サイト内の現在位置

動画で現場の様子をチェック!

1937年に創業した田辺薬品株式会社は、現在、府中市・調布市・八王子市を中心に、調剤薬局10店、一般薬販売店1店を展開しています(2017年4月現在)。特色はその多くが駅近な立地で、面展開および地域クリニックのパートナーとして連携を図っている、典型的な街中薬局であること。同社も「街の薬局」というあり方を誇りにして、今後もさらに地域の一人ひとりの患者様に寄り添う関わり方を構想しています。7月に府中駅の新ランドマークとなるビルに本店が移転することから、本店配属を含めて意欲的な人材を募集中です。一方で、同社の薬剤師には勤務年数の長い人が多く、10年・20年働いている方も珍しくありません。研修制度や福利厚生の充実はもとより、現場それぞれの人間関係の良さが、居心地よい環境を生みだしています。

もっともっと、地域の皆さんに選ばれ
「ありがとう」と言われる薬局を目指します

面展開と地域クリニック連携をメインとする街の薬局です
貴社の調剤薬局の特色を教えてください。

現在、OTC専門の「クスリの府中」を含めて11店舗展開していますが、ほとんどが地域のクリニックをパートナーとする“街の薬局”です。駅近など便利な立地が多いので、面薬局の機能も備えています。府中市を中心に長く地域に親しまれてきたことから、「街の薬局でありたい」という想いを大切にして、地域の方に「あって良かった」と思われる、選ばれる薬局を目指しています。薬剤師については、5年、10年と長く勤務されている方が多いのが特徴ですね。ですからどの店舗でも、患者様とのコミュニケーションが良好です。

長く勤められる方が多い理由は何だと思われますか。

一番はそれぞれの店舗の環境が良いことだと思いますが、会社としても福利厚生に力を入れています。いくつか挙げると、会員制リゾートトラスト「エクシブ」の法人会員になっており、提携のリゾート施設が割安で利用できるほか、40歳以上の方なら会社負担で東大病院の人間ドッグが受診できるのも魅力です。最近ではもっと利用してもらおうと、せっせとチラシを作って情報発信に努めています(笑)。もちろん産育休等の制度は万全で、時短勤務だけでなく勤務日数や雇用形態を選べて、パートから社員に復帰することも可能です。ですから子育て中の薬剤師も沢山活躍されていますよ。

街の薬局として地域にすっかり浸透しているが、さらなる患者様との密な関係づくりを目指して現場の意見を積極的に聞いている。現場の要望がスピーディーに反映されるところも経営陣が若く意欲的な同社の魅力。
府中駅のランドマークビルに本店を出店。転職者にも配属のチャンスが
今後の展開を教えてください。

直近では、2017年7月、府中駅そばにオープンする複合施設「LE SIGNE」の中に、現在府中駅北口にある府中薬局を新設移転します。このビルの4階は医療モールで、公共施設やオフィス、集合住宅なども入り、市が力を入れてきた駅前再開発計画の最後を飾るものです。当社としても新たなスタートの象徴的店舗と位置づけていて、もちろん転職者の方も、この新店に配属される可能性が大いにあります。

「新たなスタート」とはどういうことですか。

これまでは、「ありがとうと言われる薬局づくり」に関して、個々の薬剤師の力に頼る部分が大きかったのですが、今後はより、会社全体として取り組もうということです。その方策については、全社員に実施したアンケート結果を踏まえていま構想中ですが、「シニアのお客様に限定した美容相談」や「子ども薬局体験」など、現場から色々なアイデアが上がっています。これらを基に、今後お客様(患者様)が求めるサービスを実施して、ひいては差別化につながる当社の特色として育てていきたいと考えています。また、むやみに店舗数を増やす気はありませんが、患者様のためになり、新しい風を入れるための出店なら積極的に行いたいと考えています。このように、地域の人に感謝をもって選ばれる薬局づくりという、私たちの姿勢に共感し、一緒に取り組んでいただける方をお待ちしています。

昨年数カ月の入院生活を送り、「支えてくれる人の有難み、とりわけ従業員への感謝の念に目覚めました」と振り返る田邊本部長。復帰後は、従業員が確かなやりがいを持って幸せに働ける職場づくりに奮闘中だ。

これほど患者様の近くにいて
やりがいを感じられる職場はありません

地域に密着した薬局の中で、成長できる会社を探しました
三田さんは新卒入社ですね。入社理由を教えてください。

最初は病院を志望していましたが、病院実習に行って「もっと患者様と接したい」と思う自分に気付き、調剤薬局に方向転換しました。大学時代の接客業のアルバイト経験から、型通りにお客様に接する全国チェーンよりも、地域に密着した薬局が好ましいと考えたのが1つ。また、そうはいっても1~2店舗くらいだと自分の成長に繋がりませんから、地域密着の薬局企業で、ちょうどよい規模のところを探しました。その理想にぴったりだったのが当社です。

ただ入社以来、ずっと1つの店舗に勤務されていますね。

本店に半年、研修も兼ねて勤めた後は、ずっと今のあさひ薬局にいて今年で16年目になります。もっとも、全ての薬剤師に異動がないわけではなく、私の場合は数年後に薬局長(管理薬剤師)になったからだと思います。薬局長が頻繁に変わっては地域に根づいた運営がなかなかできませんし、スタッフの指導も行き届きませんからね。あさひ薬局の今の薬剤師は長年勤務していることもあり、まるで家族のようなチームワークの良さが自慢です。

