サイト内の現在位置

動画で現場の様子をチェック!

医薬分業初期から調剤薬局を設置し、現在は大阪・兵庫エリアを中心とした地域密着型の薬局「くるみ薬局」を30店舗展開しているベガファーマ株式会社。薬の専門家である薬剤師はもちろん、そこで働くすべてのスタッフが地域における医療・健康管理の重要な担い手として活躍しています。「企業は人なり」の理念のもと、医療人としてのプロフェッショナル育成に力を入れてきた同社は、すべての社員が成長できる環境として極めて高い定着率を誇ります。また、以前から手掛けていた医療ビルや医療モールの企画開発のみならず、メディカルアロマテラピーの導入や、健康フェアなどのイベントも盛んに実施。「あなたの健康生活のベストアドバイザー」をコーポレートスローガンに掲げ、かかりつけ薬局として存在感を高める同社に注目が集まっています。

メディカルアロマテラピーを通じて、処方箋がなくても気軽に来局できる薬局を目指しています

香りのリラックス効果でストレス解消など患者様のさまざまな悩みに応えたい
薬剤師の立場からアロマテラピーについて教えてください。

【藤井】以前から夜なかなか寝付けない、寝ても途中で起きてしまうなど睡眠障害をお持ちの患者様から、睡眠導入剤を飲み続けることに関する相談が数多くありました。こうした相談に何とか応えることはできないだろうかと考えていたときに、久野代表からアロマテラピー導入の提案があり興味を持ちました。欧米の薬局では医療分野でアロマが取り扱われています。日々のストレス軽減はもちろん、医療、介護の役立つ香りがあることを知り業務提携しているアロマテラピースクールの講習を受け、インストラクター資格を取得しました。

具体的な変化はありましたか?

店頭にアロマを取り扱っていることをわかりやすく展示していますので、処方箋がなくても「相談を聞いてほしい」と気軽に来局されるお客様が増えました。藤井寺店ではLINE登録していただくと、『くるみ通信』としてアロマや健康フェアなどのイベント、季節の健康情報を定期発信していますが、登録者は100人を超えています。アロマのお話をきっかけに患者様とのコミュニケーションがより綿密になったので、服薬指導にも活用されています。また、医師監修の健康生活に役立つアロマの冊子をつくり、薬局や高齢者施設を中心に配布しています。

丁寧なヒアリングのもとに、アロマテラピーも含め幅広い知識を生かし患者様のさまざまな悩みに対応している藤井さん。「一度、お試ししませんか」という提案型の姿勢に、厚い信頼が寄せられている。
事務員も患者様と密接に関わることができる仕事にやりがいを感じています
アロマアドバイザーの仕事について教えてください。

【妹背】身近にあるものを利用し、アロマを生活に取り入れやすい方法をご提案しています。相談に来られるお客様は、睡眠障害だけでなく部屋の匂いが気になるなど悩みの幅が広いのが特徴です。重曹を使用した匂い袋をつくることで部屋の消臭にアロマを役立てるなど、クラフト教室を兼ねてアロマの普及に取り組んでいます。導入店舗では定期的にアロマイベントを開催し、出張アロマとして老人ホームでの体験会も行っています。ハンドセラピストとしても活動していますので、ハンドトリートメントの講習も手掛けています。

やりがいを感じるのはどんなときでしょうか?

【妹背】やはり患者様に喜んでもらえることが一番です。当社は地域活動として健康フェアなどさまざまなイベントを開催していますが、「次はいつですか」などご要望をいただくと嬉しくなります。そうした一環から患者様と密に触れ合う機会も多く、他店舗にヘルプで入ったときなどでも「藤井寺店の人だね」と声を掛けていただけるのは嬉しいです。事務員というと処方箋を受け取り、お薬代を計算し、患者様との触れ合いが少ない仕事というイメージがありますが、当社では家族構成や背景など患者様の生活の中に入った仕事ができますので、それだけに責任も大きいのですが、とてもやりがいがあります。

もともとは看護師になりたいという夢を持っていた妹背さん。健康増進や癒しの空間として気軽に薬局を利用してほしいとの彼女の想いは、アロマテラピーを通じて地域の人々に浸透している。

地域包括ケアシステム推進の中、「企業は人なり」の理念を生かし、調剤薬局の未来を切り拓く

アロマや健康フェアなどの付加価値をつけることで、より身近な調剤薬局に
アロマテラピーを導入した経緯について教えてください。

きっかけは私自身がオイルトリートメントを受けたときに「これはいいな」と感じたことでした。同じ頃、アロマテラピーの学校を経営しておられる社長様とご縁があり、詳しくお話を伺っているうちに薬局の立場からアロマを生かす方法はないだろうかと考えたのです。この話を社員にしたところ、予想以上に多くの社員が興味を示してくれたので導入に踏み切りました。おかげ様で病気のときだけでなく、処方箋がなくても健康や美容の相談ができる身近な薬局として好評をいただいています。

離職率が低く、一人ひとりが生き生きと活躍できている秘訣は何でしょうか?

