな職場です。知識も高まるし、仲間と一緒に患者さんをサポートしている実感も得られますよ」。

株式会社SF・インフォネット セントラル薬局

設立 2003年11月
所在地 神奈川県川崎市高津区上作延539-5
店舗展開 6店舗(内訳:藤が丘店・溝の口不動店・梶ヶ谷店・幸店・溝口宮の下店・船橋店)
従業員数 142人(内 薬剤師53人、正社員33人)

※2018年7月現在