サイト内の現在位置

薬剤師が選考通過率を上げる志望動機の書き方・組み立て方【NG例】

履歴書を書くとき、一番頭を悩ませるのが「志望動機」ではないでしょうか。

頭の中では「なぜ転職したいのか」が明確でも、いざ文章にするとなかなかまとまらなかったり、今ひとつ思いが伝わらなかったりすることはよくあることです。

ここでは、内定をぐっと引き寄せる、転職に有利な志望動機の書き方をご紹介します。

※なお、こちらの記事では薬剤師の志望動機の書き方についてまとめています。「薬剤師のよくある転職理由」については以下の記事で詳しくまとめていますので、併せてご覧ください!

1. 履歴書の中でも志望動機は特に重要なエリア

転職を成功させるには、まず書類選考を通過し、面接に進まなくてはなりません。書類選考において、場合によっては経歴以上に重要な役割を果たすのが志望動機です。

中途採用は、これまでの経験を生かして即戦力として活躍してもらうことが、企業にとって前提となります。

経歴がどんなに立派でも志望動機が型どおりで「想い」が感じられない人よりは、経歴が少し劣っても志望動機から熱意が伝わる人を選ぶという採用担当者は少なくありません。

志望動機は、履歴書の中で唯一型にはまらず、転職にかける思いや仕事に対する考え方などを存分にアピールできる項目です。経歴に自信がない人はもちろん、経歴に自信がある人も、しっかりと内容を磨きあげて、熱意が伝わる志望動機を書くことが書類選考を突破するコツです。

2. 人事担当者は「志望動機」のどこを見ているのか?

中途採用における書類選考では、経歴や実績以上に「経験を生かして成果を挙げたいという意欲があるか」「どうしてもこの会社で働きたいという熱意を感じるか」「採用することによって、自社にどんなメリットがあるか」といった点がチェックされています。

採用担当者が、志望動機を通じて知りたいと考えている具体的な項目は、次の4つです。

2-1. なぜ同業他社ではなく「この職場」なのか

ドラッグストアや調剤薬局など同業他社が多い分野では、「なぜ、他社ではないのか」という明確な理由が書かれていなければ、採用担当者の印象には残りません。大学病院や総合病院、企業などを志望する場合も、他にはない強みや魅力を理解し、共感していることが伝わると評価につながります。

2-2. どのようなキャリアビジョンを持っているのか

採用担当者は、中途採用者が自社に定着し、長く働き続けてくれることを期待しています。「今」だけでなく「今後」にも言及し、転職先でキャリアを積み上げていきたいという意思を伝えることが大切です。

2-3. 転職して、どのような成果を挙げたいと思っているのか

採用担当者が知りたいのは、前職で積んできた経験や実績そのものよりも、「経験やスキルを生かして、転職後にどんな成果を上げることができるか(上げたいと思っているか)」という点です。

ただ、スキルや経験を羅列するのではなく、自分を採用することがどのように応募先のメリットになるか説明しましょう。

2-4. 前職(現職)の退職理由

退職理由は、入社したら長く働いてもらいたいと思っている採用担当者にとって重要な関心事です。書類に書くことを避けても面接では必ず聞かれるので、一度しっかり整理しておきましょう。応募書類に前向きな退職理由を書くことができれば、他者との差別化につながります。

また、企業によって見られているポイントは異なりますので、マイナビ薬剤師のキャリアアドバイザーに確認してみましょう!

3. これを書いたら採用率ダウン!?志望動機NG例5選

履歴書の志望動機欄はスペースが狭いため、実質的に書くことができる文章量はそれほど多くありません。

つい、あれもこれもと盛り込みたくなりますが、内容は前述した「採用担当者が知りたいと思っていること」にしぼり、マイナス評価につながるポイントを避けることだけを心掛けましょう。マイナス評価になるのは、以下のような点です。

3-1. インターネットで見つけた例文を転用している

インターネットで検索すると、志望動機の例文がいくつも掲載されています。しかし、例文をそのまま使用したり、一部を変えて流用したりすることはおすすめできません。

第一に、採用担当者が例文の転用であることを見破る可能性があるからです。もし転用であるとわかれば、どれだけ華々しい経歴がある人でも、「熱意がない」と判断されるか、信頼を失ってしまうでしょう。

第二に、もし書類選考を通過したとしても、面接で志望動機を掘り下げられたときに困ってしまうからです。面接の場で考えの浅さが露呈して落とされることがないよう、自分の考えを自分の言葉で書くようにしましょう。

