座談会

座談会

株式会社アペックス

座談会

(写真左)鶴田 進之助さん、(写真右)金子 侑未さん

鶴田さん/青横ファーマシー薬局 薬剤師 金子さん/青横ファーマシー薬局 管理栄養士
地域の方々にとって、最も身近な存在になるために――。
お二人がアペックスに入社した理由を教えてください。

お二人がアペックスに入社した理由を教えてください。

鶴田さん

私は、予防から慢性期・緩和期・終末期と、すべての段階に関わりながら地域の方々を支えていきたいと思っていました。アペックスが運営する薬局でインターンシップを受けたとき、地域の方々が気軽に薬剤師に相談している場面を見て、その印象から自分が目標とする働き方ができると思い入社を決めました。

金子さん

アペックスに惹かれたのは、ホームページに書かれていた「何でも相談できる薬局」という言葉を読んだのがきっかけです。その後の薬局見学でも、管理栄養士が来局した患者さんと他愛のない話を交えながら栄養指導をしている姿を身近で見ることができました。「患者さんにとって最も身近な存在になれる」と思い、入社を志望しました。

現在の仕事内容について教えてください。

現在の仕事内容について教えてください。

鶴田さん

私たちが勤務する青横ファーマシー薬局では、薬局周辺のクリニックから大学病院、基幹病院までさまざまな医療機関の処方箋を応需しています。私は外来の調剤業務に加えて、在宅訪問も担当しています。ケアマネジャーや訪問看護師など、多職種と連携を図りながら地域の患者さんを支えていける点にやりがいを感じています。

金子さん

栄養の視点から患者さんの健康について考え、アドバイスすることが、管理栄養士の主な仕事です。たとえば、店頭で栄養相談に応じたり、健康食品や介護食品を選ぶ際にアドバイスをしています。また、品川区の介護予防事業の一環で、訪問栄養指導もしています。患者さんが前向きに食事改善に取り組む姿を見るたびに、うれしく感じます。

スタッフが連携を図りながら、地域の患者さんの健康を支えていく
お二人が仕事で連携を取ることはありますか。

お二人が仕事で連携を取ることはありますか。

鶴田さん

もちろんあります。とくに在宅訪問時の情報を共有することが多いですね。以前、金子さんが「私が担当している患者さんが、お薬の管理を上手にできていないみたい」と報告してくれたことがあります。その後、私がその患者さんの在宅訪問を担当することになり、服薬状況が改善したほか、検査値の改善につなげることもできました。

金子さん

店内でも、薬剤師が外来の患者さんに服薬指導をしているときに気づいたことを、管理栄養士の私につないでくれることがあります。また、たとえば嚥下が困難な患者さんに対して、「こういう形状の栄養機能食品が適しているかもしれない」と店内のスタッフで話し合うこともよくあります。

アペックスへの転職を考えている薬剤師にメッセージを。

アペックスへの転職を考えている薬剤師にメッセージを。

鶴田さん

アペックスは、若手社員がやりたいと思ったことに挑戦させてくれる会社です。私も在宅訪問に興味あることをアピールしたところ、入社1年目の夏から担当させてもらえるようになりました。「地域の患者さんの健康を支えたい」という想いを持っている方なら、きっとアペックスで生き生きと働けると思います。

金子さん

店舗の先輩や上司だけでなく、本社の人事担当や社長も頻繁に店舗に来て、私たちのことを気にかけてくれます。薬のことや栄養のこと、働き方のことなど、なんでも相談できるし、必ず返答してくれるので安心して働くことができます。興味ある方はぜひ一度、見学に来てください!

座談会

株式会社アペックス

設立
1989年7月
所在地
東京都品川区東品川3-18-3
従業員数
70名
企業の特色
7店舗で健康サポート薬局を取得。外来の処方箋調剤のみならず、OTC医薬品の相談・販売や管理栄養士による食事・栄養指導、在宅医療や地域活動など、地域の健康・医療・福祉に貢献する企業。
全文表示する

株式会社アペックスについてはこちらから