サイト内の現在位置

蘭調剤薬局はグループで18店舗を経営(2016年9月現在)。その大半が総合病院のメイン薬局で、院外処方を始めた病院の近隣に最初に開局したパイオニア的存在です。したがって幅広い薬の経験が積めるとともに、店舗研修会や全社勉強会などを積極的に実施。認定薬剤師のeラーニングも会社負担で受講できるなどスキルアップの支援体制が万全です。また福利厚生をはじめ働く環境の充実ぶりも魅力で、有給が取得しやすいほか過度の残業もありません。子育て中の方にもお勧めの職場である一方、キャリアアップを追求したい人には、教育や地域活動、在宅支援など活躍のフィールドとポジションが広がりつつあります。薬剤師の平均勤続年数は8年以上。調剤薬局の中でも定着率が高いことが、働きやすさを証明しています。

誰よりも現場を経験した強みを活かし
薬剤師の教育と働きやすさを支援しています

総合病院の処方を担うとともに、地域活動にも注力しています
蘭調剤薬局の特色を教えてください。

ほとんどの店舗が総合病院の門前に出店しているのが大きな特色です。どこも医薬分業が始まってから一番に開局しているので、長年のお付き合いの患者さんが沢山います。内科薬から抗癌剤など化学療法の薬まで多岐にわたり扱っているので、日々の調剤業務だけでも経験値が上がり勉強になる環境です。私は新卒入社で、就職にあたり「処方箋の応需枚数の多さ」を基準に会社を選びましたが、期待通り、広く薬の知識を身につけられるとともに、自ら希望して多くの店舗を経験しました。新しい経験をすること自体がやりがいでしたね。今はそうした現場経験を踏まえて薬局運営全般に関わっています。

最近でも在宅推進室を立ち上げていますね。

在宅医療の支援はもちろん、介護施設や訪問看護ステーションとの繋がりを深めて、地域医療にも積極的に取り組んでいます。その一環として、団地の会議室や公民館などで薬の相談会を開くなどの活動も進めています。門前展開はいわば当社の原点なので、今後は門前と地域活動を「車の両輪」として、双方の充実を図る方針です。またこれに伴い、新しいポジションをどんどん増やしたいと考えているので、キャリアパスも広がるでしょう。責任ある業務をまかせられる社員をしっかり育てていきますので、興味と意欲のある人はぜひチャレンジしてください。

あらゆる領域の医薬品を調達できるのも同社の強み。飯田さんは薬の供給から設備の見直し、社則の改正まで幅広くヒトとモノを管理する。店舗薬剤師からスタートして「経験を積むこと」「やりたいことに挑戦すること」を追求してきた薬剤師の1つのロールモデルだ。
全員を「かかりつけ薬剤師」に。資格取得を支援しています
飯田さんは薬剤師の教育制度も作られています。

新人教育とその指導者教育という2つの制度を構築しました。

新卒に関していうと、導入研修のメニューや各種ツールの作成、大型店に配属するなどの基準です。そしてこれは中途入社の方にも適用します。例えばベテランの薬剤師でも、入社後は再度、新人と同じ研修を受けていただきます。、当社を知るとともに今までの自分を振り返る良い機会になっています。また研修と並行してOJTを実施。中途採用の方はスキルにもよりますが3か月程度で終了となります。その後は主任、薬局長を目指すもよし、店舗薬剤師として現場で活躍するのもよし。一人ひとりの希望や意欲に応じた働き方ができます。

もうひとつは、新人の教育にあたり、一定レベルの人材を確保するため、指導者を教育するプログラムを作りました。OJTでは店舗スタッフ全員が教えますが、教育の責任者としてこのプログラムを受講した人が専任につきますので、しっかりと成長できます。なお全店舗に研修認定薬剤師が在籍し、実務実習指導薬剤師については在籍していない数店舗においては、積極的に支援しております。