3-2. どの企業にでも使えるような内容

特定の企業や病院に特化しない志望動機は、同時に複数の書類選考を受ける場合には便利なものです。しかし、「どうしても御社で働きたい」という強い意思は伝わりません。

汎用的な文章はあくまでもベースとして、応募先ごとに志望動機を作成するようにしましょう。

3-3. 志望動機の具体性に欠ける

「経験を生かしたい」「企業理念に感銘を受けた」など、漠然として具体性に欠ける志望動機は、「下調べをしていません」と自己申告しているようなものです。

経験をどう生かしたいのか、企業理念の何に感銘を受け、それが転職にどうつながるのかを具体的に書かなくてはなりません。

3-4. プライベートな自己都合が多い

「育児と両立したいから」「家から近いから」といった志望動機は、「それさえ実現できれば他社でもいい」と受け取られる可能性があります。プライベートとの両立については、面接で聞かれたら述べるようにしましょう。

3-5. 志望企業に貢献しようという気持ちが感じられない

「転職を機に、薬剤師としての技術の幅を広げたいと思っています」「研修制度が充実していると知り、スキルアップできると考えました」といった志望動機のみを書いた場合、転職先に自分を成長させてもらいたいという要望を押し付けただけで、「自分の経験を生かして転職先に貢献しよう」「転職先を自分の力で成長させよう」という意欲が感じられません。

採用担当者は、転職希望者を成長させるために採用するのではなく、自社に貢献してくれる人を採用したいのだという基本を忘れないようにしましょう。

4. 採用に結び付く志望動機の組み立て方

では、志望動機はどのように組み立てていけば良いのでしょうか。具体的な流れを確認しましょう。

4-1. 応募した理由

まずは、応募先に興味を持ったきっかけについて書きましょう。

その職場ならではの魅力と、他社にはない特徴を合わせて書くとスムーズです。比較対象になる前職や他の医療機関をおとしめるのではなく、応募先への深い共感を示すことによって違いを際立たせるのがポイントです。

<例> 毎週薬剤師を含めてミーティングをし、全員で治療計画を立てるという方針に感銘を受け、真のチーム医療を目指している貴院でなら、患者様のためになる医療に貢献できると思いました。

4-2. 転職したら何がしたいか、何ができるか

自分が転職したら、その職場にどのような貢献ができるかという視点で、採用された後のキャリアビジョンを描きましょう。過去の経験がどのような形で生かせるかという点も併せて書くと、即戦力のアピールにもなって効果的です。

<例> 前職の調剤薬局では、服薬指導や健康相談を通じて、高齢の患者様の悩みや不安に寄り添うことを心掛けてきました。採用していただいたら、医師や看護師など他職種と密に連携をとり、超高齢社会の中で在宅医療に取り組む貴院の一員として患者様の生活をサポートしていきたいと思っています。

4-3. 決意表明

締めの言葉として、採用後の決意を書くと全体が締まります。

<例> これまでに培った経験を生かし、さらに認定薬剤師(専門薬剤師)を目指して研鑽を積みながら、患者様に寄り添い、本当の意味でのかかりつけ薬剤師になるよう努めます。

5. 志望動機は「自分の言葉で書く」ことが大切

志望動機を書くにあたっては、採用担当者が見ているポイントと、マイナス評価につながるNG例を踏まえて構成することが大切です。しかし、それ以上に重要なのは、人まねではなく自分の言葉で書くということです。

例文の転用は絶対に避け、思いのこもった志望動機で内定を勝ち取りましょう。

文章を書くのがどうしても苦手という方や、マイナスの転職理由をどう転換していいかわからないという方、書いては見たものの内容に自信がないという方は、薬剤師専門のキャリアアドバイザーに相談しましょう。

マイナビ薬剤師なら、個別の応募先ごとに採用担当者が気にするポイントや、好印象を抱かせる履歴書の書き方を無料でサポートいたします。是非お気軽にご相談ください。

[もっと知りたい! 続けてお読みください]

あなたにおすすめの求人

5年連続ご利用者満足度No.1
ご登録で
うれしい
特典!
無料で登録する

※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドに置ける調査
調査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)

薬剤師の転職ノウハウ

薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。
調査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)

お電話でのご登録はこちら

全国共通フリーダイヤル(通話無料)

0120-866-153

平日9:30~20:30 土曜9:30~17:30
※日曜・祝日を除く
携帯・PHSからもご利用になれます。