職場のイチオシ

職場のイチオシ

株式会社アペックス

職場のイチオシ

地域の人々が集い、薬や生活に関することを気軽に相談する――アペックスは地域のコミュニティー薬局として、その役割を果たしてきました。チームワーク抜群でつねに多職種連携を図っていることや、手厚い人員配置で残業時間が少なく、患者さんと丁寧に向き合えることなど、アペックスならではの魅力をたっぷりご紹介します!

  • どんなときも地域の患者さんが気軽に立ち寄り、相談できる薬局に

    処方箋をもらった患者さんが薬局に訪れるのではなく、日頃から薬局に来てくださる患者さんが体調不安を訴えたときに相談に応じ、病院で処方箋をもらって薬局に戻って来る――アペックスが思い描く薬局の姿は、健康増進のための地域コミュニティーです。その思いを込めて、「処方箋が無くても気軽に立ち寄れる“コミュニティー薬局”」 「薬局の可能性を創造する」という理念を掲げています。

    どんなときも地域の患者さんが気軽に立ち寄り、相談できる薬局に
  • チームアペックス――どんなときも力を合わせて!

    アペックスが運営する薬局はいずれも地域に根ざしており、面で処方箋を応需しています。店舗によって収益性が異なりますが、だからといって処方箋枚数による人員を調整するようなことはしていません。時間にゆとりがあるとき、薬剤師は他店舗に向けて情報を発信したり、全社的な取り組みを進めています。今も、薬歴統一記載プロジェクトや栄養ケアチームなど、さまざま取り組みが立ち上がり、チームワークを発揮しています。

    チームアペックス――どんなときも力を合わせて!
  • 薬剤師、管理栄養士、医療事務――多職種連携は当たり前!?

    アペックスが運営する薬局では、薬剤師と管理栄養士、医療事務が協力しながら仕事に取り組んでいます。医療事務も登録販売者の資格を取得して、OTC医薬品のご相談に応じています。また、各店舗に管理栄養士を配置しているので、地域の患者さんの栄養相談にも日常的に応じています。多職種連携が当たり前だからこそ、薬に限らず、地域の方々の生活そのものを力強く支えていくことができるのです。

    薬剤師、管理栄養士、医療事務――多職種連携は当たり前!?
  • 薬剤師に加えて、管理栄養士も在宅訪問!

    アペックスの在宅医療は、ご自宅で療養されている患者さんが使う衛生材料や医療材料の提供からスタートしました。加えて、5年ほど前から品川区の栄養改善事業を受託し、管理栄養士が高齢者のご自宅を訪問して、栄養改善の指導を行っています。介護保険の要支援1・2及び非該当者が対象で、「長く健康でいられるように」という品川区の取り組みに貢献しています。

    薬剤師に加えて、管理栄養士も在宅訪問!
  • メリハリを持った就業が可能!薬剤師の力を最大限発揮できる環境

    残業時間は月平均10時間以内。患者さんから「心からありがとう」と言っていただける対応ができるように、どの店舗も手厚い人員配置をしています。また、ほとんどの薬局が健康サポート薬局を取得しており、一つの薬局でじっくり長く働くことを推奨しています。「子どもが小さいうちは短時間勤務で、子育てが落ち着いたらフルタイムで」といった働き方も、大歓迎です。

    メリハリを持った就業が可能!薬剤師の力を最大限発揮できる環境
職場のイチオシ

株式会社アペックス

設立
1989年7月
所在地
東京都品川区東品川3-18-3
従業員数
70名
企業の特色
7店舗で健康サポート薬局を取得。外来の処方箋調剤のみならず、OTC医薬品の相談・販売や管理栄養士による食事・栄養指導、在宅医療や地域活動など、地域の健康・医療・福祉に貢献する企業。
全文表示する

株式会社アペックスについてはこちらから

株式会社アペックスの
その他の記事