さまざまな取り組みをされていますね。

最近では福利厚生の一部にもなりますが、認定薬剤師の研修費を社内で補助しています。これは今年から制度がスタートした「かかりつけ薬剤師」を全ての薬剤師に取っていただきたいとの目的で始めました。認定、そしてかかりつけ薬剤師がこれからの当社の発展に寄与するのはもちろんですが、その人の武器として有効活用してもらえれば嬉しいですね。働きやすく、やりがいをもって成長していただくために、私たちはどのような支援も惜しみません。

男性薬剤師も活躍中。マネージャーだけでなく部門の課長、部長など、今後、責任あるポジションを増やす予定の同社にとって、将来の幹部候補として期待する存在だ。一方で「現場では女性薬剤師とのコミュニケーションが大切。他人の意見を尊重し、ニュートラルな視点を持てる人を歓迎します」と飯田さん。

時間に融通が利き、理解のある職場で
仕事に子育てに全力投球しています

お互いを思いやり、支えあう社風が根づいています
髙田さんは子育て真っ最中ですね。

入社した時にすでに長男が1人いましたが、そこから4年後に2人目の出産で産休を取り、復職して本店で働いています。保育園のお迎えがある関係で、産休前後も変わらず、ずっと9時から17時の勤務で残業ゼロという条件です。もちろんシフト勤務もありません。2日の週休もお願いして土・日に固定してもらっています。ほかにも様々に融通を利かせてもらえる職場ですので、とても恵まれていると感謝しています。

実際の働きやすさはいかがですか。

新卒からベテランの薬剤師まで幅広い世代がいますが、子育て経験の有無に関係なく、皆さんとても理解がありますね。若手の方も積極的にサポートしてくれます。保育園の行事や保護者会などは、基本的に優先して休みをいただいていますし、子どもが発熱したなど、急に休んだり早退しなければならない場合でも気兼ねなく申し出ることができます。なにか困った事があれば助け合うという意識が根づいているんですね。今のところ、この店で子育て中の薬剤師は私だけですが、全店ではこれまで40名を越える方が産休・育休を取り復職していると聞きます。また時短勤務も取得しやすい環境です。

新薬や、化学療法の薬を処方するなど、学ぶことは次から次へと出てくるが、そのつど店長をはじめ先輩薬剤師がフォロー。新薬の情報は必ず髙田さんにもフィードバックされる。真剣に取り組めるから仕事と子育てのスイッチがきちんと切り替えられる。
ブランクのある方でも大丈夫。教育制度が充実しています。
御社の良さはどんなところですか。

1つは教育ですね。当社は新人の研修制度が充実していますが、新卒だけでなく中途入社の人もしっかり研修を受けられるのが魅力です。新卒の薬剤師に教えるように丁寧に指導してくれるから、産休でランクのある私でも安心でした。もちろんベテランの方でも、患者さんとの接し方や、最新の処方についてあらためて学び直すのは、決して無駄にはなりません。店舗でも、新薬のメーカー説明会などに薬剤師が積極的に参加して、私のように参加できない者にもきちんとフィードバックしてくれます。

もう1つは成長できる環境かな。ここ(本店)でいうと、総合病院の患者さんが多いので、精神科以外の処方は満遍なく経験できますし、他の店舗も門前が多いので同然だと思います。

やりがいは何ですか。

昔からご利用されている患者さんが多く距離が近いので、服薬指導だけでなく様々なサポートができるところです。検査値の見方とか薬の内容とか、「医師に聞きづらい」という患者さんは結構多いんですよ。そこを私たちがわかりやすく説明するとともに、生活習慣のアドバイスや栄養指導なども行います。患者さんの「ありがとう」に励まされながら、自分自身ももっと成長したいと自然に思える職場です。

夕方5時にはきっちりと業務を終え保育園に向かう。シフト勤務の社員も残業がほとんどないので、同じ時間帯に店舗を出ることもしばしば。「配慮いただいている分、必要とされる薬剤師であり続けたいと思います」と語る髙田さんは、産休中に認定薬剤師を取るなど意欲的だ。

