抗菌化学療法認定薬剤師

■抗菌化学療法認定薬剤師とは

抗菌化学療法認定薬剤師は、公益社団法人日本化学療法学会によって認定される薬剤師資格です。抗菌化学療法において、より深い知識をもち、感染症の種類や患者さんの体質・病態に最適な薬物療法を有効かつ安全に行うことのできる薬剤師として認められます。
薬物血中濃度モニタリング(TDM)のデータによる医師の抗菌薬投与設計への助言のみにとどまらず、専門家としての提案・実施を推進するためのスキルが求められます。また、医療現場における感染制御チーム(ICT)のなかでも活躍が期待されるでしょう。
2008年に開始され、認定者は1019人(平成30年3月12日現在)。最近では毎年100名以上が資格認定を受けており、抗菌化学療法における薬剤師の必要性がうかがえます。

仕事内容

抗菌化学療法認定薬剤師の仕事は薬物療法でのサポートに限定されるものではありません。
ICTの一員となれば、薬物や微生物、病原菌などに対する専門知識を活かして、院内感染予防、職員教育、職員健康管理、感染症コンサルテーション、抗菌薬適正使用の指導など多岐にわたります。また、多剤耐性菌による院内のアウトブレイクへの対応や、インフルエンザなど伝染性感染症のパンデミック時など、緊急時の対応も求められる仕事のひとつといえます。

資格の取得条件

抗菌化学療法認定薬剤師の資格を取得するためには、下記の項目をすべて満たす必要があります。

条件1 ・日本国内における薬剤師免許を有し、
薬剤師として優れた人格及び
抗菌化学療法の見識を備えていること。
条件2 ・申請時に、薬剤師として抗菌化学療法に5年以上
かかわっていることを示す所属する施設長
又は感染対策委員長の証明が得られること。
条件3 ・申請時において、公益社団法人日本化学療法学会の
正会員であること。
条件4 ・医療機関において、薬剤管理指導・
TDM(治療薬物モニタリング)・DI(医薬品情報)などの
業務を通じて感染症患者の治療(処方設計支援を含む)に
自ら参加した15例以上の症例を報告できること
条件5 ・公益社団法人日本化学療法学会の
抗菌薬適正使用生涯教育セミナー・
認定委員会の指定する研修プログラムなどにおいて、
規定の単位数を取得していること。

資格の取得方法

上記の申請条件を満たしたうえで、公益社団法人日本化学療法学会に申請します。

認定期間 申請料
5年 10,000円
更新料
10,000円

抗菌化学療法認定薬剤師を仕事で活かす

2017年には厚生労働省より「抗微生物薬適正使用の手引き(第一版)」が発行され、抗微生物薬の使用が見直されはじめています。
そうしたなか、抗菌化学療法認定薬剤師の資格は、病院勤務はもちろん、研究職や在宅医療においても多くの活躍の場が広がることでしょう。