個人インタビュー

個人インタビュー

社会医療法人彩樹守口敬仁会病院

久保川 綾
久保川 綾さん 薬剤科

2019年入職。新卒で入職。注射剤調剤や抗がん剤の混注など初めての経験に不安を感じることもあったが、チャレンジを楽しんでいる。コロナ禍で好きなスノーボードに行けないが、ゲームやおいしいものを食べて気分転換している。

担当病棟の患者さんを一番に理解して、適切な医療を支援

入職を決めた理由を教えてください。

入職を決めた理由を教えてください。

調剤薬局と迷っていたのですが、患者さんと近い距離で、カルテや病状、検査データなどを見ながら薬について勉強し、患者さんのための提案をしたいと考え、病院薬剤師を選びました。大きい病院だと調剤担当、点滴担当など分業になることが多いと思いますが、当院は内服薬、注射剤、抗がん剤などすべての調剤、監査に携われます。担当する患者さんについても入院から退院まですべての経過を見ることができます。何より見学時に薬剤科のみなさんが楽しそうに生き生きと働いている姿を見て、ここで働きたいと思いました。

どんなときにやりがいを感じますか。

どんなときにやりがいを感じますか。

病棟を一任され、学んだことを患者さんにしっかりと還元できるところです。薬が新しく処方されたときや、きちんと飲めているかなど気になるときは病棟へ行き、服薬指導を行います。患者さんのお話を傾聴し、不安な思いや薬を飲み始めたあとの状態についてお声をいただいた際には、医師や看護師にフィードバックし、薬の変更などを提案することもあります。「先生や看護師さんは忙しそうで聞けないから」と治療や病気について質問を受けることも。患者さんのためになることがすぐにでき、「ありがとう」の言葉をいただくと嬉しいです。

薬剤師としての専門性を高めながら、やりがいを持って働けます

チーム医療の一員として活躍されているそうですね。

チーム医療の一員として活躍されているそうですね。

褥瘡対策委員会に入っています。医師、看護師、コメディカルスタッフと連携し、褥瘡の発生を防ぎ、早期に治癒できるように、症例検討などを行っています。使用薬剤の選択や適正使用について意見を求められ、薬物療法の視点から最善のケアのお役に立てるのはやりがいがあります。褥瘡もそうですが、病棟の患者さんの病気や薬についてなど勉強しなければいけないことがたくさんあり、大変ですが楽しいです。新型コロナウイルス感染症が拡大する以前は全職種での勉強会が開催されていましたが、現在は院内LANを利用して医療安全や新薬についてなどいろいろな知識を学ぶ機会があります。

どのような職場環境ですか。

どのような職場環境ですか。

薬剤科は明るく、楽しい人ばかりで、知識豊富な先輩がたくさんいます。なんでも聞きやすく、とても丁寧に教えてもらえますし、人間関係に悩んだことが一度もないんです。楽しくやりがいを持って働ける職場です。担当病棟希望についても柔軟に相談に応じてもらい、これまで外科病棟でしたが、内科系の勉強がしたいと希望を出し、現在は循環器内科、腎臓内科を担当しています、今は幅広くさまざまな勉強をしていますが、ゆくゆくは栄養や抗生剤などひとつのことに特化した知識を持てる薬剤師になりたいと考えています。そうしてもっといろいろな提案ができればと思います。

個人インタビュー

社会医療法人彩樹守口敬仁会病院

設立
1991年12月
所在地
大阪府守口市八雲東町2丁目47番12号
企業の特色

【病床数】185床
【診療科目】外科、消化器外科、内科、消化器内科、循環器内科、腎・透析科、整形外科

全文表示する

社会医療法人彩樹守口敬仁会病院についてはこちらから

社会医療法人彩樹守口敬仁会病院の
その他の記事