私らしく働けそうな会社は
ずっと活躍したいと思える環境でした

大き過ぎず小さ過ぎない。ちょうどいい規模の会社です。
入社の理由を教えてください。

私の家は、両親と2人の姉とも全員薬剤師という、薬剤師一家なんです(笑)。それで就職にあたっては、姉達から色々と実践的なアドバイスがありました。なかでも「あまり会社が大き過ぎると残業が多く融通も利かない」「小さい会社は制度や福利厚生が整っていない」という指摘に納得して、中規模で転勤のない当社を選びました。当社は東京、千葉、埼玉に店舗展開していますが、首都圏なので引越しを伴う異動の可能性はほとんどありません。幸いにも自宅に近い新松戸店に配属されて今に至ります。

新人研修はどんな内容でしたか。

まず本社で座学があり、社会のルールから社会人としてのマナー、薬剤師の責任や心構えといった基本的なことを学びました。クイズ形式の授業など色々と工夫されていたので、全く飽きることはなかったですね。特に薬剤師の責任の範囲や、患者さんとのコミュニケーションの姿勢については、今でも仕事をする上での指針としています。その後は配属店のOJTが中心で、教育担当の薬剤師がきめ細かく指導してくださいました。まだまだ未熟ですが、入社して1年半が経ち、最初は戸惑っていた患者さんの質問にすぐに答えられるようになるなど、成長を実感しています。

新松戸店では最年少の中村さんだが、明るい性格でムードメーカー的存在。「冗談を言い合える和やかな職場です。せひ店舗見学に来て雰囲気の良さを実感してほしいですね」とメッセージ。休憩室が10人ほど余裕で入れる広さなのも同社の特徴だ(全店共通)。お昼にはよく勉強会を開くという。
まとまった休みも取りやすく、ずっと働きたい職場です。
新松戸店はどんな薬局ですか。

処方箋のほとんどは近くの総合病院の患者さんからです。内科薬や循環器薬が中心ですが、複数の診療科にかかっている方が多いので、正確さをはじめ副作用などダブルチェックを徹底しています。患者さんが多い時はつい焦りがちになりますが、先輩が冷静にサポートしてくれるから心強いですね。患者さんにはできる限りわかりやすい薬の説明を心がけていて、「中村さんが丁寧に説明してくれたので、よくわかりました」と感謝されることも増えました。そこがやりがいの1つですが、先輩と比較するとまだまだ知識が不足しているので、今は患者さん1人ひとりにあった服薬指導ができるようになるのが目標です。

働きやすさはいかがですか。

人員が充足していて効率的に動けるせいか、残業はほとんどありません。シフト勤務や休日も話し合いで決めていて、公休や有給と合わせて8連休など、まとまった休みも取ることができます。また、ちょっとした改善提案など、現場の声が通りやすいのも魅力ですね。私は新卒なのでこの会社しか知りませんが、姉や友人達の話を聞くと、羨ましがられることが多いです(笑)。結婚してライフスタイルが変わっても、ずっと当社で働きたいと感じています。もちろん経験者の方も、自分らしい働き方ができる会社だと思いますよ!

エリアマネージャーの飯田さん(左)には新人オリエンテーションでお世話になった。その後も折にふれ店舗で顔を合わせている。「自分が直接教えたり、自分の作った教育プログラムで研修した薬剤師が一人前に成長して活躍するのがやりがい」と語る飯田さん。中村さんもその“教え子”だ。

株式会社蘭調剤薬局

設立 1990年9月7日
所在地 東京都板橋区小豆沢2-19-9
店舗展開 18 店舗 ※2016年9月現在
企業の特色 ■首都圏18店舗展開の調剤薬局チェーンです。労働環境が整備され平均勤続年数は8年と、離職率が低い会社です。
■総合病院門前を中心に出店しているため、調剤業務とそれ以外の業務の分業を徹底しています。レセプト請求などを行なう、専門の部署が各店にあり専任のスタッフが常駐しています。
■全店舗に実務実習指導薬剤師がいるなど、教育研修体制が整っています。また研修制度の一環でEラーニングを導入しており、必要に応じて様々な研修を受けることができます。
■産前産後休暇、育児休暇の取得者も多数在籍し、計40名以上の方が取得しています。また取得後の復職率も90%程度あります。
従業員数 137人 (内 薬剤師:95人 正社員:79人)