薬剤師の職場カルテは実際に働く薬剤師さんや、
職場の声をご紹介する転職応援マガジンです。

「地域の健康インフラ構築を目指す」――。アカカベが創業以来掲げている基本方針です。現在、大阪府北西部と大阪市に合わせて79店舗のドラッグストアと調剤薬局を運営。限られたエリアに集中出店するドミナント展開で店舗網を広げ、地域と共に歩む姿勢を打ち出しています。地域密着の実践として介護施設と連携し、在宅業務にも力を入れています。こうしたさまざまな経験を通じて薬剤師として成長できる環境も整っています。

  • アカカベは採用の際、一人ひとりの「多様性」を重んじています。働き方には年齢や性別、居住地など、さまざまな要素が関わっているからです。「よりキャリアアップを目指したい」「私生活を充実させたい」「専門知識を身に付けたい」など、仕事を通じて実現したい思いは人それぞれ。アカカベはそうした気持ちを尊重し、社員一人ひとりが輝ける舞台を用意しています。

  • OTCも体験できる調剤併設ドラッグストア

    現在展開中の79店舗のうち、23店舗のドラッグストアは調剤薬局を併設しています。薬剤師の仕事は処方箋調剤業務が中心ですが、OTCの相談も少なくありません。OTC相談業務ではお客様の症状や困りごとにしっかりと耳を傾け、話を聞くことが大切です。薬剤師として成長するためにはセルフメディケーションに対する経験が欠かせません。アカカベにはこの実践の場が多数あるため、成長の機会も豊富です。

    OTCも体験できる調剤併設ドラッグストア
  • 介護施設からの信頼も厚い在宅業務

    アカカベは地元の介護施設からの信頼が厚いため、数多くの在宅業務を担っています。創業以来掲げている地域密着の具体的な取り組みの一つでもあります。単独業務ばかりでなく医師の往診に同行することも珍しくありません。同行することで、店舗では学べないさまざまな経験を積んだり、知識を増やしたりすることができます。社内には有志による在宅プロジェクトチームがあり、事例を共有したり、技術に磨きをかけたりしています。

    介護施設からの信頼も厚い在宅業務
  • 「健康インフラ」を漢方薬でも実現

    地域に貢献する健康インフラの一環として、2019年に漢方薬専門の「アカカベ漢方堂」をポップタウン住道店にオープンしました。店内では漢方薬や生薬に長けた認定薬剤師が深い知識と経験で地域のお客様の健康相談に応じています。応対時にはじっくりと話を伺うことに努め、相談者と一緒になって症状改善に取り組みます。社内勉強会も定期的に開いて、スタッフ全員が漢方薬に関わる経験や知識を共有できる仕組みを整えています。

    「健康インフラ」を漢方薬でも実現
  • 研修は定期開催でスタッフのスキルアップを図る

    2019年、四条畷駅前に独自の研修センターを開設しました。医師、製薬会社などの外部講師や社内の教育担当者が講師を務める対面研修会を毎月開催。2時間ほどのプログラムを設け、疾患別、症状別など、さまざまなテーマで行います。実際の現場を再現した模擬調剤室やOTCカウンターも設置。座学だけでなく、自らが体を動かす実践的な研修が特徴です。中途入職の方はもちろん、新卒者や未経験者も安心して学べるようにしています。

    研修は定期開催でスタッフのスキルアップを図る
  • 限られた地域に集中出店しているため、クラブ活動や研修を通じた社員同士の日常的な交流も多く、風通しが良いのが魅力です。急な休みや長期休暇などにも対応できる応援体制も整っています。残業時間を極力減らす一方、休みの取りやすい人員配置を行っており、社員本位の職場環境の整備にも取り組んでいます。社員の健康第一を考えた思いは2018年と19年に取得した健康経営優良法人「ホワイト500」に実を結びました。(「ホワイト500」:地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度)

株式会社アカカベ

株式会社アカカベ

設立
1968年1月
所在地
大阪府大東市明美の里町1-71
従業員数
1271名(2019年7月時点)
企業の特色
【事業内容】
調剤併設型ドラッグストア、ドラッグストア、調剤薬局チェーンの経営
全文表示する

株式会社アカカベについてはこちらから

近くの都道府県で探す

その他の都道府県から探す