転職成功事例
東京都、「企業で働きたい」学生時代の夢を面談で後押し

  • 2018.12.10

プロフィール

  • 年齢:29歳
  • 性別:女性
  • 仕事内容:薬剤師

転職前

勤務地 東京
勤務先 調剤薬局
雇用形態 正社員
年収 400万円

転職後

勤務地 東京
勤務先 企業(DI)
雇用形態 正社員
年収 400万円

「企業への憧れ」漠然としたイメージをヒアリングで具体化

3月頭に登録し、翌日に来社くださったMさんは、大手調剤薬局勤務でしたが、現状がどうしても我慢できないというほどではなく、最初は「いいところがあれば…」という温度感でした。 こういうケースでは、詳細なヒアリングで求職者本人ですら気づいていない不満や願望を見つけ出すのが、私たちアドバイザーの役目でもあります。 Mさんの場合も、最初は調剤薬局から調剤薬局への転職をイメージしていたようですが、話をしていくうちに学生時代は企業志望で、今でも企業に興味を持っているということが分かりました。

企業の仕事の中で調剤の経験がいきるDIを選択

企業への転職をめざす場合、29歳で調剤経験のみというのはやや厳しい条件です。Mさん自身もその点を懸念していて「自分に企業は無理だろう」と諦めていました。 しかし、「せっかく転職をするのであれば、企業にチャレンジしてみませんか?」とアドバイス。企業での職種について紹介すると、CRAとDIが希望とのこと。早速、企業担当者を呼んで3人で準備に取り掛かりました。企業担当者の奔走でCRAとDI、それぞれの会社が説明会をしてくれることになり、その結果、「調剤での経験をいかせるDIがやりたい」という方向性が決まりました。

綿密な面接対策と職歴書の添削を実施

方向性が決まった後は、企業担当者と私で再度会社をピックアップ。中途採用にも積極的で、なおかつ教育体制がしっかりしていて未経験者でもきちんとフォローしてもらえる企業を探しました。 一方で、Mさんに対しては入社試験対策を実施。2度ほどご来社いただき、私だけでなく企業担当者も交えて面接対策を練ったほか、メールや電話で何度もやり取りしながら職務履歴書の添削を行いました。仕事をしながらだったのでかなり大変だったと思いますが、Mさんは自分からも質問のメールを送るなど、とても積極的に頑張っておられました。 4月中旬に2社の面接を受け、結果は2社とも合格。大手企業に入社が決まりました。未経験なので入社後の研修は少し大変かもしれませんが、困っている医療従事者をサポートし、それが結果的に多くの患者さんのためになるというDIの仕事に、とても魅力を感じている様子でした。

先まわりのアドバイスで退職交渉もスムーズに

Mさんの場合は退職交渉についても、事前に細かく打ち合わせをさせていただきました。 退職を申し出ると、会社から引き留めにあったそうですが、何よりも学生時代から働いてみたかった企業の内定が出ていること、薬剤師として大きなステップアップになることを伝え、スムーズに退職することができました。 Mさんのように、よくよく話を聞いてみると企業志望、というケースは少なくありません。そういう方は自分の可能性を狭く捉えてしまいがちですが、チャレンジする余地があることを伝えて背中を押し、より広い選択肢の中から新たなスタートを切れるようにすることが大切だということを改めて感じました。

転職活動にかかった期間

成功のポイント

  • ① キャリアアドバイザーとの面談で企業へのチャレンジを後押し。会って話すことで曖昧だった転職への夢が明確に。
  • ② 仕事が多忙だったにも関わらず面接対策で来社するなど、企業を受けるための準備がしっかりできた。
  • ③ アドバイザーの言葉に従い、強い意志をもって退職交渉に臨んだ。

※利用者の特定を避けるため、一部内容を変更して掲載しております。

求人に関するお問い合わせはお電話も便利

薬剤師 専用ダイヤル
0120-866-153
  • 平日 9:30-20:30
  • 土曜 9:30-17:30
  • (日曜・祝日を除く)
携帯・PHS OK

お問い合わせ例

  • 「求人番号○○○○○○に興味があるので、評判を教えていただけますか?」
  • 「JR○○線○○駅周辺に住んでいるのですが、自宅から30分で通える薬局を探していますが、おすすめの求人はありますか?」
  • 「○○県○○市内で、残業が少ないドラッグストアを探しています。何か良い情報があれば教えてください」