当社は医療関連総合サービス企業の東邦ホールディングス傘下ですので、そのグループメリットとして自社研修だけでなく、業務提携先の外部研修も多く取り入れているのが特徴です。また、風通しのいい職場になるよう、私自身が年1回薬剤師全員と面談し、今後のキャリアの希望や仕事に対する悩みなど忌憚のない意見を聞くようにしています。チームワークを大切に一所懸命取り組もうとしている人であれば、バックアップは惜しみません。

「エースと4番バッターだけではチームは上手く回らない」と趣味の野球にたとえてチームワークの大切さを強調する久野さん。一人ひとりのよさを引き出し、職場づくりに心血を注いでいる。
「無菌調剤室」を設置し、今後は多職種連携を進め、より地域全体への貢献を
老若男女問わず、幅広い年齢層の方が訪れていますね。

近くに小児科があり、総合病院もありますので幅広い処方箋を取り扱いたい薬剤師にとって成長できる環境といえます。地域の特性や対応する診療科に応じるのが調剤薬局ですから、スキンケア商品や健康食品、サプリメントなども扱っています。これからの薬局は、患者様一人ひとりのお気持ちや背景を的確に把握し、お薬を渡すだけでなくメンタル的な部分もサポート可能な地域コミュニティの一角としての役割が求められています。

今後の目標をお聞かせください。

今年2月に移転オープンした藤井寺店に、当社として初めて無菌調剤室を完備しました。今後はこれまでの「地域密着型」薬局を増やしていくことと並行して、最新医療に対応できる高い専門性を持つ「高度専門型」の薬局づくりも進めていきたいと考えています。まずは自社で無菌調剤室を稼働させ、その後、近隣の薬局にもご活用いただけるよう、薬薬連携に取り組み、より一層地域の健康増進だけでなく地域活性化に取り組んでいきたいと思っています。

「今後はアロマや健康フェアなどのイベントを通して、薬局のファンをつくっていくことが大事」と語る。意欲にあふれたスタッフとともに、より高度かつ身近な薬局づくりを視野に入れ、日々業務に取り組んでいる。

医療人としてのキャリアアップと、
自分らしく働くための研修制度が充実しています

入社面接で「将来の独立」を宣言した自分を受け入れる度量の大きさが魅力
入社に際して珍しいエピソードをお持ちだそうですね。

もともと自分で薬局を経営したいという思いがありました。薬剤師の資格を取得し、勉強のために会社勤めをするのもいいだろうと考えて入社試験を受けたのですが、面接の際に「将来的には独立したい」と久野代表の前で宣言したんです。今となっては笑い話ですが、振り返ってみると、なんと世間知らずなことを言ったんだろうと思います。でも久野代表は、「それぐらいの方が成長できる」と言って採用してくれました。以来、ずっとベガファーマひと筋で勤続23年目に入ります。

独立を考えながらも、働き続けてこられた理由は何だったのですか?

最初は「将来的に独立するんだ」と思い、そのために必要なことすべてを貪欲に学んでいきました。そのうちに自分がやりたい、学びたいと思っていることは、ここなら働きながら実現していけそうだと考えるようになったのです。くるみ薬局は大阪・兵庫を中心に30店舗があり、それぞれの地域に合わせた特色を持っています。ほぼすべての店舗で勤務経験がありますので、さまざまな地域の患者様と触れ合えたことが自分の財産になっています。

ヘルプで薬剤師として現場に立つこともある弓場さん。現場感覚を失わず、経営にも参画していることが、自己の成長のみならず職場にいい影響を与えているとのこと。
総合性だけでなく高血圧専門・糖尿病専門など薬剤師が多様化する時代に対応
キャリアに応じた細やかな研修が魅力的ですね。

当社では「企業は人なり」という理念のもと、新入社員から管理職までそれぞれのステージに合わせた研修プログラムを整備しています。社内での研究成果を学会で発表する取り組みも積極的に行っています。また、入社前の学生の内定者に向けて、6年生の春から冬まで国家試験対策勉強会を開催しているのも大きな特徴です。

これからの薬剤師に求められる役割について教えてください。

医療が高度化・多様化の一途をたどるなか、薬剤師の役割も大きく変化しています。これまでは調剤や医薬品の供給など薬局内での業務が中心でしたが、現在では地域や医療施設などチーム医療のなかで薬の専門家としての役割が求められています。とくにがんの薬物療法についてはかけがえのない存在といえるでしょう。それだけに、今後は総合的な知識はもちろんですが、同時に専門分野に特化した薬剤師の育成が欠かせない時代です。また、チーム医療で機能していくには豊かなコミュニケーション能力をはじめ、より高い人間力を磨いていくことが大切です。

70代の管理薬剤師も元気に働くなど、やりがいの持てる職場づくりが特徴的。在宅服薬指導やアロマテラピーほか、幅広い選択肢のある業務に携われることや、焦らず自分のペースで働けることも人気の秘訣。

ベガファーマ株式会社

設立 1980年11月
所在地 藤井寺市野中2丁目123番地1
店舗展開 30 店舗 (大阪府:24店舗、兵庫県6店舗) 
従業員数 270人(内 薬剤師161人、正社員123人)

※2019年11月時点