薬局長として薬剤管理やスタッフ教育・管理を行うとともに、現場薬剤師として外来のほかに週3日はほぼ専任で在宅訪問に出かける。「患者様が元気になることが一番のやりがいです。私たちの薬局が少しでもつらい時間を忘れられる場所になれば」と三田さん。
長く働けるのは、ひとえに職場の人間関係が良いから
先ほど、1つの店だと成長できないと言われましたが、その点はいかがですか。

それは私の思い込みでしたね(笑)。あさひ薬局は近くの内科クリニックが主な応需先ですが、駅近なので広く「面」でも受けており、総合病院の処方箋をはじめ幅広い調剤が経験できます。さらに5年ほど前から、クリニックの医師の依頼に応じて在宅も始めました。独居の患者様が多いので、お薬を届ける際に気になることがあれば、訪問看護師やケアマネージャーに連絡するなど、密に連携をとって進めています。ほとんどが認知症の患者様なので、難しい薬の管理をどうするかなど、勉強すべきことが次々と出てきます。もちろん研修等も充実しているので、意欲さえあれば十分スキルアップできます。

最後に貴社の魅力を教えてください。

長く働けるかどうかの鍵は、やはり職場の人間関係だと思うのですが、当社ではそこが抜群だと胸を張って言えます。和気あいあいとした日常の雰囲気はもちろん、「患者様のために何かしてあげたい」という想いが共通しているのが、薬局長としては一番ありがたいですね。たとえば新しいサービスの導入を提案する際、一人でも反対すれば上手くいかないものですが、皆さん「ぜひやりましょう」と盛り上がってくれます。そうした姿勢は、恐らくどの店舗も一緒だと感じます。中途入社の方も多いので、新しく入社される方もすぐに溶け込めますよ。

かかりつけ薬剤師として10数名の患者様を抱えており、電子薬歴の備考欄には生活習慣などの細かな情報がびっしり。「在宅も含めて患者様との関係がとても密なので、ずっとこの店舗で働きたいと思います」。その意向を会社も尊重している。

地域の患者様のお役に立とうと
ひたむきに取り組む薬剤師ばかりです

患者様に同じ認識で接するため、薬剤師全員の情報共有を心がけています
府中薬局宮町店はどんな薬局ですか。

近くにある皮膚科と心療内科の2つのクリニックの処方が中心ですが、府中駅近くにあるので総合病院の処方も面で受け付けています。在庫薬が1,300品目以上あり、管理が大変ですが、業務を通じて豊富な調剤経験を積める環境です。薬剤師は7人在籍しており、営業時間が9時半から19時半と長いことからシフト制を敷いています。

山本さんは臨床検査技師をされていたそうですね。

活かせる部分はごく僅かではありますが、患者様が病院の検査データを見せてくれることも多くなり、数値から、疾患や副作用のリスクなどを推測に役立つこともあります。そしてこの数値の読み方などは折にふれスタッフにも教えています。また、そのほか些細な情報に関しても、管理薬剤師としてスタッフ全員の情報共有を心がけています。全員が同じ時間に同じ場にいられるわけではないので、電子薬歴の他にも、連絡事項はすべてノートに記して共有するようにしています。それにより、ジェネリック医薬品などのサービス内容はもちろん、患者様に対して全員が同じ認識で接することができます。

入社後、認定薬剤師を取得し、現在はかかりつけ薬剤師として6人の患者様を担当する。心療内科の患者様などにはデリケートな配慮が求められるが、「きめ細かく相談に応じて『この薬が飲みやすくなった』などと喜ばれるのが一番のやりがい」と徹底した患者目線を貫く。
認定薬剤師向けのeラーニングなど研修制度も充実しています
貴社の研修について教えてください。

会社では年に2度、大規模な研修会があります。事務職も含めてコミュニケーションスキルなどの汎用的な内容を学ぶとともに、薬剤師対象としては処方薬からOTC、安全管理とさまざまなテーマで知識を深めています。最近ではトリアージの研修を受けました。また月に1度は本部研修があり、新薬や疾患の説明、法改正の内容など、最新の情報を教わっています。他にも認定薬剤師コースを含めたeラーニング等があり、研修制度はかなり充実していますね。会社独自の研修のほかに、府中市薬剤師会の研修も受けられます。

福利厚生はいかがですか。

個人的にはエクシブを利用してお得に旅行ができたり、無料で人間ドッグを受診できるのが嬉しいですね(笑)。また子育て支援については、最近この店でも復職したばかりの方がいらっしゃいますが、お子さんが急に熱を出した時など、全員でしっかりとカバーしています。産育休等の制度が整っているのは当然として、気兼ねなく利用できる職場です。その証拠に長く勤められる方が多く、16年目の私よりも古い方が沢山います。これから入職される方にも、地域に根差して「地域の役に立とう」という想いに満ちている私たちの薬局で、ぜひ長く活躍してほしいですね。

山本さんが学んだ当時の薬学部は、臨床検査技師の受験資格も得られたことから薬剤師と臨床検査技師の2つの国家資格を取得。見聞を広めようと臨床検査技師として活躍した経験が薬局長としての糧になり、後輩へ与える影響も大きい。

田辺薬品株式会社

設立 1937年
所在地 東京都府中市宮町1-40 KDX府中サウスビル3F
企業の特色 【事業内容】
■処方箋調剤(一部の薬局医療衛生用品取扱い)
■薬の宅配
■本店のみ一般薬品販売(サプリメント・日用品・化粧品・ 医療用具・衛生用品)
従業員数 70名(うち薬剤師40名)

※2017年4月現在